メリケン向かい飛車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
将棋 > 将棋の戦法 > 振り飛車 > 向かい飛車 > メリケン向かい飛車

メリケン向かい飛車(メリケンむかいびしゃ)は、将棋の振り飛車戦法の一種である。先手ならば飛車を8筋に、後手ならば飛車を2筋に振り、左に金が上がる攻撃型向かい飛車のうち、先手番なら7筋(後手番なら3筋)の位をとって指す戦型。

奨励会出身でアマチュア将棋の全国大会を数々制してきた横山公望氏が開発。「メリケン」の由来は、横山公望自らが命名したが、横山の出身である横浜からで、港町のメリケン波止場(大さん橋)の連想イメージから。

解説[編集]

△ 持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 持ち駒 なし
第1図 ▲7五歩まで
△ 持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 持ち駒 なし
第2図 ▲6七金まで

第1図のように攻撃型向かい飛車で▲6七銀から▲7五歩と筋の位を取る。なお組み方は (特に△8五歩の飛車先を保留してくる場合など)飛車を振る前に先に▲7五歩を決めてから進める、石田流にする含みを見せる指し方もある。

第1図で後手が△5二金ならばそこでいきなり▲8六歩△同歩▲同飛から仕掛ける手順がある。向かい飛車側は左金型なので、飛車の打ち込みに強く、飛車交換は後手居飛車側不利なので、飛車交換を避けるが、後手△8五歩ならば▲8八飛~▲7六銀から反撃が可能である。△8四歩ならば▲8八飛~▲7六銀のほかに、▲7六飛と回って石田流のようにして反撃する指し方もある。

7筋を伸ばして銀が進出できることでその結果、居飛車が警戒して△8五歩の飛車先を伸ばしてこなくても、反撃がしやすい。また▲6五歩からの角交換をする反撃も可能。

一方で、第2図のように▲7六銀から▲6七金と構えて持久戦にする指し方もある。この体制でも第2図から▲9七桂~▲8五銀や1歩持ったあとの▲8六歩△同歩▲8五歩などの反撃が可能。常に8六からの仕掛けがあるので、居飛車側は穴熊にしずらい。また振り飛車側は左金を5七~4七に引き付けて囲いを固める指し方も可能。

参考著書には、創始者の横山公望が『公望流 メリケン向飛車戦法』 (三一将棋シリーズ、三一書房、1995年)の刊行している他、島朗の『島ノート 振り飛車編』(講談社、2002年)にも紹介されている。


角交換型[編集]

△ 持ち駒 角
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 持ち駒 角
第3-1図 ▲7七銀まで
△ 持ち駒 角
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 持ち駒 角
第3-2図 ▲7七桂まで
△ 持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 持ち駒 なし
第3-3図 ▲8八飛まで

類似の戦型は角交換型でも生じる。第3-1図は先手の升田式石田流からの変化で、先手が▲7六飛と浮かばずに▲7七銀としたところ。以下△7四歩▲同歩△同銀には▲6六歩△7五銀▲6五歩で一局。他には第3-2図のように組んでから▲6九飛から▲8九飛の転換をみる。後手が先に△8六歩▲同歩△同飛ときたら、▲8七銀として8筋を逆襲できる。第3-3図の局面までなると、以下△8三歩には▲6一角△4三銀右▲8三角成△同飛▲8四歩△8二飛▲8三歩成△5二飛▲7二と、が狙いの指し方。

△ 持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 持ち駒 なし
第4-1図 ▲2五歩まで
△ 持ち駒 角
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 持ち駒 角
第4-2図 △4二飛まで
△ 持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 持ち駒 角
第4-3図 △3九角まで

この戦形は後手番でも応用される。第4-1図から△8八角成▲同銀△2二銀▲7七銀△3三銀▲4八銀△4四歩▲6八玉△4二飛と四間飛車に構えてから第4-3図のように進める。以下▲3八飛なら△5七角成▲同金△2六歩▲同歩△同飛▲2八歩△2七歩、が狙いの指し方。

脚注[編集]

関連項目[編集]