大局観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大局観(たいきょくかん)とは、囲碁将棋チェスなどのボードゲームで、的確な形勢判断を行う能力のこと。

概要[編集]

ボードゲームに置いて、部分的なせめぎ合いにとらわれずに、全体の形の良し悪しを見極め、自分が今どの程度有利不利にあるのか、堅く安全策をとるか、勝負に出るかなどの判断を行う能力のこと。

大局観に優れると、駒がぶつかっていない場所から意表を突く攻めを行うなど、長期的かつ全体的な視野のもと手を進めることが可能となる。反対に大局観が備わっていなければ、盤上の一部での駒のぶつかり合いや、短期的な駒の損得しか考えられなくなる。多分に直感的なもので、コンピュータでは完全な再現は難しく、駒の位置関係を点数化するなどして擬似的に再現している。

チェス用語ではStrategyが類似した考えである(戦法Tactics)。大局観の英訳は通常「perspective」が当てられる[1]が、チェスからの援用で「Strategy」が用いられる事もある(将棋のStrategyとTactics)。

比喩[編集]

  • 転じて、物事の全体像(俯瞰像)をつかむ能力のことを「大局観」または「大局」と呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ 大局観の英語・英訳 - 英和辞典・和英辞典 Weblio辞書