穴熊囲い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
将棋 > 囲い > 穴熊囲い

穴熊囲い(あなぐまがこい)は、将棋囲いのひとつで、基本形は、右の図のように玉を盤の端に移動させ、銀でふたをし、その横にさらに金二枚をくっつけた形である[1]。穴熊の特徴は 王手がまったくかからないことである[1]。囲うまでに手数はかかるものの、最も堅固な囲いとなっている。居飛車戦法振り飛車戦法のいずれでも用いられる囲いである。しばしば単に「穴熊」と呼ばれる。

987654321 
         
         
         
         
         
         
     
      
      
穴熊の基本形

概説[編集]

端の香車を一つ前進させ空いたマス目に玉将を移動させる様子が、まるで穴蔵に潜るように見えることからこの名が付いたと言われている。古くは「岩屋」や「獅子のホラ入り」などとも呼ばれていた。

正方形にまとまった形になっていて「見るからに護りが固そう」に見え[1]、実際、王手がまったくかからない、という特徴がある[1]

穴熊囲いの歴史 - 「振り飛車穴熊」と「居飛車穴熊」

歴史をさかのぼると、もともと穴熊囲いは振り飛車で用いられた囲いであり、江戸時代から存在する戦法であった。現在いうところの振り飛車穴熊のほうが先に、江戸時代からあったのである。 ただし穴熊(振り飛車穴熊)は、1960年代ころまではプロからの評価は低く「穴熊などやるようでは強くなれない」[2]という偏見もあった。

しかし、1970年代に入ると大内延介らによって穴熊囲いの優秀性が示された。その後、田中寅彦らにより対振り飛車戦で居飛車側が穴熊に囲う居飛車穴熊が整備され、猛威を振るった。現代では、その居飛車穴熊にどう立ち向かうかが振り飛車側の大きな課題の一つとまでなっている。また、現在では居飛車対振り飛車の対抗型だけでなく相振り飛車戦、さらには矢倉戦や角換わり戦などの相居飛車戦でも隙を見て穴熊囲いに組み替える場合が頻繁に出現し、堅さを重視する現代将棋の象徴となっている。

987654321 
      
   
     
   
        
      
 
     
    
振り飛車穴熊の駒組み例
987654321 
     
      
   
  
        
     
    
    
    
居飛車穴熊の駒組み例

囲いが完成するまでに他の囲いよりも手数がかかるため、組んでいる途中で攻撃を仕掛けられた場合の対処方も研究しておく必要はある。

手順[編集]

冒頭で挙げた「穴熊の基本形」の図の場合の手順を解説する。

初手から▲7六歩、▲6六歩、▲7八銀、▲6八飛、▲4八玉、▲3八玉、▲2八玉[1]。(※1)

(※1)ここまでは美濃囲いとまったく同一の手順である[1]。この次からが穴熊独自の手順。

▲1八香(香車を上げ、穴をつくる)、▲1九玉(熊が穴に入る)、▲2八銀(銀でフタをする)[1]。(※2)

(※2)この時点ですでに一応「囲い」にはなっているので、場合によってはこの状態でとりあえず戦っても良い[1]

▲3九金(一枚目の金をつける)、▲5八金▲4八金寄▲3八金寄(2枚めの金もつけた。以上で穴熊囲いの完成。)[1]

長所[編集]

冒頭の解説で穴熊の特徴として、王手がまったくかからない、ということを挙げた。これが穴熊のまず第一の長所である。

他の囲いと違って、穴熊はいきなり王手をかけることは不可能なので、いきなり「トン死」してしまうということはまったく起きない[1]。穴熊はたとえ相手が攻撃してきたとしても崩すのに時間がかかるので、攻撃されていない時は自陣のことを心配せずガンガン攻めていける(つまり、攻めることだけに意識を集中させてよい)というところも長所である[1]

  • 金銀が連結した形で密集していて非常に固い。(他の囲いとは違って)特に横からの攻めにはめっぽう強い。
  • 玉が隅にいてその周囲を2層の駒で厚く囲まれており、そのままの形なら桂馬ですら届かず王手をかけられない。
  • 絶対に詰まない、いわゆるゼット。(例外的なケースを除けば)詰めろすらかからない。
  • 上部や端からの攻めにはやや弱いものの、正しい手順で対処すれば、攻めてくる相手からしっかり駒を得られる。
  • なお、一旦穴熊で囲えば滅多なことでは負けないので、場合によっては大駒(飛車角行)を捨てるといった大胆な作戦ですら選ぶことができる。(囲いを破ることができないまま大胆な作戦をやられた相手はくやしがり「穴熊の暴力」と呼ぶこともある。穴熊戦法を使う側にとっては、そう言われることも含めて快感である。)

