忍者銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
将棋 > 将棋の戦法 > 居飛車 > 矢倉 > 忍者銀
987654321 
   
      
  
      
      
     
    
      
   
忍者銀・最序盤の一例

忍者銀(にんじゃぎん)は将棋戦法のひとつ。急戦矢倉の一種。

解説[編集]

屋敷伸之九段が2014年ごろに指し始めて得意としており、屋敷流二枚銀戦法、ニンニン戦法とも呼ばれる。忍者は屋敷の棋風から名づけられた愛称からきている。

基本は相矢倉で指す速攻戦法である。図の先手の陣形が忍者銀と呼ばれる陣形で、2枚の銀を図のように歩越しにする。手順の基本としては右銀は3七からであるが、左銀が7七からではなく、5七から6六に構えるまで、角道を開ける状態にしている。

このあと、図のように中央に銀を並べて(場合によっては)中央の歩を交換して、と3筋(後手番なら7筋)から角銀交換を狙って攻撃を開始する。右銀は場合によっては棒銀にする順もある。

△持駒 歩
987654321 
   
      
  
       
     
      
    
      
   
▲持駒 歩
忍者銀・棒銀の一例
第74期順位戦A級8回戦
▲渡辺明 vs △屋敷伸之戦
△持駒 歩
987654321 
   
      
     
       
      
      
  
      
    
▲持駒 歩3
対矢倉忍者銀の実戦例
第65回NHK杯2回戦第10局
▲藤井猛vs △屋敷伸之戦
△持駒 歩
987654321 
   
      
     
    
       
    
  
      
   
▲持駒 歩
対振り飛車忍者銀の実戦例

図のように、屋敷は棋戦で先手番でも後手番でも指しており、また矢倉のほかに振り飛車に対しても指している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 屋敷伸之、2016年、超攻撃矢倉屋敷流二枚銀戦法(マイナビ将棋BOOKS)マイナビ出版 978-4839959531
  • 「将棋世界」編集部 (編集) 、2015年、屋敷流“忍者銀”戦法(将棋世界2015年08月号付録)マイナビ出版(日本将棋連盟発行)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]