壁囲い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
壁囲い

壁囲い(かべがこい)は、早囲い(はやがこい)とも呼ばれ、将棋振り飛車戦法で用いられる囲いの一種である。

概要[編集]

先手でいえばを3八、右を4八に動かして作る囲いで、急戦で用いる。金銀2枚の囲いのため美濃囲いはもとより、舟囲いと比べても堅さは劣る。そのため左を5八に動かして囲いをさらに固めることもあるが、それでも堅さは美濃囲いより劣る。2八玉、3八金と動かせば片美濃囲い程度の堅さにはなるが、片美濃よりも手数が1手多くかかる。また7八金型四間飛車などでは、4六歩、4七銀引と囲いを進めることもある。居飛車穴熊阪田流向かい飛車石田流立石流で戦えば、美濃囲いを一路左にずらした形になる。

関連項目[編集]