ボビー・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・フィッシャー
Bobby Fischer 1960 in Leipzig.jpg
本名 ロバート・ジェームス・フィッシャー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アイスランドの旗 アイスランド
生誕 1943年3月9日
イリノイ州シカゴ
死没 2008年1月17日
獲得タイトル 第14代公式世界チャンピオン
世界選手権 1972年 - 1975年
トレーナーのジョン・コリンズen:John W. Collinsと(1950年代)
1960年ライプツィヒ。ミハイル・タリとの対戦。

ボビー・フィッシャーBobby Fischer1943年3月9日 - 2008年1月17日)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのチェスプレーヤーチェス世界チャンピオン[1]1972年 - 1975年)。本名、ロバート・ジェームス・フィッシャー (Robert James Fischer) 。

冷戦下にソ連を下しアメリカ初の公式世界チャンピオンになったことで「米国の英雄」としてもてはやされたが、奇行や反米反ユダヤ発言により反発を買い、「幻の英雄」とも呼ばれる。アメリカのユーゴスラビア経済制裁時に当地で試合をしたことで米政府に起訴され、滞在中の日本で拘留されたが、アイスランドの市民権を得て余生を送った。

あえてタイトルを放棄したり、試合を拒否したり、あるいは長年に亘って失踪したりするなど、そのミステリアスで数奇な人生もよく知られる。チェス960も考案した。IQは187[2]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

母親のレジーナ・ウェンダー・フィッシャーは当初ハーマン・J・マラーに秘書として雇われたが、マラーに才能を見いだされ、医学を学ぶように進められた。父親のハンス・ゲルハルト・フィッシャーは、招聘されマラーと共にモスクワの大学へ行った生物物理学者である。2人はモスクワで結婚し、娘のジョーンが生まれた。しかしソ連で反ユダヤ主義が広がり出すと、ユダヤ人の2人はパリへ移住した。後にレジーナは離婚し、国籍を持っていたアメリカへ子供を連れて移住するが生活は苦しく、ジョーンを父親に預けていた。また、シカゴの病院でロバートを出産した時には、ホームレス同然だった。出生証明書にある父親の記入欄にはハンスと記載されているが、ハンスは生涯アメリカに入国したことはなかった[3]

ロバートが6歳のとき、落ち着きのない彼を静かにさせるため、姉は1ドルのチェスセットを与え簡単なルールを教えた。そこですぐにチェスの虜となった[3]

1957年にはインターナショナルマスターとなり、翌年グランドマスターとなる。15歳でのグランドマスターは世界最年少記録だった[4]。だが、1962年国際舞台から引退した(但しアメリカ合衆国内の大会には出場した)

プレースタイルにフィッシャーならではのものがあり、1956年の対ドナルド・バーン戦でクイーンをわざと捨てることで勝ち、1963年の対ロバート・バーン戦でもナイトを捨てて勝った。フィッシャーはしばしば「天才」と呼ばれるようになっていた。

1966年復帰。1968年再度引退。

世界チャンピオン時代[編集]

1970年のソ連対世界戦で再びチェス界に復帰した。1971年の挑戦者決定戦ではソビエト連邦マルク・タイマノフに6対0で完勝し、さらにデンマークベント・ラーセンにも6対0で完勝した。前世界チャンピオンのチグラン・ペトロシアンに5勝1敗3引き分けで勝ち、当時の世界チャンピオンボリス・スパスキーへの挑戦者となった。

1972年レイキャヴィークで行なわれた世界選手権で、ボリス・スパスキーを破り世界チャンピオンとなった。当時、世界は冷戦のさなかであり、ソヴィエト連邦は第二次世界大戦以降、チェスのチャンピオンのタイトルを独占しつづけていたので、アメリカ側・西側から見てこれは歴史的な勝利となり、「米国の英雄」として扱われた。

その後、反ユダヤ的な発言が目立つようになった[3]

1975年、防衛戦の運営をめぐり国際チェス連盟に多数の条件を提示、そのうちのひとつが否決されたため挑戦者アナトリー・カルポフとのマッチを戦わず王座を返上した。

隠遁生活時代[編集]

