チェスの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
12世紀のチェスの駒
ルイス島のチェス駒

ここではチェスの歴史について解説する。

起源[編集]

今日の遊戯史研究の成果によれば、チェスの起源が古代インドチャトランガ(chaturanga)にさかのぼることはほぼ確実である。チャトランガはサンスクリット語で「4つの部分」を意味し、四人制ルールもあったが、二人制のルールでは象、馬、戦車、歩兵が軍隊を構成していた。この4種は、キリスト紀元頃にはすでになくなっているため、誕生は紀元前にさかのぼると考えられている。

イギリスの研究家マレーによれば、チャトランガはもともと4人競技制のゲームで、これが2人制のゲームに進化したとしたが、近年の研究では、4人制のゲームは10世紀以降に誕生したといわれている。当初はサイコロを使ってプレーされていた証拠もあり、いつごろから運の関係しないマインドスポーツになったのかは明確ではない。

ペルシアのチェス

言及した最古の書物は、サーサーン朝ペルシアホスロー2世英語版(在位:590年-628年)によるパフラヴィー語の書物「カルナマック・イ・アルダシール・イ・パバガン英語版」(ペルシア語: کارنامه اردشیر بابکان‎)で、シャトランジの発明はアルダシール1世の業績とされている。7世紀から9世紀に書かれたパフラヴィー語の書物「シャトランジ解き明かしの書ペルシア語版」(チャトラング・ナーマグ、Chatrang-namak)では、インド王からホスロー1世(在位:531年-579年)へチャトランガが送られて、その使用方法を大臣ブズルグミフル・イ・ボーフタガーン英語版ペルシア語: بُزُرْگْمِهْر بُخْتَگان‎、転写: Bozorgmehr-e Bokhtagan)が謎解きする。ペルシアのチェス(シャトランジ)の名人として、アス=スリ英語版880年-946年)の名が伝えられている。

2人制のゲームは、ペルシアに伝えられてシャトランジ(shatranj)と名を変え、さらに戦争や貿易にともなってヨーロッパに伝わっていった。まず、8世紀にはロシアに伝えられ、約100年遅れて西ヨーロッパへ伝わった。ルールが何度か変わったが、ペルシア経由で世界各地に伝わったため、ルールの違いによる混乱は少なかったとされる。中世ペルシア語に相当する称号「シャー(shah)」が、チェスを表す西欧語、例えばドイツ語の「シャッハ(Schach)」、英語の「チェス(chess)」、フランス語の「エシェク(échecs)」などの語源になったと考えられている。また、「シャーマート」(ペルシア語: شاه مات‎ - Shāh Māt)が「チェックメイト」(英語: checkmate)の語源になったと考えられている。

チャトランガと同様に、当時は「クイーン」に相当する駒がなく、「ビショップ」に相当する駒の動きも限定されたものであった。そのため、現在よりもさらに引き分けのゲームが多かったといわれている。「将軍」に相当する駒はヨーロッパでは参謀(counselor)と呼ばれ、「ポーン」のプロモーションは「参謀」になるルールであった。

このほかに、中国シャンチー(象棋)、日本将棋もチャトランガに起源を持つという説がある。中国へは6世紀頃、日本へは8世紀頃に伝わったと見られるが、日本への伝来には中国経由説と東南アジア経由の説もある。ちなみに、中国では西洋のチェスを「國際象棋」と表記し、日本でもかつては「西洋将棋」と表記することが多かった。

ルネサンス期[編集]

ルネサンス期の15世紀末には、ルイス・デ・ルセナによるヨーロッパ最初の西洋チェスの本「チェスの技術」が出版された。このころからのルールの変遷は比較的正確に知ることができる。まず、王の隣にいた「将軍(マントリ)」が、「女王(クイーン)」に取って代わられ、「象」が「僧正(ビショップ)」に変わった。

この変化の際、イギリスで司教冠と間違えられて「僧正」(bishop)と呼ばれるようになったが、スペインではビショップは今も「象」(alfil)と呼ばれている。

さらにゲームをスピードアップするため、ポーンが最初に2マス進めるというルールが加わり、攻撃を受けやすくなった王を守るために、キャスリングのルールが付け加わった。ポーンのプロモーションでも、クイーンに昇格することができるようになり、ポーンの価値も上がった。

