囲い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
将棋 > 囲い

囲い(かこい)は、将棋において玉将を守る陣形である。

将棋の戦い方の基本セオリーでは、自玉を守るための「守備の陣」、および相手玉を攻撃するための「攻撃の陣」、それら両方を構築して戦うものとされている。《囲い》というのは前者の「守備の陣」である。(将棋の戦い方の概略については、将棋#場面ごとの戦い方将棋の戦法を参照のこと)

概説[編集]

将棋では玉将守備を行わないままに敵陣に攻撃したりすると、反撃を受けやすくなってしまう[1]。自分の側が勝とうとして敵の王(玉)を攻撃しようと狙うのと同様に、敵の側も勝とうとしてこちらの玉(王)を攻撃しようと狙っている。自分の玉が敵から攻撃されるままになり自分が負けてしまう事態を防ぐためには、金将銀将などの駒により、玉を守る(護る、護衛する)ための「守備陣」を構築することになる。そこで構築される、まるで玉を囲むような形の守備陣を「囲い」という。玉を囲いに入った状態にすることは「囲う」と言い、その囲いを一種の見立てて「入城」とも表現される[2]

頻出の囲いは分類、類型化されており、「○○囲い」といった名称がつけられている。

囲いは自身と相手の採用する戦法、特に居飛車振り飛車の別を考慮し選択される[2](次節参照)。

特に有名な、基本的な囲いには美濃囲い矢倉囲い穴熊囲いカニ囲いなどがある。2010年代後半には将棋ソフトのelmoが(それまで知られていなかった、だが意外に効果的な)elmo囲いを多用しこれを人間の棋士も模倣して採用するようになり有名になった。

987654321 
         
         
         
         
         
        
     
      
      
美濃囲い
987654321 
         
         
         
         
         
       
     
       
       
矢倉囲い(金矢倉)

囲いの種類[編集]

居飛車、振り飛車などといった戦型やさらに細分化された戦型ごとに用いられる囲いの種類を挙げる。

居飛車[編集]

対抗型[編集]

相居飛車[編集]

振り飛車[編集]

相振り飛車のみ[編集]

金無双右矢倉

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一瀬浩司 (2017年10月22日). “初心者がはじめに覚えるべきこと。玉を守るための「囲い」とは?|将棋コラム” (日本語). 日本将棋連盟. 2019年3月1日閲覧。
  2. ^ a b 一瀬浩司 (2017年10月25日). “囲いにはどんな種類がある?代表的な3つの囲いをご紹介|将棋コラム” (日本語). 日本将棋連盟. 2019年3月1日閲覧。
  3. ^ 『日本将棋用語事典』pp.61-62

関連項目[編集]