中住まい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
△ 歩二
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 歩二
中住まい

中住まい(なかずまい、または中住居: Central House[1])は、将棋の主に相居飛車で用いられる囲いのひとつ。

居玉より玉が真上に一つ上がった形[2]で、先手で言えば、玉将が5八に上がった形を言う。金将銀将の位置は特に定まっていないが、金将は7八と3八に来る場合が多く、銀将は6八、4八、3八に来る場合が多い(この囲いをとくに金開きという[3]。)。

堅さよりバランスを重視しており、大駒の打ち込みに備えるのが狙いで[4]平手では主に横歩取りの空中戦法や相掛かり戦法で使用されるが、稀に、矢倉戦法相振り飛車で使用されることもある。

玉将の上部からの攻めに弱いとされる。

かつては縁台将棋でよく用いられる囲いであった。

脚注[編集]

  1. ^ Kawasaki, Tomohide (2013). HIDETCHI Japanese-English SHOGI Dictionary. Nekomado. p. 72. ISBN 9784905225089. 
  2. ^ 『日本将棋連盟公式 将棋ガイドブック』145頁の説明より。
  3. ^ 『日本将棋連盟公式 将棋ガイドブック』119頁によると、駒落ちの飛落ち、飛車落ちの上手の戦法として早めに角交換をして金開きに構えて大駒の打ち込みに備える指し方があり、この形が御神酒徳利に似ている形から御神酒指しと呼ばれているという。
  4. ^ 『日本将棋連盟公式 将棋ガイドブック』145頁の説明より。

参考文献[編集]