雁木囲い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
将棋 > 将棋の戦法一覧 > 雁木囲い
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
雁木囲いの例
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
右玉での雁木囲いの例
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
角を移動した後などの例

雁木囲い(がんぎがこい)は将棋の囲いのひとつ。単に雁木(がんぎ)ともいう。英語名称はSnowroof。

由来[編集]

命名は新潟県で雪よけのために家々の軒から庇(ひさし)を長く差し出して、その下を通路とする雁木造に似ている所に由来すると言われている。江戸時代、桧垣是安が考案したとされる囲いで、当初は守備重視の力戦志向の戦法と認識されていた。

ただし、江戸から昭和初期にかけては、「対振飛車の引角棒銀」戦法が、「桧垣是安が考案した雁木戦法」とされてきた[1][2]。大正初期から昭和戦前期に、現在で呼ぶところの「相雁木囲い」の戦法が大流行し、「流行した戦法に名前がないのはおかしい」とされ、一部の棋士の間違いの記述で、「桧垣是安が考案した雁木囲い」との誤認識が定着してしまった[3]。また、現在いうところの雁木囲いは桧垣是安以前からあるもので、彼の創案ではない[4]

雁木囲いの組み方[編集]

先手でいえば、左を7八、左を6七、右銀を5七、右金を5八に動かしてつくられる囲いである。通常、玉は6九に置くことが多い。たまに4八に置くこともあり、この場合は「右玉」と呼ばれ、▲5八の金は4七に移動することが多い。

通常、雁木囲いによる攻めは、▲8八角の場合(居角)と▲7七角 - ▲5九角 - ▲2六角まで動かす場合(三手角)が多い。いずれの場合も攻めは右四間飛車にして飛車右銀右桂を用いて4筋を狙うのが基本方針となる。序盤での角交換は得にならない場合が多い。それ以外には袖飛車にして▲5七銀を4六に進め、3筋から攻める方法もある。

矢倉囲いとの比較[編集]

居飛車の定番である矢倉囲いと比較すると、居角で攻めに使いやすく、金が自陣の二段目にあるぶん角などを打ちこまれる隙が少ない、駒組みの手順が柔軟などの長所がある。一方で、囲いが中央寄りで、7筋からの攻めには弱いなどの弱点もある。

コンピュータ将棋ソフトで採用される事が多くなり、2017年から相矢倉の急速な退潮と期を合わせるようにプロ間でも見直されるようになった[5]。後手番では阿久津流急戦矢倉調の序盤から、先手の右銀が▲5七銀と活用される(急戦矢倉対策)のを見て変化する場合や角換わり調の最序盤から角道を閉じて変化することが多い。

  • 増田康宏は矢倉の欠点として左桂を使う含みが無いことを挙げており、引き換えに雁木囲いは陣形の発展性と中央へのバランスの良さにおいて優れていると発言した[6]
  • 渡辺明は週刊誌の連載コラムで、将棋ソフトの影響で桂馬の早跳ねが増えたため、先手の右桂が▲3七桂 - ▲4五桂と進んだ場合に矢倉だと△3三銀に当たるが、雁木は△4三銀のために当たらないのが大きいと分析している[7]

雁木囲いの書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東公平『近代将棋のあけぼの』(河出書房新社)P.58
  2. ^ 『将棋世界』2018年5月号・P.106 鈴木宏彦「雁木コラムの訂正」
  3. ^ 『将棋世界』2018年5月号・P.107 鈴木宏彦「雁木コラムの訂正」
  4. ^ 『将棋世界』2018年5月号・P.107 鈴木宏彦「雁木コラムの訂正」
  5. ^ 徹底解剖 藤井聡太四段”. 2017年9月7日閲覧。
  6. ^ 驚愕必至!増田康宏四段インタビュー - マイナビ将棋情報局・2017年5月16日
  7. ^ 週刊新潮『気になる一手』(新潮社、2018年1月18日号)

関連項目[編集]

  • ハチワンダイバー - 雁木囲いの使い手や、ハチワンシステムという雁木囲いを含みに戦う戦法が登場する漫画