変則将棋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

変則将棋(へんそくしょうぎ)とは、将棋の盤と駒を用い、将棋とは異なるルールで対戦するゲーム(フェアリー)の総称である。どのゲームも2人で行うことを原則としており、駒の動かし方や勝敗の判定などは基本的に将棋と同じである。将棋のルールに様々な制約を課すことで、将棋とは別のゲームとなる。いくつかのゲームは一部の情報が隠されているか、確率に左右されているため、二人零和有限確定完全情報ゲームではない。

持ち駒に関するルールをアレンジしたもの[編集]

持ち駒不使用将棋[編集]

持ち駒の使用を禁止した将棋。持ち駒使用禁止将棋、持ち駒禁止将棋とも呼ばれる(とった駒はそのまま駒箱にもどす)。

取った駒が自らの持ち駒として使えない(取り捨てになる)。そのため、持ち駒を使った攻めができない。結果として二歩、打歩詰めが無い。駒が消耗して盤上にお互いの玉将(王将)だけになると、引き分けとなる。西洋のチェスステイルメイトと同様、王手はかかっていないが合法手がない状態になる場合があるが、本将棋のルールに則り合法手がない状態にされたら負けとなる。盤上の駒が減っていく西洋のチェスと類似の展開になる。

つくば市や隣接する土浦市などで比較的盛んである。

長所
  • ルールがシンプルになるので、まったく将棋を知らない入門者に教えやすくなる。
  • 対局時間は短くなる場合が多いので、大会運営が容易になる。
短所
  • 持ち駒使用は日本伝統の本将棋の特徴であるので、その伝統が損なわれることになる。
  • どうしても引き分けが増加する。

取る一手将棋[編集]

自分の番で駒が取れる状態にあれば、必ずその駒を取らなければならない[1]。この将棋で初手▲7六歩とした場合、次に歩が取れるので▲3三角成とさせられてしまう。

玉将で取れるときは玉将で取らなければならない、王手をかけられたときは逃げることもできる、などの特別ルールを採用することもある[要出典]

初手から先手が詰みまで持ち込んでしまう定跡が研究されている[2]

1975年前後に、愛知県の東海高校将棋部のメンバーによって考案された。考案者による当初の命名は、名古屋弁で「取らなかん将棋」である[3]

資本還元将棋[編集]

持ち駒の数に制限がある。持ち駒の総数がある一定の数(4枚が多い)を越えると負けになる[4]

持ち駒を上限いっぱいに持つと、玉や大駒を狙われても取り返せない全く無防備な状態になるため、取った駒は積極的に盤上に打ち込んでいかなければならない。例えば、持ち駒が満杯の状態で、玉の前に頭金を打たれると詰みになってしまう(取ると持ち駒制限で反則負け)こともある。また二歩のルールによりと金を作らない限りは9枚までしか盤上に置けないので、歩を取る時は注意が必要である。逆にわざと不要な駒を相手に多く与えて持ち駒をあふれ返らせるような作戦も有効である。

指し手順をアレンジしたもの[編集]

トランプ将棋[編集]

1980年代後半に流行しだしたと考えられている[5]

トランプ(プレイングカード)を用いてゲームを行うことからこの名称がある。将棋盤のほかに、トランプ数組ぶんの1~9までのカードを用意する[6]。1手ごとにカードを1枚引き、出たカードの筋(先手から見て、いちばん右が1筋、以下左に2筋、3筋、……9筋)に駒を動かすか、その筋に持ち駒を打つ(初期状態で先手が4を引いた場合、▲4八玉、▲4八飛、▲4八金、▲4八銀または▲4六歩のいずれかの応手となる)。出たカードの筋にある駒しか動かせないルールもある(このルールでは、初期状態で先手が4を引いた場合は、▲5八金右、▲4八金、▲3八金または▲4六歩のいずれかとなる)[5]

カードにジョーカーを加えることもある。ジョーカーが入っている場合、ジョーカーを引いた人は任意の駒を動かす(または持ち駒を打つ)ことができる[要出典]

玉将が詰められるか、出たカードの筋に動かせる駒がないときは負けとなる[6]。このルールは不自然なため(松田道弘はそのバカバカしさが受けるのだろうと評している[5])、動かせる駒がないときは、カードを引き直すルールもあると見られる[要出典]王手をかけられたときはカードを引かず、任意の駒を動かし、または合駒を打って王手を解消できる。

じゃんけん将棋[編集]

じゃんけんしょうぎとは異なる。

先手後手の区別がなく、手番をじゃんけんによって決める。振り駒はせず、まずじゃんけんを行い、その勝者が手を指す。その後も一手指すごとにじゃんけんを行い、その勝者が指す。じゃんけんに勝ち続ければ何手でも続けて指せるというわけである[7]

