三間飛車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
将棋 > 将棋の戦法一覧 > 三間飛車
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
三間飛車の駒組みの例

三間飛車(さんけんびしゃ・さんげんびしゃ)は将棋の戦法の一つ。振り飛車戦法に分類される。飛車を先手ならば7筋、後手ならば3筋に振る。英語名称はThird File Rook。

概要[編集]

名前の由来は、飛車を振った場所がそれぞれの視点で左から3列目に当たることである。四間飛車に対する長所としては、角や左銀の活用がしやすいことが挙げられる[1]

角道を止めてから飛車を動かす従来の振り飛車は、居飛車穴熊の攻略が困難であるがため相手に穴熊に囲われると勝率が低かった。三間飛車の場合は攻め駒の活用はしやすいものの、穴熊への打開策がなく敬遠されるようになっていった[2]。しかし、近年になってトマホークなどの対穴熊の戦法が出てきており、全く打開策がないというわけでもない。また、急戦に対しては四間飛車より一手の差が大きいため、先手番・後手番で戦い方が全く異なる[3]プロ棋士には四間飛車の補助的戦法として指されることがあるが三間飛車を得意とする棋士も数多く、中田功小倉久史はそのような棋士の一人である。中田が考案した中田功XPは穴熊崩しの戦法として注目されている。

角道を止めないうちに7五歩と突く攻撃的な石田流という指し方もある。角交換をしない持久戦型と角交換も辞さない早石田に大別される。早石田戦法はハメ手の要素が多かったが、升田幸三実力制第4代名人が升田式石田流を発案したことで、プロ間でも見直され本格的な戦法として発展していった[4]。『振り飛車には角交換』の常識が見直されたこともあって、三間飛車における居飛車穴熊対策の主流の指し方の一つになっている。

特徴[編集]

居飛車急戦において、四間飛車より1手得をすることがある。これは、飛車の移動にかかる手数による[5]。以下では、振り飛車側を先手として説明する。

三間飛車に対する居飛車の主な急戦策には4五歩早仕掛け三歩突き捨て急戦4六銀左戦法棒銀などがある。このうち4六銀左戦法や棒銀など7筋から攻めてくる戦法に対しては、最初から戦いが起こる筋に飛車を振っているので四間飛車より手得する[6]

四間飛車は左銀を7八→6七と活用するのに対して、三間飛車は6八→6七や6八→5七と活用できる幅が広い。また中飛車と比較しても、金を5八に使えることから金の活用の自由度でも優っている。

戦法[編集]

石田流
石田検校が考案した三間飛車の駒組み。このうち角道を止めずに石田流へ組むことを升田式石田流という。
早石田戦法
石田流の形で角道を止めないうちに仕掛ける乱戦。
新・早石田
早石田で悪手とされていた手を鈴木大介が研究し直した奇襲戦法。第32回升田幸三賞受賞。
升田式早石田
升田幸三が考案した先手番での石田流。升田は名人戦などでこの戦法を使用し、アマチュア間でも人気となった。
楠本式石田流
アマ強豪楠本誠二考案。
鬼殺し
ハメ手の奇襲戦法。米長邦雄による改良型である新鬼殺しも存在する。
中田功XP
中田功考案。対居飛車穴熊戦法。
初手▲7八飛
別名「猫だまし戦法」。門倉啓太が多用している。
2手目△3二飛
今泉健司考案。第35回升田幸三賞受賞。
真部流
真部一男考案。三間飛車+真部流の高美濃囲い。
3・4・3戦法
後手番で安全に升田式石田流に組むための戦法。いきなり三筋に振ると角交換からの▲6五角が厳しいので、一度四間飛車にしてから振り直す。
三間飛車藤井システム
一直線に居飛車穴熊を目指そうとしているところを美濃囲いの部分を矢倉崩しの△6四銀~△7三桂の形にするが、再び△7二飛と戻す手が手損ではあるが、破壊力がある。そのため、玉の囲いは木村左美濃に囲うことになる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中田功『コーヤン流三間飛車の極意 急戦編』12頁
  2. ^ 藤井猛は「いまの居飛車党は三間飛車に対しては穴熊さえ知ってれば対応できる」と発言したことがあるという(勝又『最新戦法の話』232頁)
  3. ^ 『現代に生きる大山振り飛車』57-66頁。大山康晴は後手番で三間飛車を用いることはほとんどなかったという(『現代に生きる大山振り飛車』56頁)。
  4. ^ 勝又『最新戦法の話』208頁
  5. ^ 石川陽生中田功安西勝一『振り飛車党宣言2』
  6. ^ 中田功『コーヤン流三間飛車の極意 急戦編』13-14頁

関連項目[編集]