それ以来、フィッシャーは試合を拒否するようになった。その後何十年もの間表舞台から離れ、隠遁生活と言えるような生活を送り、世間から見るとすっかり消息不明となった。フィッシャーは「天才」であるのと同時に「変わり者」だとして語られるようになっていった。1970年代は、フィッシャーが信仰し支援していたアメリカの福音系新興宗教団体Worldwide Church of God[5]の施設で暮らしていた[6](同教団の創設者ハーバート・アームストロングのラジオ伝道を聞いて傾倒し、献金していたが、アームストロングが唱えていた終末予言が外れたことから次第に距離を置いていった[3])。

ただし途中で一度、表舞台に出てきたことがある。ハンガリーの17歳の女性チェスプレーヤーから「なぜプレイしないのか」という手紙を受け取ったことをきっかけに、その少女と交流が生まれ、彼女の根回しによって、1992年に、ユーゴスラビアでスパスキーと再現試合を行なったのである。フィッシャーは試合前に、米国当局から「試合に参加するな」との手紙を受け取ったと公表し[1](米国政府はボスニア問題に絡んでユーゴスラビアに対して経済措置をとっており、米国人が同国において経済活動をすることを禁止していた)、記者会見でその手紙に唾を吐いてみせた。フィッシャーはこの試合に見事勝利し、300万ドル以上の賞金を得た。米国は「ユーゴスラビアに対する経済制裁措置に対する違反だ」として起訴し、フィッシャーのアメリカ国籍を剥奪した。フィッシャーは後に「この起訴は反ユダヤ的発言と反米発言に対する政治的迫害である」と語った。フィッシャーは再び表舞台から姿を消し、消息不明になった。

公にはならなかったが、フィッシャーは10年以上にわたりハンガリースイス香港マカオ韓国など、世界の様々な場所を転々としていて[1]、2000年ごろまでにはフィリピンと日本が主たるホームベースになっていたという[1]2000年から日本では元日本女子チェスチャンピオンの渡井美代子[6]、フィリピンでは元フィリピンチェス協会会長らの支援でマリリン・ヤングという若い女性と暮らしていた[7]

フィッシャーが滞在したロイガルダイリル教会(2007年12月)
フィッシャーの墓(アイスランド南部、セールフォスのロイガルダイリル教会、2009年7月)

晩年[編集]

2004年7月14日、成田空港からフィリピンへ出国しようとしたところを入国管理法違反の疑いで東京入国管理局成田空港支局に収容された。世界中で、フィッシャーが久しぶりに表の世界に登場したとニュースが駆け巡った。同年8月、かねてより親交のあった日本チェス協会事務局長の渡井美代子と結婚を宣言した(“2000年来 彼女の家で同居し「事実婚」だ”とされた[1]。入籍はしなかった)。Timesの記者に対して、渡井は“ふたりは普通に生活している”と言い、フィッシャーは日本の生活に良く馴染んでいる、と言ったという[1]。そしてフィッシャーは、医薬品や医者に頼ってしまうよりも温泉で癒すほうを好む、自然な発想の持ち主だ、と渡井は語ったという[1]

その後、アメリカ政府は身柄引き渡しを要求したが、米国を憎むフィッシャーはそれを拒否していた。パスポートが失効した状態で、なおかつ他国での市民権も確保されていない状態で、フィッシャーにどのような状況打開策が残されているのか、非常に不透明な状況になった[1]。各地でフィッシャーを支持する人々がこの状況を何とかしようとした。例えば、ボビーの父親の古郷でフィッシャーが国籍を取得できる可能性もあると思われたドイツなどでも、フィッシャーの国籍確保のために運動を起こす人々がいた[1]。日本でもフィッシャーを守ろうとする人々が現れ、元外務政務次官でチェス愛好家の石井一二、John Bosnitch(東京在住のセルビアカナダ人ジャーナリストでチェスの元ジュニアチャンピオン)[8]羽生善治民主党榛葉賀津也社民党福島瑞穂といった人々が支援した。こうした運動が功を奏し、2004年12月、アイスランド政府が人道的見地からフィッシャーに対して市民権を与える措置をとり[4]、拘束から約8ヵ月後の2005年3月24日、日本政府はフィッシャーのアイスランドへの出国を認め釈放した(アメリカもこれを認めた)。以後はアイスランドに滞在し、静かな余生を送った。ごく親しいわずかな人以外とは交流せず、一般には理解しがたい特異な考え方や過激な発言から、地元民からは「助けが必要な精神的な病を抱えた人」と見られていたが、チェスの天才としてあたたかい目で見守られてもいた[4]。肝臓病により2008年1月17日に64歳で死去した[4]