これらの変化は、当時としてはフェアリー・チェス(変則ルールによるチェス)だったが、多くの人に支持されたため、16世紀にはほぼ現在と同じルールが固定し、主流になった。「アンパッサン」(フランス語)、「ツークツワンク」(ドイツ語)、「キャスリング」(英語)などの語が示すように、ヨーロッパ各地でルールが発展していったものである。

16世紀のチェスプレーヤーで名を残しているのは、スペインの僧正ルイ・ロペス・デ・セグラであり、彼の名はそのままチェスの定跡[1]の名称にもなっている。ルイ・ロペスは、『チェスをするための自由な発想と技術の書』を残している。

16世紀後半には、イタリア生まれのジョアッキーノ・グレコがチェスの達人として有名であり、競技と本の著作で収入を得、最初の職業的チェスプレーヤーとされている。グレコの定跡としては、「シシリアン・ディフェンス」があるが、当時はあまり注目されず、世界的流行となったのは20世紀後半からである。

17世紀には、チェスはもっぱら娯楽として普及し、「コーヒーハウスチェス」として資産家をスポンサーとして競技されるようになった。チェスの中心はフランスであり、特に名をなしたプレーヤーとしてフランソワ=アンドレ・ダニカン・フィリドールが挙げられる。フィリドールは1749年に『フィリドールの解析』を著し、「ポーンはチェスの魂である」という有名な言葉を残した。彼の名は、「フィリドール・ディフェンス[2]として残っている。

チェスの中心をフランスから奪いとったのは、イギリスのスタントンで、1843年に英仏の国際試合でサン・タマンに勝利した。スタントンは、駒の形状・棋譜法を提唱し、駒の形状に名を残している。

アメリカでは、ポール・モーフィーが1857年にアメリカのチェス大会で優勝したのを機に、翌年ヨーロッパに渡り、ドイツアドルフ・アンデルセンを破るなど圧倒的勝利を収めている。モーフィーは序盤研究家としても有名で、ルイ・ロペスの変化の1つである「モーフィー・ディフェンス」[3]に名を残している。

近代~現代[編集]

ヴィルヘルム・シュタイニッツが1886年に、公式戦としてツケルトートを破って以来、「公式」な世界チャンピオンが存在することになった。シュタイニッツは「近代チェスの父」とも呼ばれる。

ただし、国際チェス連盟(FIDE)が挑戦マッチを主催するようになるまでは、タイトル保持者の都合で挑戦ルールが決定されたり、試合そのものが成立しなかったりしたことがあり、必ずしも客観的な世界チャンピオンとはいえない側面もある。

特に、キューバの国民的英雄としてもてはやされたホセ・ラウル・カパブランカは、1921年にエマーヌエール・ラスカーを破って世界チャンピオンになってから、1927年にアレクサンドル・アレヒンに敗れるまでの間、一度も防衛マッチを行っていない。

アレヒンは、1935年にオランダマックス・エーワに敗れたものの、1937年にタイトルを奪回、1946年に死去するまでチャンピオンの地位にあった。アレヒン以降は、しばらくソ連-ロシアのプレーヤーがチャンピオンを保持し続ける時代が長かった。その中で1972年、アメリカボビー・フィッシャーボリス・スパスキーを破ってチャンピオンの座に就いた。フィッシャーは、「米国の英雄」とも呼び慣らわされたが、1975年、最初の防衛戦の実施方法を巡ってFIDEと対立し、タイトルを剥奪された。

1997年、FIDEは国際オリンピック委員会(IOC)の勧告を受け入れ、それまでの挑戦者制をトーナメント制に改めた。新制度では、一回戦が128人による2局マッチ、準決勝は4人による4局マッチ、決勝は2人による8局マッチで行われるようになった。1998年はアナトリー・カルポフ、1999年はロシアのアレクサンドル・カリフマンがチャンピオンになったが、2000年にはインドビスワナサン・アナンドが優勝し、初めてチェス発祥の地にチャンピオンが誕生した。

現代になり、コンピュータが実用化されるようになるとともに、多くの人の関心がコンピュータにチェスを指させることに集まった。特にディープ・ブルーガルリ・カスパロフへの勝利は大きな注目を集めた。

注釈[編集]

  1. ^ ルイ・ロペス 1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bb5~
  2. ^ フィリドール・ディフェンス 1.e4 e5, 2.Nf3 d6~
  3. ^ モーフィー・ディフェンス 1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bb5 a6~

関連項目[編集]