写本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
13世紀ヨーロッパの彩色写本

写本(しゃほん、Manuscript)とは、手書きで複製された本や文書、またはその行為そのものを指して示す用語。時に、原本(オリジナル)である正本(しょうほん・せいほん)と対応させて、それを書き写した書写本であることを強調するために用いられることもある。

概要[編集]

洋の東西を問わず、広く木版印刷活版印刷術が普及する以前、本は筆写するものであった。中世ヨーロッパにおいて写本はキリスト教の修道院を中心に行われ、「写字生英語版」によって組織的に作られた。その当時の写本の中にはしばしば壮麗な挿絵がつけられ(挿図参照)、美術品としても価値を見出されるものも存在する。中国北宋代以降、日本では、仏典の木版印刷が用いられ始めたが、修行の一環としての写経は依然として行われ、それは今日においても引き継がれている。一般の本は写本により伝えられた。

写本では、筆写の過程でしばしば誤読、誤字脱字、付け加えなどが生じ易い。これらは原典を正確に伝承するという意味では瑕となるが、一方で写本がどのように伝わっていったかを系統立てて考察し、その背景にある文化的特性を検証する素材ともなる。

ヨーロッパの写本[編集]

古代ギリシャ[編集]

  • アレクサンドリア図書館
紀元前3世紀に創設されたアレクサンドリア図書館では組織的な文献収集、写本作成が行われていた。写本は写字生がパピルスに書いたもので蔵書数は70万巻ともいわれるが、争乱や略奪のため散逸してしまった。当時の書物の一部には、後世写本されて残されたものもある。(例『気体装置(Pneumatika)』ヘロンの著書を16世紀(1583年)に筆写したもの、ローマ国立図書館蔵)

ユダヤ教・初期キリスト教[編集]

20世紀になって死海のほとりの崖で発見された古代ユダヤ教の文献(旧約聖書など)。多くはヘブライ語で羊皮紙などに書かれた巻物である。
エジプトの遺跡から発掘された古代の記録。プラトンや新約聖書外典関係の資料が含まれていた。
エジプトで発見された。グノーシス主義の文献が主である。
  • 新約聖書のギリシア語写本
新約聖書の写本はパピルス・大文字写本・小文字写本に分類される(詳しくは新約聖書の項を参照)。
パピルスはその名のとおりパピルスに筆写されたもので、2世紀頃からのものが現存する。最も古い写本層に属し、本文の古い形を知る上で極めて重要であるが、大きなものでも25センチ×20センチ程度の断片である。大英博物館所蔵のチェスター・ビーティー・パピルス英語版などが知られる。
大文字写本は、羊皮紙に大文字(ギリシア語)で写したもの。4世紀以降のもので、新約聖書の大部分を一冊の本にしたものも現存している。なかでもシナイ写本バチカン図書館所蔵のバチカン写本大英博物館所蔵のアレクサンドリア写本などが知られている。
小文字写本は、羊皮紙に小文字(ギリシア語)で写したもの。小文字成立後のものであり、聖書学上の重要性はいささか劣る。現存するギリシア語写本の多くは小活字である。
写本室の中の修道僧

中世キリスト教文化[編集]

  • 装飾写本(彩飾写本)
中世においては、写本に文字だけでなくしばしば優美な装飾画が描かれた。その中には特別注文で芸術品としても鑑賞できるものが作られ、非常に高価なものであった。現在では切り離されて1枚毎に美術品として扱われているものも、まま見られる。写本における挿絵(細密画)をミニアチュールと言うが、この名前は使用される顔料、ミニウム(朱、鉛丹)からとられたものである。そして、テンペラ技法を使って描かれていた。
  • ケルトの写本
近年、ケルト文化・美術が関心を集めているが、8~9世紀の「ケルズの書」(四福音書の写本)などはケルト三大写本といわれている。抽象的な装飾が主である。
  • 都市の写本工房
写本は修道院で多く行われていたが、12世紀以降、各地に大学が発達してゆくと、注文で請け負って写本を作る工房が成立した。
  • ベリー公のいとも豪華なる時祷書
装飾写本中、特に有名なものはフランスで制作された「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」である(中央公論社から『ベリー侯の豪華時祷書』として大型本で刊行)。多くの写本を集めたベリー公ジャン1世(1340年-1416年)の依頼で15世紀始めに制作が始まったが、ベリー公がペストで死去したため一時中断し、15世紀の終わりに完成した。シャンティイー城図書館に所蔵されている。