フィッシャーの死後、フィリピンの女性マリリン・ヤングが「2001年に生まれた自分の子供(女の子、フィリピン国籍)の父親はフィッシャーだ」と主張したが、墓を掘り起こしてのDNA鑑定の結果、その子の父親はフィッシャーでないことが判明した。アイスランドの裁判所は渡井美代子がフィッシャーの遺産(遺品)を相続することを認めた[9]

家族[編集]

  • 父:ハンス・ゲルハルト・フィッシャー(1908-1993) - ベルリン生まれのユダヤ系ドイツ人の生物物理学者[10]。1932年に、アメリカ人科学者ハーマン・J・マラーを通じてレジーナと知り合い、翌年マラーに同行したモスクワで結婚。FBIの調査では、スペインのパスポートを持っていたが、アメリカに入国した記録はなく、1940年からチリで蛍光灯の販売とカメラマンをしていた(FBIは彼を南米でのナチの動向を探るソビエトスパイと目していた)[10]。1945年にレジーナと離婚。ボビーとは生涯一度も会うことなく85歳で死亡した。クロアチア生まれのユダヤ系ハンガリー人科学者ポール・フェリックス・ネメンニ(Paul Felix Nemenyi, 1895–1952)がボビー・フィッシャーの生物学上の父親でないかという説もある[10]。ネメンニはブダペスト流体力学を学んでいたが、ナチのユダヤ人迫害が強まったことから渡米し、のちに原爆を開発したマンハッタン計画に参加した科学者[10]。身なりに無頓着で偏屈、常に石鹸を持ち歩く強迫神経症的なところがあり、変人としても知られていた[11]FBIの調査では、ボビーが生まれる前年の1942年にネメンニがコロラド大学デンバー校で教鞭を取っていたとき、生徒の中にレジーナがおり、親しくしていた[10]。ボビーが生まれたあとも経済的な支援をしており、ソーシャルワーカーに「レジーナは精神的に不安定であり、子供の養育に悪い」と訴えていたという[10]。レジーナ自身はネメンニ父親説を否定し、1942年にメキシコ旅行をした際にハンスに会ったと主張しているが、ボビーを父なし子にしないための方便だろうと親戚は見ている[12]
  • 母:レジーナ・フィッシャー(1913-1997) - スイスチューリッヒで、ポーランド人の裁断師の娘として生まれる。幼少期にアメリカに移民し、ミズーリ州セントルイスの高校を卒業後、ワシントン大学アリゾナ大学コロラド大学デンバー校で学ぶ[10]。米兵としてドイツに駐留していた兄を頼って1932年に渡独、ベルリン大学で学生をしているときに科学者ハーマン・J・マラーの秘書に雇われ、彼の子供の住み込み家庭教師となる[12]ドイツ語、速記、タイプができ、マラーの複雑な理系の話も難なく解すことから、薬学を学ぶことをマラーに勧められ、1933年にマラーのソビエト行きに同行し、モスクワで薬学を専攻[12]。マラーを通じて夫ハンスと知り合い、モスクワで結婚し、娘ジョアンをもうける。薬学を学んだのち軍事工場でも働いた[10]。ソビエトでも反ユダヤが強くなってきたため、1938年に娘を連れてフランスに渡り、パリで英語教師として働く[12]。翌年娘と2人でアメリカに帰国(ドイツ人の夫は入国許可が下りなかった)。1942年にボビー出産後、シングルマザーの支援施設に入居、父親に預けていた娘のジョアンを引き取ろうとしたところ施設側に拒否されて悶着を起こし、逮捕される[12]。裁判所から精神鑑定を命じられ、偏執的人格だが病気ではない、と診断される[12]。この騒ぎの際、荷物の中に数式の書かれた書類と高性能カメラがあったことを通報され[11]、インテリで6か国語を話し、ソビエト滞在の経歴もあることなどからスパイを疑われ、以降数十年に渡ってFBIの監視対象者となった[12]。2児を抱え、働き口を求めてアメリカ各地を転々としたのち、1950年にブルックリンに落ち着き、タイピストをしながら看護学校に通って看護婦になった[12]。ボビーが幼少時には、チェスにしか興味を示さず非社交的であるのを心配して精神科などに連れていったりもしたが[11]、チェス本を買い与え、クラブに付き添い、ソビエト政府にボビーの招待を依頼する手紙を書き送るなどして大いに支援もした。1960年代には東ドイツで医学修士を取得[12]。生涯を通じて社会運動家でもあり、84歳でガンで死亡[11][12]
  • 姉:ジョアン・ターグ(1937-1998) - モスクワ生まれ。超心理学者で、コンピュータ・リテラシーに関する教育者。母レジーナが亡くなった翌年脳出血により60歳で死亡[11]。夫ラッセルも娘エリザベスも超心理学者。他に息子のアレキサンダーとニコラス。
  • 妻:渡井美代子(1945-)- 2000年より大田区蒲田でフィシャーと暮らしていたとされる。2004年にフィッシャー拘留後、結婚手続きを取る。偽装結婚でないとしているが、フィッシャーの身分保全のためであることも認めている。
  • 愛人:マリリン・ヤング(1978-)- フィリピンダバオ出身[13]。2000年から一時期、フィッシャーとバギオで暮らしていた。フィツシャーはこのころ自分の子供を生んでくれる人を探していたと言われ、フィリピンチェス協会の知人らが紹介したとされる。2002年に女児を出産[13]。フィッシャーは出生証明書に署名するのを拒んだが、女児との交流はあった。2008年に女児がフィッシャーの子であるとして遺産相続を主張したが、DNA検査により血縁はないとされた。判決後もマリリン側の弁護士はDNA検査の正当性に疑義を訴えている。

