詰み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

詰み(つみ)とは、チャトランガ系統のボードゲーム用語の一つである。一方の最重要駒(玉将キングなど)が、相手の駒により完全に捕獲された状態を指す。ゲームの最終目標であり、いずれかのプレイヤーがこの状態になった時に勝敗が決する。チェスの場合はチェックメイト(英語: Checkmate、ペルシア語: شاه مات - Shāh Māt)とも呼ばれている。

本稿では、主に将棋とチェスの詰み(チェックメイト)の状態について解説する。

概説[編集]

  • 将棋の王手にもチェスのチェックにも、さまざまな形(局面)が存在する。無数にある王手(チェック)の中で絶対に回避する事ができない形が存在しており、その状態を詰み(チェックメイト)と呼んでいる。つまり「詰み」とはこうした形の一つであり、その中で最も厳しい物を指している。
  • 将棋でもチェスでも、詰んだ時点で対局は終了となり、敵の玉将(キング)を詰めた側の勝ち(詰まされた側の負け)となる。実際に玉将(キング)を取る行為までは行わない。
  • 詰みの形は多種多様で、複雑なものも数多く存在している。特に実戦では、味方の駒だけではなく敵の駒の配置も詰みの形に関係する場合が多い。

将棋の「詰み」[編集]

「詰み」の基本[編集]

図1
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
▲5二金まで

立場を逆に考えた場合、次の3つの条件が全部そろった時が「詰まされた」状態である。

  • 自分の手番である。
  • 相手に王手されている。
  • 合法手がない。つまり、反則にならずに次に動かせる(打てる)駒が一つもない。

図1は最も基本的な詰みの一例で、「頭金(あたまきん)」と呼ばれている。この場合、玉は金の利きから逃れられず金を取るのが唯一の手だが、金の場所が歩の利きであるため合法手ではなくなっている。

敵味方含めて1つの駒で玉を詰ませることは不可能であるため、この例のように詰みは2つ以上の駒が連携した形となっている[1]
詰みは玉将以外の全ての駒で行うことができる[2]。後述の打ち歩詰めでなければ、最後に歩で詰めてもよい(突き歩詰め)。

「詰み」の例[編集]

図2から図7は、すべて後手玉が詰まされた局面(状況)である。これらはごく一部の例であり、他にも詰みの形は様々な物がある。

図2は香車を使った詰みの一例。
図3は桂馬を使った詰みの一例。
図4は3枚の駒が連携した詰みの一例。
図2
△持ち駒 残り全部
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒なし
▲9三香まで
図3
△持ち駒 残り全部
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒なし
▲6三桂まで
図4
△持ち駒 残り全部
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
▲4二馬まで
図5は桂馬のみによる詰みの一例。
図6は有名な頓死(とんし)の詰みの一例。先手が5五にあった角を、3三に動かしたところ。
  (飛車と馬の両王手で、序盤戦ながら後手玉が詰んでいる。)
図7は実戦での詰みの一例。敵味方の駒が複雑にからみあっているが、詰みとは無関係の駒も多く見られる。
図5
△持ち駒 残り全部
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒なし
▲7三桂不成まで
図6
△持ち駒 歩
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 歩
▲3三角成まで
図7
△持ち駒 角金桂歩三
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 歩五
▲7二龍まで

日本将棋連盟による「詰み」の定義[編集]

一方の側が玉以外の駒の利きを敵玉の存在するマス目に合わせるような指し手、つまり玉に取りをかけることを“王手”といい、かけた側から見れば“王手をかける”という。王手をかけられた側が、その王手を次の一手で解除することが不可能になった状態、つまり次にどのように応接しても玉を取られてしまうことが防げない状態を“詰み”といい、玉側からみれば“詰まされた”という。 — 日本将棋連盟『将棋ガイドブック』「15 王手と詰み」

「詰み」と類似している将棋用語[編集]

