嬉野流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2017-06-05a.png

嬉野流(うれしのりゅう)は将棋の戦法の一つ。アマ強豪の嬉野宏明が開発し、元奨励会三段の天野貴元が独自の研究を加えて棋書にしたことで将棋ファンの間で広く知られるようになった。

初手6八銀から前例のない力戦に持ち込むことが最大の狙いであり、一般的には奇襲戦法に分類されることが多い。しかしながら奇襲を防がれても互角に戦える点が、鬼殺し等の従来の奇襲戦法とは大きく性質を異にする。

先後を問わず使え、相手が居飛車だろうが振り飛車だろうが柔軟に対応できるのも他の奇襲戦法にはない強みである。

概要[編集]

初手▲6八銀と三手目▲7九角が嬉野流の代名詞で、普通は守りに使うことの多い左銀を繰り出して斜め棒銀に行くのがその狙い。

相手が居飛車なら、▲6八銀 △3四歩 ▲7九角 △8四歩 ▲7八金 △8五歩 ▲4八銀と進み、△8六歩 ▲同歩 △同飛で飛車先の歩を交換された際に、▲8八歩といわゆる「土下座の歩」を打つのが棋書通りの指し方。これには相手が棒銀で攻めて来た時に、当たりを緩和している意味がある。

2017-06-05b.png

基本形からの理想的な展開を見ていくと、△8二飛 ▲2六歩 △3二銀 ▲2五歩 △3三銀 ▲5六歩 △3二金 ▲5七銀左 △6二銀 ▲4六銀と、先ずはどんどん左銀を繰り出して攻めていく。

玉を固く囲うことは難しいので、相手の陣形が整わないうちに積極的に仕掛けていく必要がある。居玉のままで戦うことも多いが、4八の銀がどいた時に玉の小鬢が開いているのが傷になりやすく、折を見て6九に寄っておくとそれだけでだいぶ耐久力が増す。

△1四歩 ▲3六歩 △5二金 ▲3五歩 △同歩 ▲同銀 △3四歩 ▲2四歩 △同歩 ▲同銀 △同銀 ▲同角という展開になれば、後手はどう応じても味が悪く先手優勢。

2017-06-05c.png

狙いがわかりやすく、破壊力もあるのがこの戦法の特徴であるが、ナナメ棒銀で攻めた一例が下図で、次の▲3三歩が厳しく成功である。

△ 角銀歩二
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 角銀歩二
図は、▲2八飛まで
嬉野流展開図(一例)

また、4六と6六へ銀を繰り出して二枚銀でゆっくり指すバージョンもある。8八歩の形が意外とよく、7六歩を突いていないのも7五歩といった攻め筋がないので、その点でも陣形が低くて非常に優秀な戦術となっている。

棒銀の受け方[編集]

嬉野流は棒銀の受け方も独特である。いくつかのパターンが存在するが、相手の銀が四段目に上がったらこちらの銀も四段目に上げ、相手の銀が五段目に上がったらこちらの銀も五段目に上げるというのが受け方の基本。

基本形から進めると、△8二飛 ▲2六歩 △7二銀 ▲2五歩 △3三角 ▲5六歩 △8三銀 ▲5七銀左 △7四銀 ▲6六銀 △8五銀 ▲6五銀 △8六銀 ▲6九玉 △8七歩 ▲7六銀 △8八歩成 ▲同金 △8七歩 ▲7八金。

2017-06-05d.png

一見すると押し込まれていて苦しいようだが、形勢は互角。この局面から△7四歩なら▲4六角△9二飛▲8二歩で先手十分。

棒銀の受け方としては他にも△8五銀の時に▲6五銀ではなく▲7五銀として銀交換を目指す受け方や、土下座の歩を打っていない場合に限られるが、▲8八金~▲7八玉とする受け方もある。

△ なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ なし
図は、△2六銀まで
対棒銀基本図(一例)

例えば、2筋の歩を換えずに、図のように棒銀をすれば手が間に合わないとみられるが、▲8八金△7五銀▲7八玉とすれば受けられる。これは後手番の場合でも可能[1]

対策[編集]

最も有力な嬉野流対策として、△4四角から飛車交換を強要するという指し方がある。将棋ウォーズに常駐するソフトが始めた対策で、これをやられると嬉野流側としては非常に指しにくい。

一例として、▲6八銀 △3四歩 ▲7九角 △8四歩 ▲7八金 △8五歩 ▲4八銀 △3二金 ▲2六歩 △4四角 ▲5六歩 △8六歩 ▲同歩 △同飛 ▲8八歩 △5六飛 ▲6九玉 △2六飛のような展開が考えられる。

2017-06-05h.png

これとは別にプロ棋士の本間博が『これで万全! 奇襲破り事典』という本の中で、飛車を8六に置いたままにする対策を紹介している。

新嬉野流[編集]

上記の対策が出てきたことで、嬉野流側も対応を迫られ、その結果天野貴元の棋書とは異なる新しい指し方が誕生した。

▲6八銀△3四歩▲5六歩△8四歩▲5七銀が新型の嬉野流の駒組み。

2017-06-05f.png

先に▲5六歩~▲5七銀を決めてしまうことで、相手の飛車に横歩を取られるのを防いでおり、これだと上記の対策は通用しない。

新嬉野流の特徴はそれだけはなく、引き角を保留しているため、以前よりも取り得る作戦の幅が広がっている。相手の駒組み次第では米長流急戦矢倉屋敷流二枚銀等の戦法に合流したり、右玉に組むようなことも可能である。

また、新嬉野流では「土下座の歩」ではなく普通に▲8七歩とすることが多く、本間博考案の対策も不可能である。加えて持久戦模様になったときには玉を8八まで移動させ、それなりに固く囲うこともできるようになっている。

相振り飛車[編集]

振り飛車相手に斜め棒銀に行くと、古くから存在する鳥刺しという戦法に合流することになるが、そうではなく相振り飛車に持って行く指し方もある。創始者である嬉野宏明は振り飛車相手に中飛車向かい飛車にする指し方を積極的に採用している。

2017-06-05g.png

6八銀と7九角の形は非常に柔らかく、▲5六歩~▲5七銀~▲8八飛の相振り飛車は、先手中飛車で相振りの時、向かい飛車に振り直すことを考えると途中下車がないので、ものすごく得をしていることになる。

プロの実践例[編集]

アマ間では人気のあった嬉野流だが、プロが採用することは長らくなかった。

しかし2017年3月24日、第30期竜王戦1組ランキング戦の阿部健治郎七段対丸山忠久九段戦において、先手の阿部七段がやや変則的な駒組みではあるものの嬉野流を採用した。結果は阿部の敗北に終わったが、プロが竜王戦一組という大舞台で採用したことにより、嬉野流の優秀さが再認識されることとなった。

2017-06-05e.png

関連する戦法[編集]

初手6八銀から既存の様々な戦法へと変化していけるのも嬉野流の特徴である。

脚注[編集]

  1. ^ 対談:瀬川晶司六段×今泉健司四段「B級戦法は こんなに楽し」(『将棋世界Special 将棋戦法事典100+』(将棋世界編集部編、マイナビ出版)所収)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]