左玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

左玉(ひだりぎょく、Left King)は、相振り飛車で用いられる将棋の戦法のひとつ。8筋に飛車を転換し、玉を左に囲った時、左玉と呼ぶ[1]。その後、▲8九飛と飛車を引いた状態を下段飛車と呼び[2]、必ずしも6筋位取り[1]、7筋位取りを意味しない[3]。9筋に飛車を転換し、端攻めを狙う地下鉄飛車と区別して用いる。

△持ち駒 歩二
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 歩
左玉の例
△持ち駒 歩二
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
その他の左玉の例

概要[編集]

相振り飛車で玉を右に囲うと相手の飛車の攻撃を正面から受けることになるが、玉を左に囲うと遠のかせることができる。左玉は「玉飛接近すべからず」という格言に反しているが、バランスが良く[4]、自陣に打ち込みの隙がない。玉の懐も広く、自玉の逃げ道が広いという利点がある。右辺の薄さが欠点だが、玉の遠さを生かし、飛車角銀桂や右辺での攻防で得た持ち駒で玉頭を攻める。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 高田尚平「左玉戦法」『高田流新感覚振り飛車破り』毎日コミュニケーションズ、2000年9月1日、135頁。ISBN 978-4-8399-6704-8
  2. ^ 小林健二「相振り飛車で左玉戦法」『相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法』創元社〈将棋最強ブックス〉、2013年10月8日、68頁。ASIN 978-4-422-75142-9
  3. ^ 一瀬浩司 (2019年2月14日). 杉本和陽: “バランス重視・自由に駒組みを変えたいという方におすすめ! 相振り飛車の囲い「左玉」の発展形とは【玉の囲い方 第60回】”. 日本将棋連盟. 将棋コラム. 日本将棋連盟. 2020年5月5日閲覧。
  4. ^ 一瀬浩司 (2018年12月17日). 杉本和陽: “右玉の反対? 相振り飛車の囲い「左玉」の特徴とは【玉の囲い方 第59回】”. 日本将棋連盟. 将棋コラム. 日本将棋連盟. 2020年5月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小林健二『相振り飛車で左玉戦法居飛車で右玉戦法』創元社出版、2013年10月10日。ISBN 978-4-422-75142-9
  • 高田尚平『高田流新感覚振り飛車破り』毎日コミュニケーションズ、2000年9月1日。ISBN 978-4-8399-6704-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]