「即詰み」
王手、王手の連続で、すぐに詰んでしまう形(局面)を指す。「即詰みがある」「即詰み手順」「以下、即詰み」といった表現で使用されている。
「詰める」と「詰ます」
相手の玉を詰みの状態にもっていくことを、「詰める」あるいは「詰ます」と呼ぶ。現在では慣習上、どちらの言葉も広く使われている。(ただし日本語としては、「詰める」の方が正しい[3]。)
「詰めろ」[4]
これは「詰み」とは意味が異なる将棋用語である。「詰めろ!」と命令しているのではなく、「詰み」になる直前の状態(局面)を指している(上記の「即詰みがある」局面)。発音する時もアクセントを変えて、「詰める」の命令形と区別する場合が多い(→ 詳細は必至を参照)。

特殊な「詰み」[編集]

打ち歩詰め(反則)の例
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒なし
先手が1四に歩を打ったところ
打ち歩詰め(うちふづめ)
最後に持ち駒のを打って相手を詰ますこと。将棋では禁じ手とされており、打ち歩詰めを指した側の負けとなる。対して、盤上の歩を突いて詰ます(突き歩詰め)のは反則ではない。
都詰めの例
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒なし
▲4五金まで
都詰め(みやこづめ)
5五の地点(将棋盤の中央)で王が詰んだ状態。右図の例では、後手玉が都詰めになっている。実戦ではあまり見られないが、詰将棋などでは有名な物もある。
雪隠詰めの例1
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒なし
▲9二銀まで
雪隠詰めの例2
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
▲2三桂まで
雪隠詰め(せっちんづめ)
将棋盤の片隅(1一、9一、1九、9九)[5]で玉が詰んだ状態。実戦でもよく現れる形であり、穴熊囲いなどが崩された場合こうなってしまうケースが多い。「雪隠(せっちん)」とは便所のことで、かつて便所は家の隅に配置されるのが慣習だった為。転じて「状況が行き詰ってどうにもならないさま」を指す言葉としても使われる。

その他[編集]

  • プロの公式戦においては、完全に詰むまで指すことは極めて稀であり、自玉が即詰みの筋に入っている場合や必至がかかっている場合など、ルール上は指し続けることができるものの、詰みが避けられないと判断した時点で投了するのが普通である。
  • 最近では玉将だけでなく、飛車竜王)や角行竜馬)、金将などの駒が死ぬことも「詰む」ということがある(例:「飛車が詰む」など)。但しこれは本来の用法ではなく、玉将以外の駒を殺したり取ったりしても当然その時点で勝ちになるわけではない。
  • コンピュータ将棋の評価値の表現では、即詰みや必至等の理由で事実上勝敗が決している場合には、絶対値は「∞」か、表現できる最大値(例えば「9999」「99%」など)で表現されるほか、ソフトによっては「Mate:XX」(XXは完全に詰むまでの手数)という形式で表される。この「Mate:XX」の表示は、必ずしも即詰みを表すとは限らず、また必至を表すとも限らない。

チェスの「詰み」[編集]

チェス図1
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
e8 black king
g8 white queen
d6 white king
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Qg8# チェックメイトの基本

チェックメイトの基本[編集]

  • チェスの詰みは、チェックメイト(Checkmate)またはメイト(mate)と呼ばれている[6]
  • チェックメイトの考え方は、将棋の「詰み」の概念と重なる部分が多い。

立場を逆に考えた場合、次の3つの条件が全部そろった時が「チェックメイトされた」状態である。

  • 自分の手番である。
  • 相手にチェックされている。
  • 合法手がない。つまり、反則にならずに次に動かせる駒[7]が一つもない。

チェックメイトの詳細[編集]

チェックメイトの一例 43.Qe7#
  • チェックメイトの状態は、「mate」あるいは「#」(シャープ)で表現する。
    • 例:43.Qe7#(43手目に白がクイーンをe7に動かして、黒をチェックメイトした。)
  • チェックメイトは(キング以外の)すべての駒で行う事ができる[8]。ポーンを動かしてチェックメイトにする事も、ルール上は全く問題ない。
  • 中級者・上級者同士の実戦(主に公式戦)では、チェックメイトまでゲームを続けるケースはほとんどない。適切な局面で、劣勢な側が自分からリザイン投了)するのが一般的である。
  • チェックメイトの語源は、ペルシア語の「Shah Mat」と言われている。意味は「待ち伏せにあった王、打ち負かされた王」。決して「死んだ王」という意味ではない[9]

チェックメイトの例[編集]

