鳥刺し (将棋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png

鳥刺し戦法基本図(一例)

鳥刺し(とりさし)は、将棋の戦法の一つ。振り飛車に対して用いられる。角道を開けず角行引き角で用い、左銀を繰り出す戦法。先手で▲7九角と引き角にして前身するナナメ棒銀をサポートする姿が昔の鳥刺しの姿に似ている所から命名されたとされる古くからある戦法で、幕末に阿波国の四宮金吾という人物が編み出し[1]、1836年の天野宗歩との左香落で採用されているとも[2]六代大橋宗英が1778年の井出主税との左香落の将棋からヒントを得て戦法を編み出し[3]1779年2月の五代伊藤宗印との左香落ち将棋で採用したのものであるともされ[4]、当時は相手が必ず振り飛車となる対左香落ち戦で下手が採用する戦法であったという。

また、将棋の格言には「鳥刺しは端を狙え」というものがある[5]

現代のプロの対局では内藤国雄が1969年2月の第18期王将戦第4局や1972年の第13期王位戦七番勝負第3局と第5局、第27期A級順位戦にて採用し、このときの相手はいずれも大山康晴の例や[6]1972年王座戦決勝での採用などの例がある。

概要[編集]

先手番なら初手から、▲2六歩又は▲4八銀(嬉野流の初手▲6八銀もある)、▲5六歩、▲6八玉、▲7八玉、▲2五歩、▲3六歩、▲6八銀、▲5七銀左、▲4六銀、▲7九角と進めて基本図となる(相手が四間飛車の場合の例)。

鳥刺しモドキ[編集]

△ 歩
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 歩
第1図は △3四同銀まで

鳥刺しを応用した指し方で、『将棋・B級戦法の達人』 (マイナビ将棋文庫) 週刊将棋 (編集)に掲載されている[7]。第1図のように4六銀左戦法の△6四歩型四間飛車で頻繁に出現される局面で、先手は通常は▲3八飛や▲3五歩~▲3七銀~▲3六銀などであるが、ここで▲3六歩として▲3五銀~▲7一角~▲2四歩を狙う指し方。△6四歩型の方が△6四角の反撃がないので攻撃しやすい。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 加藤治郎『将棋は歩から』中巻(東京書店、1992年改訂新版)
  2. ^ 内藤國雄『棋聖天野宗歩手合集』(木本書店、1992年)。また同書では1843年に和田印哲と行われた将棋で天野宗歩が採用した鳥刺しの棋譜も掲載されている
  3. ^ 米長邦雄『日本将棋大系8』
  4. ^ なおこれは『日本将棋大系8』によると下手の宗英は鳥刺しの構想で上手の無理な捌きを誘い作戦勝ちをした将棋であったが、同書では宗英の著『将棋歩式』にも鳥刺しの定跡を載せているとある
  5. ^ 週将ブックス『役に立つ 将棋の格言99』週刊将棋 編集、毎日コミュニケーションズ 2004年
  6. ^ 例えば、内藤国雄『内藤将棋勝局集』(1985年)大山康晴『大山康晴名局集』(マイナビ出版)。ただしいずれも角行は7六歩と角道を開けて居角で採用
  7. ^ 週刊将棋『将棋・B級戦法の達人』マイナビ出版、2016年7月27日(日本語)。ISBN 978-4-8399-6031-5

参考文献[編集]