平目 (将棋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
将棋 > 将棋の戦法 > 振り飛車 > 中飛車 > 平目 (将棋)
将棋 > 囲い > 美濃囲い > 平目 (将棋)
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png

平目(ひらめ)は将棋の戦法の一つ。中飛車の一種。

囲い[編集]

まず飛車を5筋に振る。そして右を3八に、を2八に、左を5九に、左銀を6八に動かして囲いを作る。この囲いが平目に似ていることから、この戦法の名前が付いた。

この囲いは美濃囲いの変形であるが、金銀4枚からなり、駒の利きの連結も良く、低く構えており、とても堅い。そのため飛車・の打ち込みに対しても強い。平目は振り飛車でありながら、振り飛車が通常不利とされる角交換を積極的に行える。

攻め[編集]

囲いが完成したら、角交換して▲7七桂と跳ね、▲5五歩から5筋の歩を交換し、戦いに入る。ここから▲7七桂の利きを生かして▲5五飛 - ▲8五飛として飛車交換を狙う方法、あるいは▲6五桂と跳ねて飛車・桂馬で5筋からの攻めを狙う方法がある。

守り[編集]

大駒の打ち込みに強いため、攻め合いに強い。敵角の成り込みや8筋強行突破は左香を生贄とし肩透かしを食わすのがセオリーとされている。

駒落ち戦法としての平目[編集]

平目は香落ちの上手が採用することもある。現在の香落ちでは角側の香を落とすため、相手の角が成ったときに左香を取られないことが、平手のときと比べて有効な点になる。