ルネサンス以降[編集]

ルネサンスの時代になり活版印刷が行われるようになってからも、都市の工房では装飾をほどこした写本が作られ、高値で取引きされている。

中国の写本[編集]

中国の敦煌莫高窟の蔵経洞で発見された、六朝から宋代にかけての、仏典などの資料である。
中国の徽州に属する歙県休寧県祁門県黟県績渓県婺源県で発見された、宋代から清代にかけての、民間の契約文書類の資料である。

日本の写本[編集]

日本においても古文書や記録資料、編纂資料などは多くが写本として伝来し、原本のほか写本が存在するものや、原本が伝存せず作成時期の異なる複数の写本が伝存しているケースなど、さまざまなものがある。なお、写本の作成に際して用いられた原本を「底本」と呼び、底本は必ずしも成立当初の原本ではなく写本であることも多い。

また、写本には作成者や年紀、作成意図などを記した奥書印判などが付されている場合も多く、これらも歴史資料として重視される。

記録・編纂資料などにおいて製作時期や場所の異なる複数の写本を相互に検討し異動を確認することを校合といい、さらに資料の形態や料紙・状態、筆跡や言語的特徴など諸要素を含めて資料の系統的関係を検討し、成立時期の新旧や、より原本に近く忠実な写本(最善本)を特定し研究などにおいて活用される。

また、一例として中世に和歌による鎮魂を意図する呪術的意味合いで作成された職人歌合が、近世期に伝存する写本においては純粋な学芸的関心から詳細な補注が施された写本が作成されるなど、各資料の異動部分には時代的特徴や作成の意図が反映されていることがあり、写本を相互に校合することで検討することができる。

また、文書においては発給時期に控えとして作成、あるいは後代に伝存させるために写本が作成されることがある。

  • 法華義疏
御物。日本最古の写本と言われる。三経義疏の一つで法華経に注釈を加えた書。推敲の跡が見られるため写本ではなく聖徳太子の真筆だという説が学会では一般的であるが、伝来履歴や仏教用語の単純な写し間違いが見られるため写本だとする意見も唱えられている。
  • 定家本
藤原定家は、晩年に数多くの写本を行ったが、定家本と呼ばれ、高い評価を受けている。ただ転写するのでなく、解釈を加えて意味がとおるように本文を整定し、証本として作製されているため、他の写本より意味がわかりやすいものになっている。一般の写本との違いは、紀貫之の土佐日記において、そのまま書写された藤原為家の写本との比較で知ることができる。
平清盛厳島神社に奉納した法華経などの経巻で、優れた装飾経としても有名。国宝。
  • 近世以降
出版時代とも言われる江戸時代になると、木版印刷による商業出版が本格化し、黄表紙のような娯楽書も刊行されるようになるが、もとよりコピー機などもない時代であり、なおも写本で伝えられる本の数は多かった。
今日、浮世絵の基礎文献として知られる本だが、大田南畝が始めに書いて写本で伝えられ、その間に山東京伝式亭三馬らによる多くの加筆が行われた。刊行されたのは1890年(明治23年)になってからである。
  • 福沢諭吉のエピソード
『福翁自伝』には幕末適塾オランダ語を学んでいた頃の写本についてのエピソードが書かれている。テキストは1冊のみで塾生がすべて書き写さなければならない。辞書ヅーフ・ハルマ)も写本が1冊あるのみで大勢で使う。大名からズーフ・ハルマの写本の依頼が来ることがあり、塾生のいいアルバイトになっていた等。

拡大写本[編集]

印刷技術の発達した現代でも写本は作られている。その一つは弱視者のために作られる「拡大写本」である。特に通常の教科書では学習困難な児童・生徒のために、ボランティアが手書きで(あるいはワープロで)文字や図表を大きく書いて作る。一人一人の視力に応じて作るのが望ましいとされ、一品生産になる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]