注意点[編集]

相手の入玉

穴熊囲いは、囲いと反対側のサイドは隙が多いので、(「相穴熊」以外では)入玉されやすいことに注意は必要となる。入玉されてしまっては、まず勝ち目がなくなる。 その入玉された玉を詰ますこともできず、また自玉を囲いから出して相入玉を目指すことも難しい。実戦ではこのような場合、攻防共に「見込みなし」として投了することが多い。 穴熊戦法で戦っている時に、囲いが崩れていない状態のまま投了してしまう状況を、一部の人が「(穴熊の)姿焼き」などと呼ぶことがある。

居飛車穴熊の場合の相手の角道

居飛車穴熊の場合は、相手の角道が囲いに直射することには注意が必要となる。居飛車穴熊の攻略法には、この角道を利用したものが多い。

穴熊囲いの攻略法[編集]

桂、香、歩を使った「小駒の攻め」が有効と言われる。取られたときに守備に使われにくいからである。特に「と金」を使った横からの攻めは、遅くはあるが受けにくいために有力とされる。守りの金銀を相手にしない端攻めも有効であり、端に狙いをつけた一間飛車地下鉄飛車といった戦法もある。

なお、桂馬が跳ねた形を俗に「パンツを脱いだ」と表現することがあり、囲いが著しく弱体化する[3]。居飛車穴熊対策の戦法としては、四間飛車の「藤井システム」が有名である。自分の囲いに手数をかけず(ほとんど居玉のまま)角道と端攻めなどを併用し、居飛車穴熊が完成する前に攻略する。他に中田功XPなどがある。

穴熊囲いを攻略する場合、飛車や角は金や銀に比べると動ける方向が少なく、受けの性能では劣るため、飛車や角といった大駒を切ることもしばしばある。特に相穴熊の終盤の場合、金は攻めにも守りにも働く重要な駒であり、角より高い価値があることが多いため、「相穴熊では角より金」という格言がある。

バリエーション[編集]

穴熊囲いには様々なバリエーションがある。

2枚を用いたものは、堅さではやや劣るが、その分自陣の駒のバランスを保つことができ攻撃にも駒を生かしやすい。主に、振り飛車側が急戦に備えるために使われることが多い。この時左金は初期位置に待機し、状況次第で囲いに近づける。

金銀3枚を用いたものは、居飛車・振り飛車問わず使われる。上図のものが一般的であるが、2枚の金の位置は状況や棋風などによって多少変化することもある[4] 。近年では、金1枚を(先手なら)七段目に配置したものもある。広瀬章人はこの構えを「現代穴熊」と呼んで多用し、好成績を残している。

金銀4枚を用いた穴熊囲いは極めて堅固である。かつては4枚の銀冠から発展する場合などが多かったが、はじめから四枚穴熊を目指すこともある。アマチュアの強豪である田尻隆司が考案した「田尻穴熊」や、松尾歩が考案した「松尾流穴熊」、居飛車側の理想型とされる「ビッグ4」と呼ばれるものが特に知られている。

987654321 
         
         
         
         
         
     
 
      
    
現代穴熊の陣形(振り飛車)
987654321 
         
         
         
         
         
        
     
      
     
田尻穴熊
987654321 
         
         
         
         
         
       
      
      
      
松尾流穴熊
987654321 
         
         
         
         
         
      
      
      
       
ビッグ4

参考文献[編集]

  • 小倉久史著 『下町流三間飛車―居飛穴攻略の新研究 (振り飛車の真髄)』、毎日コミュニケーションズ、2006年 ISBN 4839920524
  • 週刊将棋, ed. (2004), 役に立つ将棋の格言99, 毎日コミュニケーションズ 
  • 塚田泰明監修、横田稔著『序盤戦! 囲いと攻めの形』、高橋書店、1997年 ISBN 4-4711-3299-7
  • 原田泰夫監修、荒木一郎プロデュース、森内俊之ら(編)、2004、『日本将棋用語事典』、東京堂出版 ISBN 4-490-10660-2

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 将棋連盟公式サイト記事。一瀬浩司、2017年11月06日「堅い囲いを作って、ガンガン攻めよう。穴熊囲いの組み方・特徴は?」
  2. ^ 『日本将棋用語事典』p.8より引用。
  3. ^ 週刊将棋 2004, p. 66.
  4. ^ 先手が振り飛車の場合は3九と4八に置いたり、3九と4九に置いたりすることがある。相振り飛車のときは3八と4八もあり得る。

関連項目[編集]