太閤将棋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
太閤将棋の初期配置

太閤将棋(たいこうしょうぎ)は、将棋の変則ルールのひとつ。

駒の動かし方などのルールは通常の将棋と全く同じだが、初期配置で上手の飛車の前のを落としてある。駒落ち戦では上手が先手であることから、初手でいきなり竜王をつくり、さらに歩を一つ入手できる事が約束される。

太閤将棋の名の由来は、この将棋を太閤秀吉が考案したことによる。秀吉は将棋が好きだったが、あまりうまくなく、なかなか勝てなかった。しかし一番えらい太閤殿下が右へ左へと駒を落とされては格好がつかないので、このように駒を落とす側が圧倒的に有利になる将棋を考えたと伝承されている。

鈴木宏彦著、島朗協力「81枡物語」(毎日コミュニケーションズ、1999年刊)には、「(2七歩を落とすとして)▲2三飛成、△3四歩、▲2八龍、△8四歩、▲2四歩で先手の必勝形になる。このハンデは二枚落ち以上だろう」と述べられている。

関連項目[編集]