左美濃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
左美濃の駒組みの一例

左美濃(ひだりみの)は将棋の戦法の一つ。対振り飛車・矢倉に現れ、美濃囲いや高美濃などを、玉が8筋に来るように左右を入れ替えて作る、居飛車版の美濃囲い。持久戦・急戦共に柔軟に対応できるとされ[1]。攻め方・囲い方に幅があり、初心者からプロまで用いる戦法・囲いである。他の振り飛車に対する持久戦法と比較すると藤井システムや石田流などの振り飛車の積極策に対し極端に不利になることが少なくプロでは持久戦に自信がない時の控えとしてアマチュアトップクラスでも大会で振り飛車の積極策が流行っているのならリスクの少ない戦法として需要がある。

囲い方のバリエーション[編集]

8八玉型
角行を7七に上げて、8八の位置に玉を構える。かつてはよく用いられていたが、△6五桂が7七角に当たる、かと言って5九角と引いてしまっては、後手の角に玉将が直接狙われるという弱点がある。後述の米長玉に組み替えることもできるが、序盤から薄い玉頭を直接狙うという構想が広まってくると、下火になっていった。ただし後手が8二玉型であれば、有力な戦法である[2]。現在では居飛車穴熊を断念した場合などで見られることがある[要出典]
天守閣美濃
通常、左美濃といえばこれを指す(右図参照)。玉が角筋に入るのを避けるため、8六に歩を突き8七の位置に玉を構えるという珍奇な構えだが、右辺からの攻めに対しては玉が遠く[3]、高い勝率を誇った。玉頭が非常に弱いのが欠点。これに対抗する振り飛車側の作戦としては、藤井システムなどが知られる[4]
四枚美濃
天守閣美濃に加えて右銀を7七の位置まで移動させ4枚で囲う。
左銀冠
四枚美濃から進化した、左美濃の最終形。左銀冠進化前の左美濃に対する四間飛車側の対策については、藤井システムを参照。
米長玉
玉を9八に置く。この形から銀冠にするのも一時よく指された。
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
左美濃(8八玉型)
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
四枚美濃
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
左銀冠
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
左銀冠(米長玉)

対振り飛車の攻めのバリエーション[編集]

  • 右4六銀と組み合わせる。

角道を開けたまま、主に天守閣美濃囲いで振り飛車側と互角の堅さであることを生かし、各種急戦を仕掛ける。

  • 引き角と組み合わせての右辺攻撃

主に4枚美濃囲いでの攻め筋である。向かい飛車以外の振り飛車の場合、2四歩同歩同角という代表的な攻め筋がある。相手が同角と取れば作戦成功。2二飛と回っても3三角成か2五歩とするのが部分的な定跡。

  • 銀冠・玉頭位取り・穴熊に変化しての持久戦。

2005年に行われたプロ編入試験の瀬川晶司神吉宏充戦では、神吉が中盤で攻めあぐね、飛車を切って猛攻を仕掛け、瀬川が慎重に受ける展開になった。この型はプロの間ではスタンダードな形であり、今も廃れたわけではない。

相居飛車での左美濃[編集]

主に右四間飛車と急戦矢倉の左美濃作戦(後手番の戦術の1つ)に用いられる。前者は美濃囲い(3一玉型)からの先攻を目指し、飛車切りの強襲に耐えられるよう、飛車打ちに強い美濃囲いに組む。後者は高美濃から、玉の囲いの手数が美濃囲いより少ないことを主張して、先攻するもの。美濃囲いは矢倉囲いに比べて上部からの攻めに弱いが、横からの攻めには強いので、飛車切りの手順が出てきやすい戦型に於いては用いられ、囲う手数が矢倉より少ないことを活かして、応用させることが出来る。[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本将棋用語事典』(2004) pp.166-167
  2. ^ 『消えた戦法の謎』p.62-p.68、『将棋基本戦法 振り飛車編』p.9、p.50-p.53
  3. ^ 詰まされにくいということ。6九の金を取られてもまだ、詰めろ、すなわち、こちらの玉が次で詰むという場面に至らない場合が比較的多いとされる。
  4. ^ なお、湯川 (2005) pp.174-175によれば、居飛車側の玉が8七に居るという形自体は1607年(慶長12年)の棋譜で既に見られている発想である。ただし左美濃と組み合わせたものではない。
  5. ^ 中田宏樹『対矢倉左美濃作戦』(この節全体について)

関連項目[編集]

参考文献[編集]