ただし、王手がかかった場合はじゃんけんをせずに、王手をかけられた方に手番が移り、そこで王手を解消しなければならない。解消できなければ詰みとなり、負けとなる。

ここせ将棋[編集]

将棋の指し手中、一度だけ相手の手を任意に選択できる[8]。通常の将棋と同様に対局を行うが、ここせの権利を保持しているものは任意のタイミングで、自分の手を指した後、相手の手を強制的に自分で選ぶことができる。また、「ここせ」の次の手で相手玉が一手詰めとなるという状況でのみ利用できる、とするものもある(「ここせフィニッシュ」)。

いわゆる「待った」と違い「ここせ」は、大駒を取らせる手や、を危険位置にもってこさせるなど自由な選択ができる。しかし、反則手(王手になるような手や二歩)は選択できず、また、通常一局を通して1回だけ、と回数が決まっている。

プロアマお好み対局の余興や、指導将棋におけるハンデキャップとして用いる場合は、下手側にのみ権利が与えられる(むしろこちらのほうが主流である)[要出典]。大駒をタダで取り、かつ敵陣に進入することが容易であるため、単純に考えても二枚落ち以上、むしろ六枚落ちから八枚落ちに近い手合割と考えられる[要出典]

ゲームの名称は、将棋用語での「ここせ」、こう指してくれと頼んだかのような手、注文どおりの手を指す言葉から来ている。

二手指し将棋[編集]

一度に2手ずつ指せる[9]。最初の先手に限り1手しか指せないが、その後は後手が2手動かし、以後はお互いが一度に2手ずつ指していく。同じ駒を2度動かしてもよいし、別々の駒を1手ずつ動かしてもよい。また駒を2枚打つこともできるし、打った駒をすぐに動かしてもよい。玉を詰めるのではなく、実際に取るまで勝ちにならない(通常の詰みの状態でも、相手が2手指して逃げられることがあるため)。

このため、「持ち駒王手をかける」→「玉を取る」という勝ち方が可能である。このため相手に持ち駒を与えてしまった時は非常に注意が必要である。これを防ぐために「駒打ちによる王手は禁止」または「王手は(一度に指す中での)2手目でかけなければならない」などのルールを加えることもある[要出典]。また、同じ理由で、同一巡内に同じ駒は動かせないという「2枚将棋」なるものも存在する[要出典]

三手将棋[編集]

一度に相手の手を含め、三手指せる[要出典]

先手は「先手(自分)→後手(相手)→先手(自分)」の三手を指し、後手は「後手(自分)→先手(相手)→後手(自分)」の三手を指す[要出典]。相手の手も自分が有利になるように指せるので、駒をただ取りできるところに打ったり、大駒を働きのない位置に動かしたりすることもできる。同じ駒を二度動かしてもよいし、別々の駒を一手ずつ動かしてもよい。また駒を2枚打つこともできるし、打った駒をすぐに動かしてもよい[要出典]。玉を詰めるのではなく、実際に取ると勝ちになる。このため、二手指し将棋同様、「持ち駒を打つ」→「相手の玉をその利きに動かす」→「玉を取る」という勝ち方が可能である。このため相手に持ち駒を与えてしまった時は非常に注意が必要である。

2ちゃんねるでも対局が行われており、ゲーム性を増すために「通常の将棋での禁手は反則(相手玉を自分の駒の利きにさらす手は認めない)」「2手目に打った駒を3手目に取れない」といったルールが追加されている[要出典]

駒の動き全般をアレンジしたもの[編集]

ついたて将棋[編集]

覆面将棋[編集]

「影武者」とも呼ばれる。詰ますべき駒が玉将ではなく盤上の別の駒で、その駒が何であるかを対局者に知らせずに(すなわち、「覆面をかぶった」状態で)指す[10]。対局者は審判にあらかじめ対象となる駒を告げておき(審判がいない場合、事前に紙に記しておくなどする)、その駒が取られると負けとなる。玉将の代わりの駒が相手の駒の利きに入っても負けにはならないルールがある。また、玉将が手持ちの駒となる局面もある。

本挟み将棋[編集]

お互いに2手ずつ駒を動かし、相手の駒があるマスへ進むことはできず、相手の駒を挟めば取れる。縦か横に敵の駒を挟むと、自分の持ち駒になる(複数の駒を一度に挟んで取ることもできる)。取った駒を使うこともできるが、その場合打って挟んでも取ることができない。王将が敵の駒に挟まれたら負け。[11]

オセロ将棋[編集]

