早指し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

早指し(はやざし)は将棋チェスなどのボードゲームにおいて、

  1. 着手するのが早いこと。「早指しの棋士」などと用いる。囲碁の場合は早打ち(はやうち)と呼ぶ。
  2. (一手の)制限時間が通常の対局よりも短く設定された対戦形式。囲碁の場合は早碁(はやご)と呼ぶ。

ここでは2の意味について解説する。

将棋[編集]

プロ棋戦や一部のアマチュア棋戦では、持ち時間を使い切った後でも、制限時間内に着手し続けていれば時間切れ負けとはならない。プロ棋戦ではその制限時間が「1手につき1分未満」(1手1分未満で指さなければならない)と設定されていることが多いが、一部のプロ棋戦や多くのアマチュア大会では制限時間を「1手につき30秒未満」(稀に40秒未満)と設定しており、このようなルールのことを一般に早指しと呼んでいる。早指し棋戦は持ち時間も短く設定されていることが多く、50分を超えるものはほとんどない。

早指しのプロ公式棋戦には、下記のものがある。いずれも、テレビ放送・公開対局・リアルタイムのネット中継を前提に開始した棋戦である(予選は該当しない場合あり)。

棋戦名 持ち時間※ 備考
棋士の公式戦
NHK杯テレビ将棋トーナメント 10分、切れたら1手30秒(1分単位で10回の考慮時間あり) NHK Eテレで放送
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦 10分、切れたら1手30秒(1分単位で5回の考慮時間あり) 全国主要都市での公開対局
銀河戦 15分、切れたら1手30秒(1分単位で10回の考慮時間あり) 囲碁・将棋チャンネル」で放送
新銀河戦(非公式戦) 初期1分、1手ごとに10秒加算のフィッシャールール
YAMADAチャレンジ杯 20分、切れたら1手30秒 準決勝・決勝は公開対局
女流棋士の公式戦
女流王将戦 25分、切れたら1手40秒 2009年より。「囲碁・将棋チャンネル」で放送
YAMADA女流チャレンジ杯 20分、切れたら1手30秒 準決勝・決勝は公開対局
休止・終了した棋戦
早指し将棋選手権
早指し新鋭戦
1手20 - 30秒(1分単位で3回の考慮時間あり)
※41手目以降。詳細は当該記事参照
テレビ東京で放送
大和証券杯ネット将棋・最強戦 30分、切れたら1手30秒 インターネットで対局状況をリアルタイム配信
富士通杯達人戦(非公式戦) (決勝のみ)15分、切れたら1手30秒(1分単位で10回の考慮時間あり) 決勝のみ早指し・公開対局
鹿島杯女流将棋トーナメント 10分、切れたら1手30秒 MXテレビで放送
大和証券杯ネット将棋・女流最強戦 30分、切れたら1手30秒 インターネットで対局状況をリアルタイム配信

※特記なき限り本戦の持ち時間。予選は異なる場合がある。詳細は各記事を参照。

囲碁[編集]

「早碁」の明確な基準はない。1954年~1961年に存在した棋戦「早碁名人戦」は、持ち時間が4時間であった。阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦は早碁を名乗っているが、持ち時間は1時間半(本戦は2時間)、切れた後も1手60秒未満で打てばよい。一方、NHK杯テレビ囲碁トーナメントは原則一手30秒、1分の考慮時間を10回使えるというシステムである。

一般に早碁とみなされるプロ棋戦には、下記のものがある。

チェス[編集]

「持ち時間5分」や「持ち時間なし・1手10秒」などの方式がある。大きな大会の追加イベントとして実施される場合も多い。

脚注[編集]

関連項目[編集]