桐谷広人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 桐谷広人 七段
名前 桐谷広人
生年月日 (1949-10-15) 1949年10月15日(71歳)
プロ入り年月日 1975年7月14日(25歳)
棋士番号 120
出身地 日本の旗 日本 広島県竹原市
師匠 升田幸三実力制第四代名人(九段)
段位 七段
棋士データベース 桐谷広人
戦績
通算成績 327勝483敗
2013年05月22日現在
テンプレートを表示

桐谷 広人(きりたに ひろと、1949年10月15日[1] - )は、日本将棋棋士投資家[2]升田幸三実力制第四代名人門下。棋士番号120[1]2007年に引退。

来歴[編集]

プロ棋士時代[編集]

広島県竹原市出身[1]将棋棋士の門をたたこうとしていたところ、紹介により同郷の升田幸三の弟子となった[1]1975年に桐谷のライバルとされた沼春雄と共に四段昇段を果たしプロ棋士となった[1][3]。当時まだ珍しかった、研究派の棋士で「コンピューター桐谷」の異名をとった[4]。棋風は居飛車党の受け将棋。相手の攻め駒を攻める、駒得を重視する戦術で、優勢になってもなお相手の攻撃の応接を継続する「マッサージ戦術」を得意として「桐谷マッサージ戦術」(青野照市)などと呼ばれた。また入玉が得意の棋士としても知られる。

観戦記なども手掛け、囲碁・将棋チャンネルの「桐谷広人の将棋講座」及び「名勝負の解説」では師匠・升田幸三の将棋の解説も務めた。弟子には大平武洋今泉健司がいる。1996年度の第9期竜王戦で5組に昇級した。2000年には現役勤続25年表彰を受けた[1]第55期順位戦でフリークラスに陥落、復帰できないまま10年が経過したため、2007年3月末に引退した[1][5]。通算成績は327勝483敗。

棋士としては升田幸三門下であったが、米長邦雄に傾倒し米長の著作の代筆などして20年以上仕えた。しかし、米長のために婚約者と破局を迎えたことが一度ならずあったといい、後に米長の裏面をマスコミに告白した[6][7][8][9][10]

9勝1敗の好成績を上げながら頭ハネで昇級を逃した米長の弟子として有名な先崎学はC級2組時代、「何でおれがこんなクラスで指さなきゃいけないんだ。順位戦の制度はどうなってんだ?」と口を滑らせたためにC級2組の棋士全員を敵に回した。第51期順位戦(1992年度)の9回戦では、その発言に腹を立てて闘志を剥き出しにして挑んだ桐谷は対局で快勝、昇級をはばんだのみならず、直後、自戦記において「こんな男に負けて悔しかったら、新宿で安酒飲んで道路に寝るがよかろう、それが似合いだ」と罵って反省を促した[11]

投資家として[編集]

桐谷の転機は1984年、東京証券協和会に設置された将棋部の師範をしていたことをきっかけに、独学で株式投資を学び始めた[12]。失恋をきっかけに株式投資を始めたとも言われる[4]。その後「財テク棋士」として著名になり[4]、現在では、財テクに関する雑誌「ダイヤモンドZAi[13]や「日経マネー」にも、個人投資家として登場する。

2006年時点で桐谷は、株式を約400銘柄、時価3億円分を保有し、そのうち1億円が優待銘柄という[14]株主優待を活用することで生活費はほとんど現金を使わない。また、将棋棋士としての戦術思考を投資の世界でも十分に発揮し、人並み以上の優れた記憶力で、手元に届いた数多くの商品券の使用期限を全て頭の中で把握している。

桐谷は自分にとって利用価値が低い期限付き商品券については金券ショップに売っており[15]、様々な方法を駆使して高く売却するように心がけている。現金を使うのは家賃と光熱費とインターネット使用料程度で、これらの支払いも株式の配当金で賄うことができる[16]

2008年のリーマン・ショックや引退後に頻繁に行った信用取引が裏目に出て、2013年時点で桐谷の保有する株式の時価は約5000万円にまで激減する[17]。多額の損を出したが、価値の下がった株でも優待があり、優待を活用して生活できることに気づき、以来、株の値上がり益は狙わず優待株専門に投資している[18]

2000年代、当時生活が困窮していた深田萌絵に桐谷は食事を提供したことがある。その後、深田が証券会社主催のセミナーの講師をしていること知り、連絡を取るようになった[19]。深田からの連絡を受けて、桐谷は『カンニング竹山の銭ナール』(毎日放送)に個人投資家としてゲスト出演したことを皮切りに、その後、『笑っていいとも!』(フジテレビ)、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)等にもテレビ出演し、人気を得るようになった[20]

2013年8月10日には日本将棋連盟から「桐谷七段うちわ」が発売され[21]、以後、ハンドタオル、色紙(「優待生活」)等の関連商品が販売されている。

2014年5月、タカラトミーアーツより「桐谷さんの株主優待生活クリーナーストラップ」(全6種)、第二弾「優待生活 桐谷さんのメッセージスタンプ」(全6種)のカプセルトイが発売された[22]

同年8月4日、DeNAからiPhone向けのゲーム「桐谷さん×チャリ走」が配信開始[23]、2015年3月30日にはスパイシーソフトから「桐谷さん×チャリ走3rd Race」で再度ゲーム内に登場。ゲーム内のBGMは、人生初のボイスパーカッションに挑戦し大変シュールな出来上がりとなっている[24]

