諸象戯図式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

諸象戯図式(しょしょうぎずしき、「諸象戯圖式」とも)は、江戸時代元禄7年(1694年)に発行された将棋の解説書である。

元禄9年刊行の再版本が国立公文書館内閣文庫に残されている[1]。内閣文庫に残されているものは西沢貞陣著とされる4巻本で、1巻は各種将棋の解説、2巻以降は詰将棋集(伊藤宗看作の中将棋のものと、作者不明の現代将棋のもの)となっている。

諸象戯図式で解説されている将棋[編集]

以下の将棋を図入りで解説している。初期配置図と駒の動き方が説明されている程度で、細かいルールについては言及されていない部分も多い。

「小象戯」は駒数42枚だったものが、近代に40枚になったとしている。その理由として、近代の小象戯の説明に「天文年間に後奈良天皇日野晴光伊勢貞孝に命じて、醉象の駒を除かせた」とある。

諸象戯図式では「太象戯」と「大象戯」という記述で区別され、混乱を招いているため、後に出た「象棋六種之図式」で「大象棋」が「泰象棋」と改められている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国書総目録より。
  2. ^ Kanji - 魚+葛.svg」の字は、魚偏に曷(𩹄)、U+29E44。