週刊将棋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
週刊将棋
種類 週刊
サイズ タブロイド判

事業者 マイナビ出版
本社 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル
創刊 1984年1月25日
廃刊 2016年3月30日(予定)
言語 日本語
テンプレートを表示

週刊将棋(しゅうかんしょうぎ)は、日本将棋連盟発行の機関紙。マイナビ出版(2015年9月まではマイナビ本部の出版事業部<旧・毎日コミュニケーションズ>)が販売を行っている。

1984年1月25日創刊。2016年3月30日号で休刊[1] [2][3]

概要[編集]

  • 世界で唯一の将棋専門の週刊新聞として知られている。発行部数は20万部と称している[4]
  • 紙面は原則としてタブロイド判24ページ立て(年末年始合併号だけ32ページ)[5]。将棋の日本国内におけるタイトル戦をはじめ、マイナビが主催するマイナビ女子オープン等の棋譜や関連記事、将棋関連の技術講座、将棋ゲームソフトやインターネットの将棋ウェブサイト情報などを掲載している。
  • 発行は毎週水曜日[6]。原則モノクロ(1面は青色の題字あり)だが、毎月1回程度カラー紙面を採用[7]
  • 宅配は毎日新聞販売店にて行われている。
  • 2012年6月13日より電子版も発行[8]
  • 2015年10月20日、日本将棋連盟とマイナビ出版は、インターネットの普及による情報社会の変化などから、「メディアを取り巻く環境は著しく、その役割を終えたと判断した」として2016年3月30日号を以って休刊することを発表した。[1]

主な編集長経験者[編集]

主な編集部出身者[編集]

販売ルート[編集]

関連雑誌[編集]

  • 将棋世界2009年5月から、将棋連盟発行・マイコミ→マイナビ→マイナビ出版の販売に移行)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『週刊将棋』休刊のお知らせ(マイナビBooks<マイナビ出版・日本将棋連盟共同リリース>2015年10月20日 10月21日閲覧)
  2. ^ “「週刊将棋」来年3月で休刊 32年の歴史に幕「役割終えた」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/20/kiji/K20151020011354020.html 2015年10月20日閲覧。 
  3. ^ 雨宮編集長のコゴト@休刊のお知らせ”. 株式会社マイナビ出版 (2015年10月20日). 2015年10月20日閲覧。
  4. ^ 週刊将棋媒体要項(週刊将棋ONLINE)
  5. ^ 週刊将棋媒体要項(週刊将棋ONLINE)
  6. ^ 週刊将棋媒体要項(週刊将棋ONLINE)
  7. ^ 週刊将棋媒体要項(週刊将棋ONLINE)
  8. ^ 週刊将棋電子版発売中!
  9. ^ 週刊将棋媒体要項(週刊将棋ONLINE)
  10. ^ 週刊将棋媒体要項(週刊将棋ONLINE)

外部リンク[編集]