クイーン (チェス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェス
Chess kdt45.svg キング Chess klt45.svg
Chess qdt45.svg クイーン Chess qlt45.svg
Chess rdt45.svg ルーク Chess rlt45.svg
Chess bdt45.svg ビショップ Chess blt45.svg
Chess ndt45.svg ナイト Chess nlt45.svg
Chess pdt45.svg ポーン Chess plt45.svg

クイーン (Queen、♕♛) はチェスの駒の一種。王妃(もしくは大臣、将軍)を表し、王冠 (tiara) の形をしている。

初期配置で白黒各1個しかなく、チェスの駒のセットには白黒各1個しかないことが多いが、最強の駒であることから、ポーンが昇格すると大抵の場合クイーンに成る。そこでポーンの昇格に対応できるよう、別に予備のクイーンが各1個付いており、合計各2個クイーンが入っている駒のセットもある。

Chess piece - White queen.jpg
Chess piece - Black queen.JPG

歴史[編集]

サンスクリットでマントリ、中世ペルシア語でフラゼーンと呼んだ[1]。これらはいずれも大臣ないし顧問を意味する[2]アラビア語ははじめペルシア語を借用し、すこし形を変えてフィルズまたはフィルザーンと呼んだが、のちに意訳してワズィールと呼ぶようになった。ロシア語 ферзь フェルズ は前者に、ハンガリー語 vezér ヴェゼール は後者に由来する。西洋ではすでに13世紀末に「女王」と呼ばれた例がある[3]。現在の西洋の大部分の言語では「貴婦人」を意味する語(フランス語ドイツ語 dame、スペイン語 dama、イタリア語 donna)で呼ばれる。

本来は非常に弱い駒で、斜めに一歩ずつ進むことしかできなかった。マークルックのメット、シャンチーの士が同様の動きをする。ヨーロッパでも最初は同様の動きをしたが、初手のみ縦・横・斜めに2歩進むことができた[4]。現在の動きは15世紀末ごろの文献に見えるという[5]

初期配置[編集]

8
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
d8 black queen
d1 white queen
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h
クイーンの初期配置

白クイーンはd1、黒クイーンはd8に配置する。

  • クイーンは棋譜上では Q で表される。
  • 日本チェス協会 (JCA) では、「クイーン」と「クイン」を併用している。


基本的な駒の動き[編集]

クイーンの動き(基本)
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
d8 white circle
h8 white circle
a7 white circle
d7 white circle
g7 white circle
b6 white circle
d6 white circle
f6 white circle
c5 white circle
d5 white circle
e5 white circle
a4 white circle
b4 white circle
c4 white circle
d4 white queen
e4 white circle
f4 white circle
g4 white circle
h4 white circle
c3 white circle
d3 white circle
e3 white circle
b2 white circle
d2 white circle
f2 white circle
a1 white circle
d1 white circle
g1 white circle
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h
動きの基本
縦・横・斜めのすべての方向の、任意のマス(どこでも好きなマス)に移動できる。


図1 : 移動できるマスに敵の駒がある場合、その駒を取る事ができる。
取った後は、その駒があったマスに移動する。
図2 : 味方の駒のいるマスには移動できない。
図3 : (敵味方に関係なく)他の駒を飛び越える事はできない。
図1
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
d8 black bishop
h8 white circle
d7 white circle
g7 white circle
b6 black rook
d6 white circle
f6 white circle
c5 white circle
d5 white circle
e5 white circle
a4 white circle
b4 white circle
c4 white circle
d4 white queen
e4 white circle
f4 white circle
g4 white circle
h4 black knight
c3 white circle
d3 white circle
e3 white circle
b2 white circle
d2 white circle
f2 white circle
a1 white circle
d1 white circle
g1 white circle
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h
敵の駒は取る事ができる。
図2
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
h8 white circle
g7 white circle
d6 white pawn
f6 white circle
c5 white pawn
d5 white circle
e5 white circle
a4 white circle
b4 white circle
c4 white circle
d4 white queen
e4 white circle
f4 white circle
g4 white circle
h4 white circle
c3 white circle
d3 white circle
e3 white circle
b2 white circle
d2 white king
f2 white circle
a1 white circle
g1 white circle
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h
味方のいるマスには移動できない。
図3
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
d8 black cross
h8 black cross
a7 black cross
d7 black cross
g7 black cross
b6 black cross
d6 black cross
f6 black cross
c5 white pawn
d5 white pawn
e5 black rook
a4 white circle
b4 white circle
c4 white circle
d4 white queen
e4 white circle
f4 black pawn
g4 black cross
h4 black cross
c3 white circle
d3 white circle
e3 white circle
b2 white circle
d2 white circle
f2 white circle
a1 white circle
d1 white circle
g1 white circle
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h
他の駒を飛び越える事はできない。


クイーンの価値[編集]

  • チェスの駒6種類のうち最強であり、キングを除いた駒のうち最も価値が高い。
  キング クイーン ルーク ビショップ ナイト ポーン
駒の価値 ∞(無限大) 9 5 3 3 1
  • この評価は一般的なものであり、絶対的なものではない。チェスの局面によって駒の価値は変動する。
  • クイーンは、ルークとともに「大駒」[6]とされている。

注釈[編集]

  1. ^ Jean-Louis Cazaux (2009年12月28日). “Chatrang or Chaturanga, the oldest Chess”. History of Chess. 2015年8月9日閲覧。
  2. ^ Fergus Duniho; Hans Bodlaender; David Howe (2001年12月15日). “Piececlopedia: Ferz”. chessvariants.org. 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ 増川 (2003) p.93
  4. ^ Jean-Louis Cazaux (2012年4月21日). “Mediaeval European Chess”. History of Chess. 2015年8月9日閲覧。
  5. ^ 増川 (2003) p.104ff
  6. ^ 英語ではメジャー・ピース (major piece) 、またはヘビー・ピース (heavy piece) となる。

参考文献[編集]

  • 増川宏一 『チェス』 法政大学出版局〈ものと人間の文化史 110〉、2003年

関連項目[編集]