私生活では前述の婚約解消後、2021年現在まで結婚経験が無く、結婚相談所に登録した。美人好きを公言しており、吉永小百合のファンでファンクラブにも入っていた[25]

特段、SNSは使っていなかったが[26]、2021年からTwitterでの発信を開始した。

昇段履歴[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

将棋棋士として
  • 桐谷広人の将棋講座 升田の将棋〜大天才の着想〜(全26回、囲碁・将棋チャンネル
  • 桐谷広人の中級講座 四間飛車 対 棒銀(全26回、囲碁・将棋チャンネル)
  • 名勝負の解説 升田幸三特集(全18回、囲碁・将棋チャンネル)
投資家として

CM[編集]

主な著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 桐谷広人|棋士データベース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2021年7月17日閲覧。
  2. ^ 鈴木亮『ど素人でも経済ニュースがすぐわかる本』PHP研究所、2015年、206頁。
  3. ^ 『棋士ライバル物語 強者たちの盤上盤外』、主婦と生活社、1990年、ISBN:4-391-11228-0
  4. ^ a b c 「株主優待」桐谷さん、奇跡の14連勝を日本代表に伝授:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月17日閲覧。
  5. ^ 2006年度内引退棋士等|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2019年6月10日閲覧。
  6. ^ 特集 暴露された米長邦雄元名人の「恥ずべき私生活」、週刊新潮 1998年4月2日号
  7. ^ 米長邦雄は私の婚約者を寝取った最低の男、『朝日新聞』と共謀して「名人戦強奪」策す黒幕に桐谷七段が激怒、週刊現代 2006年5月20日号
  8. ^ 怒りの告発第2弾 「米長は私に、不倫相手への脅迫状を代筆させた!」 桐谷広人七段、週刊現代 2006年5月27日号
  9. ^ 怒りの告発第3弾 将棋界を食い物にする米長邦雄「卑しすぎる全謀略」 桐谷広人七段、週刊現代 2006年6月3日号
  10. ^ 桐谷広人七段の告発第4弾!「米長邦雄が"名人戦移籍失敗"で中原誠永世十段に責任転嫁」、週刊現代 2006年6月10日号
  11. ^ 嶋崎信房『いまだ投了せず-将棋に命を賭けた男たち』朝日ソノラマ、1995年3月。ISBN 978-4257034209「天才の蹉跌」より。
  12. ^ 『桐谷さんが教えるはじめての株主優待』桐谷広人さんライブトーク!! 紀伊國屋書店
  13. ^ ダイヤモンドZAi 2006年6月号 ダイヤモンド社
  14. ^ 日経マネー 2006年3月号 日本経済新聞社
  15. ^ 使いきれない株主優待を上手に売る 桐谷さんの金券ショップ活用術! ZAI ONLINE 2013年9月24日
  16. ^ 週刊実話 2013年5月5日
  17. ^ 株主優待暮らしの元プロ棋士(桐谷広人七段)「資産1億円超」への定跡 FRIDAY 2013年7月14日
  18. ^ 株主優待で生きる「桐谷さん」のスゴすぎる日常 | 投資” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年12月6日). 2020年12月9日閲覧。
  19. ^ 桐谷さん、驚愕の「株主優待生活」 アイドル顔負けの人気ぶり (3/5ページ)”. SankeiBiz (2014年6月23日). 2018年10月4日閲覧。
  20. ^ 桐谷さん、驚愕の「株主優待生活」 アイドル顔負けの人気ぶり (4/5ページ)”. SankeiBiz (2014年6月23日). 2019年6月6日閲覧。
  21. ^ 「桐谷七段うちわ」発売記念イベント開催 日本将棋連盟
  22. ^ サイト内検索「桐谷さん」”. タカラトミーアーツ. 2017年5月9日閲覧。
  23. ^ 桐谷さんが自転車で爆走「桐谷さん×チャリ走」,iOS向けに配信スタート 4gemar.net 2014年8月5日
  24. ^ 『チャリ走3rdRace』株主優待「桐谷さん」とのコラボステージを3月24日よりAndroid先行配信開始! 桐谷さんがボイパ(ビートボックス)に初挑戦! 4gemar.net 2015年3月30日
  25. ^ 345(凛として時雨)X桐谷広人 インタビュー - 凛として時雨公式ウェブサイト Interview閲覧
  26. ^ [1]
  27. ^ バックナンバー - 埼玉ビジネスウォッチ”. テレビ埼玉. 2020年5月9日閲覧。
  28. ^ 将棋棋士で投資家の桐谷広人、初CM「ご縁があるので引き受けた」 - サンスポ2014年9月14日閲覧
  29. ^ 桐谷さんX「大車輪てつぼうくん」コラボレーション 桐谷さん初のテレビCM出演決定!! - タカラトミー 商品情報2014年9月12日閲覧
  30. ^ 「音楽を、もう一度。」ヤマハ クラビノーバCVP-700シリーズ - YAMAHAホームページ 製品情報Clavinova 2015年10月19日閲覧
  31. ^ 桐谷さん(将棋棋士・投資家)が最新のクラビノーバを弾いて起こった“素敵なサプライズ”を、かつて楽器を演奏していた成人層へお届けするWEB動画を公開しました。 - PR TIMES 2015年10月19日閲覧

外部リンク[編集]