将棋崩し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

将棋崩し(しょうぎくずし)は、将棋を用いた遊びの一種。山崩し(やまくずし)、ガッチャン将棋(ガッチャンしょうぎ)と呼ばれることもある。

基本ルール[編集]

通常2人以上の任意の人数で行う。

次に示すのは基本的なルールであり、厳密な規定がないため、地域や集団により様々なローカルルールが存在している。

  1. じゃんけんなどの手段によって順番を決める。
  2. 将棋の駒を小さな箱に詰め、盤の上にこぼれないように素早く被せる。そのあと箱を静かに引き上げ、将棋の駒で「山」が盛られたことを確認する。
  3. 順番に駒を動かしていく。駒を動かす際に音を立てたり持ち上げたりすることなく、かつ1本の指のみで盤の外まで何枚かずつ滑らせていく。盤の外まで運ぶとそれを得られる。駒を倒したり、積み重なっている駒を崩したりして音を立てたときは、次の参加者に順番を交代する。
  4. 全ての駒が無くなった時点で終了。

将棋盤は平らで硬い板であれば代用可。

駒は通常は木製の駒を用いる。プラスチックの駒では非常に遊びにくい。

勝敗の決め方[編集]

勝敗の決め方(順位の付け方)は統一的なルールはない。以下、ローカルルールの例を示す。

  • 駒の種類に関係なく、取った駒の数が一番多い者が勝ち
  • 王将→玉将飛車角行金将銀将桂馬香車歩兵の順に駒の種類別に得点を設定し、取った駒の得点の合計が一番高い者が勝ち
  • 王将を取った者が勝ち

その他のローカルルールの例[編集]

  • 立てたままの状態を維持して盤外に落とすと得点が倍になる
  • 重なっている駒は崩して分けないと盤外に出せない
  • 駒は1枚ずつしか移動できない
  • 自分の順番の時、積まれた「山」の真上から拳で叩いて、盤外に落ちた駒のみ取る事ができる。
  • 金を取った者はその金を山に向かって、盤上から人差し指で一度はじくことができる。

関連項目[編集]