著書[編集]

参考文献[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • Me and Bobby Fischer(アイスランド、2009) - 日本を出てアイスランド到着までの様子
  • Opelo za Bobija Fisera (セルビア、2010) - John Bosnitch(東京在住ジャーナリスト)らセルビア人の目を通してみたフィッシャーの一生
  • Bobby Fischer Against the World (アメリカ、2011)
  • 「天才 ボビー・フィッシャーの闘い~チェス盤上の米ソ冷戦~」NHK BS, 2014年5月15日

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Frederick, Jim (2004年8月23日). “King's Gambit”. Time. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,686101,00.html 2010年4月26日閲覧。 
  2. ^ IQ of Famous PeopleKids IQ Test Center
  3. ^ a b c d 完全なるチェス
  4. ^ a b c d Bobby Fischer Passes AwayIceland Review, January 18, 2008
  5. ^ 「ワールドワイド・チャーチ・オブ・ゴッド」が改名クリスチャントゥデイ、2009年4月28日
  6. ^ a b We want to live together foreverChess News, 9/1/2004
  7. ^ Fischer's DNA – still no final closure Business World, August 31, 2010
  8. ^ Fischer renounces US citizenship Chess News, 8/15/2004
  9. ^ Miyoko Watai Ruled Bobby Fischer’s Legal Heir Iceland Review, March 03, 2011
  10. ^ a b c d e f g h Who Was Fischer's Father?Chess.com, Mar 19, 2008
  11. ^ a b c d e A Psychological Autopsy of Bobby FischerPacific Standard‎, 4 Apr 2013
  12. ^ a b c d e f g h i j EndgameFrank Brady、Hachette UK, May 26, 2011
  13. ^ a b Why Bobby Fischer loved RP, FilipinosInquirer Sports, 01/20/2008

関連項目[編集]

外部リンク[編集]