次のチェス図2~4は、すべて白に黒がチェックメイトされた局面。実戦のチェックメイトは、将棋同様に敵味方の駒(ピース、ポーン)が複雑にからみあうケースが多い。

チェス図2: クイーンとルークを使ったメイト
白のg7のクイーンがルークであっても、やはり黒はチェックメイトされている。
チェス図3: クイーンとポーンを使ったメイト
将棋の頭金(あたまきん)に似ており、俗に「頭クイーン」とも呼ばれている。
チェス図4: 2つのビショップを使ったメイト
あまり実戦では見られないが、エンディングの基本形の一つである。
チェス図2
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
d8 black king
h8 white rook
g7 white queen
e1 white king
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Rh8# クイーンとルークを使ったメイト
チェス図3
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
b8 black king
b7 white queen
c6 white pawn
e1 white king
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Qb7# クイーンを使ったメイト
チェス図4
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
h8 black king
h6 white king
d5 white bishop
e5 white bishop
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Be5# ビショップを使ったメイト
チェス図5
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
f8 black rook
b7 black bishop
d7 white rook
a6 black pawn
b6 black queen
e6 black pawn
g6 black pawn
h6 black king
a5 black knight
a4 white pawn
h4 white queen
c3 white rook
e3 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
g1 white king
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Qh4#  白勝ちの実戦例
チェス図6
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
g8 black king
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
a6 black pawn
b6 black bishop
e6 black pawn
b5 black pawn
e5 white pawn
b4 white pawn
e4 white queen
f4 white pawn
g4 black knight
a3 white pawn
h3 white pawn
b2 white bishop
h2 black rook
a1 white rook
f1 white rook
h1 white king
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
...Rh2#  黒勝ちの実戦例
チェス図5: 実戦例1
実戦でのチェックメイト(白勝ち)
チェス図6: 実戦例2
実戦でのチェックメイト(黒勝ち)

チェックメイトとステイルメイト[編集]

チェックメイトとは別の状況として、ステイルメイトと呼ばれる状況が発生する事がある。これは「自分の手番」で「合法手がない」が、相手に「チェックはされていない」状況である。これが発生してもゲームは終了となるが、今日のチェスにおいてはチェックメイトとは区別され、引き分けとして扱うことが多い。

チェスにおいてステイルメイトは非常に重要な概念となっており、どんなに戦力差が開いていても引き分けの結果に持ち込まれる可能性がある。

尚、ステイルメイトは将棋でも理論上は発生しうるが、公式戦ではステイルメイトに相当する規定はなく、慣習的に詰みと同様にステイルメイトによって合法手がなくなった側の負けとされている。

特殊なチェックメイト[編集]

スマザード・メイトの例
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
g8 black rook
h8 black king
f7 white knight
g7 black pawn
h7 black pawn
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Nf7#

スマザード・メイト[編集]

Smothered mate (窒息メイトとも)

自陣の駒によって逃げ道をふさがれているキングを、ナイト単独でチェックメイトにすること。
バックランク・メイトの例
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
e8 white rook
g8 black king
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Re8#

バックランク・メイト[編集]

Back rank mate

味方のポーン等が障害となり、自陣の最下部(白なら1ランク、黒なら8ランク)で詰まされる事。黒側の3つのポーンに注目して欲しい。実戦でも多く見られる形で、メイトする駒はルークかクイーンである。
(バックランクの定義については、「チェスボード内の名称」の図5を参照。)
エポレット・メイトの例
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
b8 black king
c8 black rook
a7 black pawn
c7 black pawn
c6 black pawn
b1 white rook
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Rb1#

エポレット・メイト[編集]

Epaulette mate (肩章メイトとも)

自陣の駒によって逃げ道をふさがれているキングを、ルークまたはクイーン単独でチェックメイトにすること。キングを囲う駒の形が、将校の肩章に似ている事から名付けられた。

その他の有名なメイト(すべて初期配置の、白の第一手からのゲーム)[編集]

フールズ・メイト[編集]

フールズ・メイト(Fool's mate)もしくは愚者のメイトとは、序盤から悪手を重ねて最短でチェックメイトに陥る手順を指す。

白のフールズ・メイト

白が最も早く詰む手順

1.f3?またはf4? e5 2.g4?? Qh4#
黒のフールズ・メイト

黒が最も早く詰む手順

1.e4 f6? 2.d4 g5?? 3.Qh5#
学者メイト(Scholar's mate)[編集]
1.e4 e5 2.Qh5 Nc6 3.Bc4 Nf6?? Qxf7#
レ・ガルのメイト(Légal Trap)[編集]

