串カツ囲い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
将棋 > 将棋の戦法一覧 > 串カツ囲い
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
串カツ囲い(端美濃囲い)の一例

串カツ囲い(くしかつがこい、端美濃囲いとも)とは、将棋の囲いの一つである。

概要[編集]

穴熊囲いと非常によく似ているが、9九の玉将と9八の香車の位置が逆になっている。このことから、香が玉を串刺しにしているように見えるので、この名前がついた。

横からの攻めに対して上部へ逃げやすい、道を避けている、そして、なによりも通常の穴熊より1手早く組める、等の長所が挙げられる。一方で、香車が玉の守りに利いておらず、同時に玉が香筋を止めているため攻撃にも参加できていない(この2点だけでも、香の特徴が全く生かされていない)、そのため端攻めにはかなり弱く、長所よりも短所が目立つ囲いである。

一度この囲いを組んでからは、穴熊囲いに直すまで手番の時だけでも5手(右図の先手番の場合:▲7七銀▽後手▲8八玉▽後手▲9八香▽後手▲9九玉▽後手▲8八銀の順で9手、後手番では合計10手)かかる。また、ミレニアム囲いには同様に2手(▲7七桂▲8九玉)で済むため、状況によっては使い分けも必要となりうる。

9八玉の形を総じて「米長玉」という場合もある。

関連項目[編集]