タタ・スチール・チェストーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2018年・第80回タタ・スチールトーナメントの対局会場

タタ・スチール・チェストーナメント英語: Tata Steel Chess Tournament)は、オランダのワイク・アーン・ゼー英語版で毎年1月に開催されるチェスの大会である。1938年の創設時はスポンサー名からホーホフェンス(Hoogovens)大会と呼ばれ、1999年にスポンサーのKoninklijke Hoogovens社がブリティッシュ・スチールと合併してコーラス・グループとなってからはコーラス・チェス・トーナメントと呼ばれていた[1] [2]。現在のスポンサーはタタ・スチール


トーナメントの歴史[編集]

Hoogovens Beverwijk[編集]

初期のトーナメントは非常に小規模で、1938年には4人のグループから始まり、参加者はオランダ人プレイヤーに限定されていた。最初の5つのトーナメントは、毎年1月初旬に開催された。1943年と1944年には、トーナメントの参加者は2倍の8人になった。1945年は第二次世界大戦のため、トーナメントは開催されなかった。1946年、最初の国際大会が開催された。メインのトーナメントは10名に拡大され、アルベリク・オケリー・デ・ゴールウェイ英語版ベルギー)とゴスタ・ストルツ英語版スウェーデン)が招待され、オランダからも8名が参加した。

トーナメントの規模が大きくなるにつれ、補助的だった女子のトーナメントが定期的に開催されるようになり、「マスターズ」イベントや「マスターズ予備軍」イベントも開催されるようになった。またサッカーのリーグ戦に似た方式として、ある年の成績優秀者を翌年の上のクラスのイベントに招待する伝統も生まれた。

ヤン・ハイン・ドナー対ブルーノ・パルマ(1963年)

トップグループの優勝者:

Hoogovens Wijk aan Zee[編集]

1968年、大会の開催地がオランダのワイク・アーン・ゼーに移された。この頃、このトーナメントは一般にスポンサー名の「Hoogovens」と地名の「ワイク・アーン・ゼー」の両方で呼ばれていた。 1968年以降のGrandmasterAグループの優勝者は以下の通り。

コーラス・トーナメント[編集]

2000年以降、トーナメントの通称は「ワイク・アーン・ゼー」と「コーラス」の両方で呼ばれていた。

タタ・スチール・トーナメント[編集]

2011年、トーナメントの通称は「コーラス」から「タタ・スチール」に変更された。

脚注[編集]

  1. ^
  2. ^

外部リンク[編集]