レ・ガルが実際に行った手順

1.e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bc4 d6 4. Nc3 Bg4?! 5.h3 Bh5? 6. Nxe5!! Bxd1?? 7. Bxf7+ Ke7 8. Nd5#
ボーデン・メイト(Boden's Mate)[編集]

ボーデンが実際に行った手順

1.e4 e5 2.Nf3 d6 3.c3 f5 4.Bc4 Nf6 5.d4 fxe4 6.dxe5 exf3 7.exf6 Qxf6 8.gxf3 Nc6 9.f4 Bd7 10.Be3 O-O-O 11.Nd2 Re8 12.Qf3 Bf5 13.O-O-O? d5! 14.Bxd5?? Qxc3+ 15.bxc3 Ba3#

その他のチャトランガ系ゲームの「詰み」[編集]

  • 中国・ベトナムの将棋(象棋、コートゥオン)の「詰み」 → シャンチーを参照。(シャンチーにおける詰みは「将死(ジャンスー)」と呼ばれる)
  • 韓国・北朝鮮の将棋の「詰み」 →チャンギを参照。
  • タイ王国・カンボジアの将棋の「詰み」 →マークルックを参照。(マークルックにおける詰みは「ジョン」と呼ばれる)
  • ミャンマーの将棋の「詰み」 →シットゥインを参照。

比喩・例え[編集]

  • 上述の状態から転義して、物事において立ち行かなくなった時やどうしようもなくなった時、あるいはなす術が無い状態を「詰み」または「詰んだ」と言う。

例:「方法がない。これ以上は無理だ、詰んだ!」

注釈[編集]

  1. ^ 本将棋では理論上、1枚の攻め駒(飛車、角行、桂馬、香車、龍王、龍馬のいずれか)で敵の玉将を詰めることができるが、これは敵の玉将の逃げようとする場所が敵の駒に囲まれていて動けず、かつ桂馬以外の場合は合駒ができない(敵に持ち駒がないかあっても二歩などの反則で打てず、かつ移動合もできない)場合に限られるので、「敵味方含めて1つの駒で玉将を詰ませた」とはいえない(このようなケースが実戦で発生することもほとんどない)。また、中将棋大将棋天竺大将棋大大将棋などの大型将棋類では獅子火鬼鉤行などの強力な駒1枚で周囲が敵の駒に囲まれていない玉将を詰める、つまり「敵味方含めて1つの駒で玉将を詰ませる」ことができるが、本将棋にはそのような駒はない。
  2. ^ 空き王手の場合、「玉将を動かして詰み」ということはありうる。
  3. ^ 日本語の文法的には、下記の語法となっている。
    「詰める」 :他動詞
    「詰ます」 :自動詞「詰む」+使役の助動詞「せる」
    王側は相手に詰められることはあっても自ら詰むことはないため、厳密には「詰める」の方が正しい。「詰め将棋」とは表現するが、「詰ませ将棋」とは言わないのと同様である。
  4. ^ 「詰めろ」と同じ意味の「詰めよ」もあるが、こちらは使用される事が比較的少ない。
  5. ^ 通常先手玉は1九か9九の地点、後手玉は1一か9一の地点で詰まされる形になる。入玉した後での雪隠詰めは除く。
  6. ^ JCA(日本チェス協会)では、「・」を入れた「チェック・メイト」という表現を使用している。
  7. ^ 駒 : 厳密にはChessmen、つまりピース(pieces)およびポーン(pawns)を指す。
  8. ^ ディスカバードアタックの場合、「キングを動かしてチェックメイト」ということはありうる。
  9. ^ http://www.goddesschess.com/chessays/shahmatjan.html "The King Isn't Dead After All! The Real Meaning of Shah Mat or the Lesson of the Commode"], Jan Newton, GoddessChess.com, September 2003

参考文献[編集]

  • 日本将棋連盟開発課 『将棋ガイドブック』 日本将棋連盟、2003年11月 ISBN 978-4-8197-0080-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]