横歩取り3三角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
将棋 > 将棋の戦法 > 居飛車 > 横歩取り > 横歩取り3三角
△ 歩二
987654321 
 
        
  
        
         
       
   
       
 
▲ 歩三
横歩取り3三角

横歩取り3三角(よこふどりさんさんかく)は将棋の戦法の一つ。横歩取りの戦型における後手番の一手法。内藤国雄が考案したことから内藤流とも呼ばれる。

概要[編集]

初手から、▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛となり、ここまでは横歩取りの基本図。ここで後手が△3三角と上がる。

△3三角の直接的な意味は、▲3四飛と取った局面において、このまま放置すると▲2二角成とされた場合に△同銀▲3二飛成または△同金▲3一飛成で駒得されるため後手はこの筋を受ける必要があるからである。なお、△3三角ではなく△3三桂と跳ぶと横歩取り3三桂という別の戦型となる。

先手は歩得しているものの、後手も飛車を早く活用できるため形勢は互角であるとみなされ、現在でも愛好者は多く、後述する中座流の流行ともあいまって、トッププロ間の対戦においても現在でもよくみられる戦型となっている。

歴史[編集]

プロ間での一号局は、1969年の、第15期棋聖戦5番勝負第2局で、中原誠棋聖(当時)に挑戦した内藤国雄八段が採用した。内藤はこのときのことを著書において回想し、対振り飛車矢倉の名手であった中原の得意戦法を避け、未知の世界での勝負に引きずり込むためであったと述べている[1]

内藤の指し方がそのまま定跡となり、しばらくは空中戦法と称される激しい攻め合いがこの戦型の特徴であったが、先手が中住まいに構えて後手の速攻を封じる指し方が登場し、後手の側にも修正が迫られるようになった。やがて中原誠が内藤流と中原囲いをミックスさせた新戦法を開発し一時代を築いたが、先手側の対策が進行した結果これも衰退した。後に飛車を8四の浮き飛車ではなく8五の高飛車に構える中座流(横歩取り8五飛)が登場し、丸山忠久渡辺明らトップ棋士が好んで採用する流行戦法として三度復活を遂げた。現在では中座流に対する先手の対策が進み、以前ほどの人気はなくなったが、一部の棋士が細かい試行錯誤を積み重ねてなおも指し続けられている。

出典[編集]

  1. ^ 『内藤将棋勝局集』(講談社文庫、1985年)39頁

文献[編集]

  • 所司和晴『横歩取りガイド』
  • 所司和晴『横歩取りガイドⅡ』
  • 羽生善治『羽生の頭脳〈9〉激戦!横歩取り』
  • 羽生善治『羽生の頭脳10―最新の横歩取り戦法』
  • 中原誠『横歩取り中原流』
  • 勝又清和『消えた戦法の謎』
  • 深浦康市『これが最前線だ!―最新定跡完全ガイド (最強将棋塾)』
  • 所司和晴『横歩取り道場〈第1巻〉~(第7巻〉(東大将棋ブックス)』
  • 深浦康市『最前線物語(最強将棋21) 』
  • 深浦康市『最前線物語2(最強将棋21) 』
  • 村山慈明『最新戦法必勝ガイド―これが若手プロの常識だ (MYCOM将棋ブックス)』
  • 勝又清和『最新戦法の話(最強将棋21)』
  • 村山慈明『マイコミ将棋BOOKS アマの知らない最新定跡』