オセロから借りた「挟んだは自分のものになる」というルールを加えたものである[12]。基本的なルールは将棋と同様だが、駒を動かした時、動かした駒と他の自分の駒で縦、横、斜めのいずれかの方向に敵の駒を挟むと、挟んだ駒の向きを180度回転して自分の駒にできる(このことを"オセロ"という)。複数の駒を一度にオセロする事もできる。はさみ将棋と違い、取るのではなくその場で自分の駒に変わるということである。

ただし、持ち駒を打って挟んでもオセロはできない。これは盤上の駒を動かした時のみである[13]。また、オセロの結果二歩になったり、行き所のない駒ができたりするような手は禁手である。玉将がオセロされたら負けとなる。

八王子将棋クラブで考案されたとしている[14]

円筒将棋[編集]

パックマン将棋、ループ将棋、タンヤオ将棋などとも称する。1筋と9筋がつながっている将棋である[15]。このため、飛車・角行の行動範囲が極めて広がり、また横方面からの飛車王手は合い駒が利かない場合がある(一方の側に合い駒をしても、反対側から回りこんで取れる)などの特徴がある。

駒の動きを一部アレンジしたもの[編集]

安南将棋[編集]

八方桂[編集]

反射角[編集]

角行および竜馬の動きが、盤の端で反射するもの。例えば3六角がいたとして、通常のルールでは1四・1八・8一・6九までしか動けないが、横の壁に反射できれば1四から4一・1八から9二まで動ける。後述する『5五の龍』では、縦の壁は反射しないルールが使われていた。

獅子王[編集]

はやぶさ王ともいう[要出典]。初期配置の時点で、先手玉将歩兵のみ(もしくは玉将のみ)を配置する。後手は通常通りの初期配置だが、飛車角行を1枚ずつ持ち駒に追加することもある[16]

先手の玉将は2手続けて動かすことが出来、1手のみでもよい。すなわち、中将棋獅子と同様の動きをする。ただし、中将棋にある獅子の動きの制約(中将棋#獅子の特別ルール参照)は一切ない。

先手の玉将は周囲2マス分の最大24マスに利きがあるために足が速く、後手は相当注意しないと先手にあっという間に詰まされてしまう。

取らず銀[編集]

「不死身銀」「無敵銀」ともいう[要出典]。先手の銀将を後手が取ることができず[17]、この銀将自体のことを「取らず銀」(または「取られずの銀」など)と呼ぶこともある。

初期配置の時点で、先手(取らず銀側)は飛車角行・両方の金将香車の6枚を落とした6枚落ちから開始する(桂馬および片方の銀将も落とした9枚落ち[17]や、歩兵も落とした18枚落ちのこともある[18]。この場合、銀将は玉将の隣(4九、6九)に配置する(3九、7九とするルールもある[17])。

先手の銀将の動きは通常と同じだが、相手はこの銀を取ることが出来ない。取らず銀が相手の駒を取ることは出来る。敵駒を気にせず進めるため非常に強力な駒となる。先手が相手から取った銀将を打っても、それは普通の銀将である。取らず銀はあくまで最初に配置した先手の銀将に限る。

また取らず銀も成ることができる(成れないとするルールもある[18])が、その成銀は取らず銀の性能を失い、相手は普通に取ることができる。不成は自由である。後手が取らず銀の成銀を取って、それを打っても普通の銀将であり、先手がそれを取り返して打ってもやはり普通の銀将である[17]

同じ棋力の指し手同士ならば、先手と後手はほぼ互角とされる[要出典]

その他[編集]

王手将棋[編集]

ゲームの目的が玉将(王将)を詰めることではなく、王手をかける点。すなわちとにかく一方が王手をかけた時点で勝ちとなるという単純なルールである。その際、持ち駒で王手をかけてもよく、打ち歩王手もよい[19]

たとえば▲7六歩△8四歩▲3三角成で先手の勝ちである。 慶應義塾大学OBによる『王手将棋大全』という35ページにわたる資料が確認されており[20]、この作者によると突き詰めていけば先手必勝ではないか、としている。『王手将棋大全』では先手の打ち歩王手を禁じ手とし、千日手は後手勝ちとするようにルールを変更している。また初手▲7六歩は推奨せず、初手は▲2六歩がよいとしている。

かくし将棋[編集]

対局前にを並べる時に、手前から数えて3列目に歩兵を9枚とも配置することと、それ以外の駒を歩兵より手前に配置することの2点を守っていれば、それ以外に並べ方の決まりはないという点である[21]。言い換えれば、歩兵以外の11枚は手前2列であればどこに置いても構わないのである。

