4六銀右戦法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

4六銀右戦法将棋戦法の1つ。居飛車舟囲い急戦の一種で四間飛車に対して用いられる。

概要[編集]

藤井システム以前のもの[編集]

987654321 
   
     
  
      
        
     
    
     
   
4六銀右戦法基本図[1]

1984年から約10年間、塚田泰明が得意としていた[2]。基本的な狙い筋は3筋から歩をぶつけることであるが、基本図からの後手の指し手で変わってくる。△5二金左には▲3八飛と寄るのが骨子で[3]、△4三銀には▲3五歩△同歩▲4六銀とし剛直に後手の角頭を狙っていき[4]、▲3八飛に△5四歩には▲6八銀上△1二香▲1六歩△1四歩に▲9七角と出るのが塚田泰明の新手で振り飛車の陣形を撹乱する狙いがある[5]。以下△4一飛に▲8六角△4三銀▲6六歩△4五歩ならば▲3五歩(第1-1図)で1歩をもってから▲3六飛~▲2六飛~▲3七桂~▲4六銀を活用する。 

▲9七角を警戒し△5四歩を付かずにまた角打ちを見せて△6四歩も付かずに待機する場合(例えば△4一飛)にも、▲3五歩△同歩▲4六銀の他に▲3五歩△同歩▲同飛とし、第1-2図のように▲3七桂~▲4六歩~▲2四歩など、加藤流袖飛車のように指す戦術などもある。

△4五歩の角交換は角交換をしてから角の打ち込みに備えて飛車の位置を戻し、玉頭位取りや左美濃にくみ上げていくことが多い。

基本図から△5二金左に換えて△4三銀もあり[6]、第1-3図の▲4六銀から後手が△3二金または△3二銀の場合ならば、▲3七桂-▲2六飛-▲1六歩という形から動いていく例が多い。△3二飛の場合は▲3五歩に△5二金なら▲3四歩△同銀▲3八飛で△2二角なら▲4五銀~▲3六銀、△4五歩ならば▲3三角成△同飛に▲5五銀が生じる、▲3五歩に△4二金なら▲3四歩△同銀▲3五歩から▲3七銀~▲3六銀と繰り替えて▲4六歩~▲4五歩を狙う、△4五歩の反発は以下角交換をしてから上記同様玉頭位取りや左美濃にくみ上げていく、△5四歩▲3五歩△3二飛などで△4二角~△6四角の反撃をみせる場合は▲5五歩(△同歩に▲3四歩)又は▲3四歩~▲2四歩~▲3八飛、もしくは△5四歩のときすぐに▲5五歩で▲5七銀~▲5六銀と繰り替えて▲4六歩~▲4五歩を狙う、などの展開がある。

△持駒 なし
987654321 
   
      
  
      
      
    
     
     
    
▲持駒なし
第1-1図 △3二銀型-▲9七角の例
△持駒 歩
987654321 
   
      
 
       
        
    
     
      
   
▲持駒 歩
第1-2図 △3二銀型-▲3八飛の例
△持駒 なし
987654321 
   
      
 
      
        
    
     
     
   
▲持駒 なし
第1-3図 △4三銀型-▲4六銀(右)

藤井システム対策として[編集]

987654321 
   
      
 
       
       
      
   
     
   
対藤井システム基本図1

1990年代、対四間飛車の作戦として猛威を振るっていた居飛車穴熊に対し、藤井猛は四間飛車から居玉で猛攻を仕掛ける藤井システムを発明[7]。以降藤井システムは穴熊に対する抑止力となっていく。この藤井システムへの対策として、居飛車穴熊と指し手が同じであるこの右銀戦法が脚光を浴びた。この急戦を仕掛けるのは藤井システムの居玉を急戦で咎めるという趣旨のもので、手順は基本図1で山田定跡を応用して▲3五歩と仕掛け、以下△同歩とさせて▲4六銀と進出。△3六歩には▲2六飛と浮いて△3七歩成に備えて次に銀の3五への進出を目指す。

当初はこの急戦志向には△6二玉(基本図)から玉を囲い、▲3五歩には△3二飛とし、▲4六銀に△4五歩とする順で藤井システム側に分があるとされたが[8]、▲3五歩△3二飛に▲4六歩と4筋も絡める仕掛けを佐藤義則が考案、郷田真隆が洗練した[9]。藤井システム側は玉を8二まで囲いきることが出来ないのが痛く先手が指しやすい。その後四間飛車側は室岡克彦の新手で一時的に盛り返すものの、2007年現在後手藤井システムは指しつらいというのが結論になっている[10]

もっとも、この戦法は藤井システム「9五歩・4三銀型」の対策であり[11]、この戦法だけで藤井システムの全ての変化に対応できるわけではない。このため、藤井システム側も9五歩を保留し、△6四歩を突いてけん制する指し方で対処し始めた。

987654321 
    
     
 
      
        
      
   
     
   
対藤井システム基本図2

基本図2の場合も、図から先手が▲5五角△6三金▲3五歩△同歩▲4六銀と進んだ局面が『イメージと読みの将棋観』(2008、日本将棋連盟)によれば、平成以降2008年までに類似の将棋が24局指されており、居飛車側9勝14敗1千日手となっているという。藤井猛は過去に基本図2の局面は6回指しており、5勝1敗の成績という。

後手振り飛車側の手段としては△3二飛▲3五銀△5一角▲4六角や、△5四金▲3五銀(▲8八角△3二飛▲3五銀△5一角もある)△5五金▲3四歩△2二角▲2四歩△同歩▲5五歩△4五歩▲2四飛△7一玉、△3六歩の3通りあり、△3二飛が13局で先手の6勝7敗、△5四金が先手の2勝5敗、△3六歩が4局あり先手1勝2敗1千日手となっているという。△3六歩は羽生善治が先手の振り飛車側をもって実戦で佐藤康光に対して▲7四歩とし以下△7五銀▲8八飛△7二飛▲5六金△3三角と進み、羽生はこれしかないとしているが、勝負の方は結局千日手となった。渡辺明からすると、△6三金と上がらせるのもかえって玉形の差が広がり振り飛車側が指せる展開や振り飛車側の左銀が△6五から7六に進出する順も見え、居飛車側が好んで指す順ではないという。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『塚田流急戦の極意』p.6より引用。
  2. ^ 『塚田流急戦の極意』p.2を参照。
  3. ^ 『塚田流急戦の極意』p.8を参照。
  4. ^ 『塚田流急戦の極意』p.10を参照。
  5. ^ 『塚田流急戦の極意』p.20を参照。
  6. ^ 『塚田流急戦の極意』p.25を参照。
  7. ^ 『最新戦法の話』p.59を参照。
  8. ^ 『最新戦法の話』p.62を参照
  9. ^ 『最新戦法の話』p.68を参照。
  10. ^ 『最新戦法の話』p.293を参照。
  11. ^ 『最新戦法の話』p.69を参照。

参考文献[編集]