急場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

急場(きゅうば)とは、物事が差し迫ってすぐに対処しなければならない状況をいう。

その他、囲碁用語の一つとして用いられる。(下記に記載)

囲碁用語の急場[編集]

特に序盤、中盤の石の根拠に関わる要点のことをいい、大場よりも優先される場合がある。また、石の競り合いの場面、模様の接点も急場と言える。とくに「石数が多く生きていないところが大きい」(苑田勇一)という格言は至言である。

参考図書[編集]