この時に、お互い相手がどのように駒を配置するか見えなくするために、真ん中についたてを立てておく。そして両者並べ終わったところでついたてを取り払い、対局開始となる。このため「#ついたて将棋」と呼ばれることもあるが、同名の別のゲームが存在するため望ましくない呼称である。

トライ将棋[編集]

初期配置における相手玉の位置(先手なら5一、後手なら5九)に相手の駒が利いていないとき、 その位置に自分の玉を進めると、その場で勝ちとなる将棋である。 詳細は、「トライルール」を参照。

アドバンスド将棋[編集]

ペア将棋でペアを組む相手が人間ではなくコンピュータ将棋[22]ガルリ・カスパロフが考案したアドバンスド・チェスの将棋版。

参考文献[編集]

  • つのだじろう5五の龍』(少年画報社、1978年~1980年) - 将棋大天狗編において、八方桂・反射角・獅子王を指すエピソードが登場する。劇中では奨励会員や専門棋士が「懐かしい」「現役棋士も若いころよく遊んだ」と何度か語っている。
  • 週刊将棋」 - 1987年5月ごろに、鈴木宏彦によって計3回の連載があった[23]。1991年2月から3月には、『ゲーム将棋達人への道』として計5回の連載があり、各種変則将棋のルールで棋士や将棋ファンの著名人などがトーナメント戦を行っている[24]
  • 松田道弘『世界のゲーム事典』(東京堂出版、1989年、ISBN 4490102666
  • 湯川博士『おもしろゲーム将棋』(毎日コミュニケーションズ、1991年、ISBN 4-89563-555-4

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』267ページ。その他、以下のウェブサイトでも解説されている。
  2. ^ 研究2~取る一手将棋は端が命!(猫的変則将棋)。▲1六歩△1四歩、あるいは▲9六歩△9四歩のあと先手必勝となる変化が解説されている。
  3. ^ 考案者本人による編集。
  4. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』177ページ。その他、以下のウェブサイトでも解説されている。
  5. ^ a b c 松田道弘『世界のゲーム事典』167ページ。
  6. ^ a b 湯川博士『おもしろゲーム将棋』9ページ。
  7. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』59ページ。
  8. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』98ページ、松田『世界のゲーム事典』168ページ。両書とも「ここせフィニッシュ」(次で必ず一手詰めにする)を採用している。
  9. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』259ページ、松田『世界のゲーム事典』168ページ。湯川は二手指し将棋と王手将棋を組み合わせた「二手指し王手将棋」という変種も解説している。
  10. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』109ページ。「覆面将棋」はおもしろゲーム将棋上での名称である。
  11. ^ FM本挟み将棋
  12. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』153ページ。
  13. ^ 松田『世界のゲーム事典』167ページでは、
    • 挟んだ駒を裏返して(成ったり成り駒を元に戻したりする。金将は裏返さない)自分の駒とする
    • 玉将のある筋・段の駒はオセロされない
    • 持ち駒を打ってオセロすることもできる
    ルールとなっている。湯川『おもしろゲーム将棋』164ページによると、以前はこれらのルールを採用していたが、ゲームの興をそぐということで現状の形となっている。
  14. ^ 松田『世界のゲーム事典』167ページ。
  15. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』258ページでは、「パックマン将棋」の名称を採用している。
  16. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』211ページ。飛角を持ち駒に加えるのは、獅子王側が強すぎるためのハンデである。
  17. ^ a b c d 湯川『おもしろゲーム将棋』229ページ。同書では以下のルールを採用している。
    • ゲームの名称は「取らず銀」。
    • 先手(取らず銀側)は玉将銀将1枚(取らず銀)・歩兵9枚の配置(9枚落ち)。玉将と歩兵は通常の配置で、銀将は3九・4九・6九・7九のいずれかに配置するバリエーションがある。後手側は通常の配置。
    • 持ち駒を打った銀将と、取らず銀が成った成銀は取ることができる。
  18. ^ a b 松田茂行『将棋入門』(西東社刊)298ページ。この本では、取らず銀側は玉将・取らず銀の計2枚のみ配置し、取らず銀は成る事ができなくなっている。
  19. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』241ページ、松田『世界のゲーム事典』168ページ。
  20. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』251ページによると、「慶應棋報」第70号の巻末に掲載されている。なお、現在、王手将棋大全は改訂版と合わせてwebsiteで公開されている。
  21. ^ 松田『世界のゲーム事典』166ページ。同書では「かくし安南」となっているが、#安南将棋の要素はない。
  22. ^ アドバンスド将棋イベント
  23. ^ 松田『世界のゲーム事典』166ページ。
  24. ^ 湯川『おもしろゲーム将棋』66ページ。