平安大将棋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平安大将棋(へいあんだいしょうぎ)は、将棋の一種であり、二人で行なうボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。

1120年頃の書とされる習俗辞典二中歴平安将棋とともに掲載されている将棋である。この中では単なる「大将棋」という名前であるが、後の15×15マスの大将棋と区別してこう呼ばれる。

二中歴の記述[編集]

『二中歴』の「第十三 博棊歴」には、以下のような大将棋の記述がある[1]

又大将棊十三間云 玉将各住一方中 金将在脇 銀将在金之次 次有銀将 次有銅将 次有鐵将 次有香車 銅将不行四隅 鐵将不行後三方 又横行在王之頂方行前一歩左右不云多少 又有猛虎在銀之頂行四角一歩 飛龍在桂馬之上行四隅超越 奔車在香車之頂行前後不云多少 注人在中心歩兵之頂行前後 如是一方如此行方准之

読み下すと以下のようになる。銀将の記述が重複しており、桂馬の記述が抜けている。また最後の「如是一方如此行方准之」は意味が取れず、書写の際に誤ったものという説が主流である。

また大将棋十三間といい、玉将はおのおの一方の中に住まう。金将は脇にあり、金将の次に銀将あり、次に銀将あり、次に銅将あり、次に鉄将あり、次に香車あり。銅将は四隅に行かず、鉄将は後ろ三方に行かず。また横行は王の頂にありて、前に一歩左右は多少といわず行く。また猛虎は銀の頂にありて、四角に一歩行く。飛龍は桂馬の上にありて、四隅を超越して行く。奔車は香車の頂にありて、前後を多少といわず行く。注人は中心の歩兵の頂にありて、前後に行く。

ルール[編集]

基本ルール[編集]

  • 縦横13マスずつに区切られた将棋盤の上で行う。
  • 駒は、平安将棋の6種類に銅将鉄将横行猛虎飛龍奔車注人を加えた13種類あり、それぞれ動きが決まっている。なお中将棋大将棋と同じ名前の駒もあるが、全て動きが異なる。
  • 敵陣に関する記述はないが、おそらく相手から見て3段目までに入れば玉将・金将以外のどの駒も金将に成れる[2]
  • 本将棋とは違い、捕獲した駒を自らの持ち駒にはできない。
  • 本将棋と同様に敵の玉将を詰めると勝ちとなるが、敵を玉将だけにしても勝ちである。

初期配置図[編集]

通説[編集]

現在一般的な説での初期配置図である。

▽香車 ▽桂馬 ▽鉄将 ▽銅将 ▽銀将 ▽金将 ▽玉将 ▽金将 ▽銀将 ▽銅将 ▽鉄将 ▽桂馬 ▽香車
▽奔車 ▽飛龍     ▽猛虎   ▽横行   ▽猛虎     ▽飛龍 ▽奔車
▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵
            ▽注人            
                         
                         
                         
                         
                         
            注人            
歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵
奔車 飛龍     猛虎   横行   ▲猛虎     ▲飛龍 ▲奔車
香車 桂馬 鉄将 銅将 銀将 金将 玉将 ▲金将 ▲銀将 ▲銅将 ▲鉄将 ▲桂馬 ▲香車

新説[編集]

上の初期配置が不自然であるとして、最近新たに提唱されたもの。

▽香車 ▽桂馬 ▽鉄将 ▽銅将 ▽銀将 ▽金将 ▽玉将 ▽金将 ▽銀将 ▽銅将 ▽鉄将 ▽桂馬 ▽香車
▽奔車       ▽猛虎       ▽猛虎       ▽奔車
    ▽飛龍       ▽横行       ▽飛龍    
▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵 ▽歩兵
            ▽注人            
                         
                         
                         
            ▲注人            
▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵 ▲歩兵
    ▲飛龍       ▲横行       ▲飛龍    
▲奔車       ▲猛虎       ▲猛虎       ▲奔車
▲香車 ▲桂馬 ▲鉄将 ▲銅将 ▲銀将 ▲金将 ▲玉将 ▲金将 ▲銀将 ▲銅将 ▲鉄将 ▲桂馬 ▲香車

駒の動き[編集]

平安将棋と共通している玉将金将銀将桂馬香車歩兵は省略。

成り駒についての記述はされていないが、全て金将に成ると考えられている。動きの説明は原著に沿う。

  • ○はその位置に動ける。
元の駒 動き 成駒 動き
銅将(どうしょう)
     
       
 
 
       
         
四隅に行けない。 金将(きんしょう)
     
   
 
 
       
         
斜め下二方に行けない。
鉄将(てつしょう)
     
   
 
 
         
         
後ろ三方に行けない。
横行(おうぎょう)
     
       

         
         
縦には前一歩、左右にはいくらでも行ける。
猛虎(もうこ)
     
     
   
   
     
         
四隅に一歩行ける。
飛龍(ひりゅう)
     
     
   
   
     
     
四隅に飛んで行ける。
奔車(はんしゃ)
       
   
   
       
       
前後にいくらでも行ける。
注人(ちゅうにん)
 
       
   
   
       
         
前後に一歩ずつ行ける。

飛龍の動きについては、通説では上の表のように現代将棋の角行と同じ動きであるが、「斜めに1マス飛んで2マス目に進む」という説も最近提唱されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 二中歴3 第十一~第十三(尊経閣善本影印集成)ISBN 4-8406-2316-3 P.118 より引用。
  2. ^ ただし、岩手県平泉町志羅山遺跡の第88次発掘において、表裏とも「飛龍」と読める駒状の木片が出土している(『天童の将棋駒と全国遺跡出土駒』2003年、天童市将棋資料館。2002年平泉町教育委員会発行の資料を参考にしたとある)。