和将棋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和将棋(わしょうぎ)は、将棋の一種であり、二人で行うボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。大型古将棋の一種であるが、中将棋から泰将棋までと名前で共通する駒は存在せず、異系統のものと考えられる。対称性がほとんどないこと、駒の名前に主に動物が使われていることなどが特徴である。

和将棋の駒のうち、靏玉萑歩以外は大局将棋と名前で共通しているが、一部の駒の動きや成りは和将棋と大局将棋とで異なる。

ルール[編集]

基本ルール[編集]

初期配置図[編集]

風馬 登猿 鴟行 鶏飛 猛鹿 靏玉 猛狼 鳫飛 烏行 盲犬 牛車
  雲鷲       燕羽       飛鷹  
萑歩 萑歩 萑歩 走兎 萑歩 萑歩 萑歩 隠狐 萑歩 萑歩 萑歩
      萑歩       萑歩      
                     
                     
                     
      萑歩       萑歩      
萑歩 萑歩 萑歩 隠狐 萑歩 萑歩 萑歩 走兎 萑歩 萑歩 萑歩
  飛鷹       燕羽       雲鷲  
牛車 盲犬 烏行 鳫飛 猛狼 靏玉 猛鹿 鶏飛 鴟行 登猿 風馬

駒の動き[編集]

元の駒 動き 成駒 動き
靏玉(かくぎょく)
全方向に1マス動ける。 - - -
風馬(ふうま)
前方にどこまでも動け、後ろに2マスまで行ける。飛び越えては行けない 天馬(てんま)
横に1、前後に2の所まで飛び越えて動ける。
登猿(とうえん)
前、斜め前、後ろに1マスだけ進める。 猛鹿(もうろく)
鹿
前と斜めに1マスだけ進める。
鴟行(しぎょう)
前と斜め後ろに1マス動ける。 雲鷲(うんじゅう)
縦に何マスでも動け、斜め前に3マス、横と斜め後ろに1マスまで動ける。飛び越えては行けない。
鶏飛(けいひ)
斜め前と横に1マス動ける。 延鷹(えんよう)
縦に何マスでも動け、横と斜め前に1マス動ける。飛び越えてはいけない。
猛鹿(もうろく)
鹿
前と斜めに1マス動ける。 行猪(ぎょうちょ)
後ろ以外の方向に1マス動ける。
猛狼(もうろう)
縦横と斜め前に1マス動ける。 熊眼(ゆうがん)
全方向に1マス動ける。
鳫飛(がんひ)
縦と斜め前に1マス動ける。 燕羽(えんう)
横に何マスでも動け、縦に1マス動ける。飛び越えてはいけない。
烏行(うこう)
前と斜め後ろに1マス動ける。 飛鷹(ひよう)
斜め四方に何マスでも動け、前に1マス動ける。飛び越えてはいけない。
盲犬(もうけん)
斜め前、横、後ろに1マスだけ進める 猛狼(もうろう)
前、斜め前、横、後ろに1マスだけ進める
牛車(ぎっしゃ)
前に何マスでも動ける。飛び越えては行けない。 歬牛(せんぎゅう)
全方向に1マス動ける。
雲鷲(うんじゅう)
縦に何マスでも動け、斜め前に3マス、横と斜め後ろに1マスまで進める。飛び越えては行けない。 - - -
燕羽(えんう)
横に何マスでも動け、縦に1マス動ける。飛び越えては行けない。 燕行(えんぎょう)
縦横に何マスでも動ける。飛び越えては行けない。
飛鷹(ひよう)
斜め四方に何マスでも動け、前に1マスだけ動ける。飛び越えては行けない。 Chinese character kei 9dc4 529b.png鷹(けいよう)
Chinese character kei 9dc4 529b.png
前後と斜め四方に何マスでも動け、横に1マスだけ動ける。飛び越えては行けない。
走兎(そうと)
前に何マスでも動け、斜めと後ろに1マス動ける。飛び越えては行けない。 隠狐(いんこ、おんこう)
縦と斜めに2マス進め、2マス先には飛び越えて行ける。
隠狐(いんこ、おんこう)
縦と斜めに2マス進め、2マス先には飛び越えて行ける。 - - -
萑歩(じゃくふ/すいふ/かんふ)[1]
前に1マス動ける。 金鳥(きんちょう)
縦横と斜め前に1マス動ける。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「じゃくふ」の読みは形の似ている別字で代用した「雀歩」に由来する慣例的なものであり、漢字をそのまま読むと「すいふ」「かんふ」となるが、いずれがより妥当かは不明である。

関連項目[編集]