振り駒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

振り駒(ふりごま)とは、将棋を指す際の先後(先手後手)をランダムに決定する正式な方法で、上の歩兵を5枚取って振り混ぜて放る動作のこと。

振り駒のしかた[編集]

まず両対局者が盤上に初期配置でを並べる。そしていずれか一方の対局者が自分の側の歩兵を5枚取って手のひらの中でよく振り混ぜ、盤上か近くの床やテーブルに軽く落とす。

  • 表(「歩」と書かれた面が上)の枚数が多いときは振った側が先手
  • 裏(「と」と書かれた面が上)の枚数が多いときは後手、

となる。ただし重なったり立ったりした駒は数えず、表と裏が同数の場合はもう一度やり直す。

「表(歩)の枚数が多い場合に駒を振った側が先手となること」を略して振り歩先(ふりふせん)という。

実際の対局では、駒を並べる前に振り駒をしたり、3枚か1枚の歩兵で代用したりすることも多い。一般的に年下が行う傾向にあるが、上位者(年齢や実力、地位など)が行うのが正式な作法である。また、素人の非公式の対局では、振り駒を採用せず、じゃんけんで勝った方が先手・後手を選べる権利を持つ(もしくは、勝った方が必然的に先手)方法もある。

プロ将棋での振り駒[編集]

プロ将棋の棋戦であらかじめ先後の決まっていない対局においては、対局者の代わりに記録係が振り駒を行う。タイトル戦では、対局開催地の市町村長や主催・協賛社の代表が振り駒を行うこともある。将棋電王戦のように、振り駒自体を(棋戦の概要発表と合わせて)一つのイベントとするケースもあった。

記録係は盤上に並べられた上座側の歩兵を5枚取って、上座側の対局者の振り歩先であることを宣言(確認)する。そして両手の中で歩兵を激しく振り混ぜて、盤の近くで畳の上に放り投げる。タイトル戦の振り駒では、畳の上に風呂敷のような布を敷き、その上に駒が落ちるように振ることが多い。ただし、布の外に落ちた駒も数える。表(歩)の枚数が多ければ上座側の対局者が先手、裏(と金)が多ければ下座側の対局者が先手となる。

振り駒はどちらが出やすいか[編集]

振り駒で先後いずれになるかの確率は、ちょうど2分の1ずつであるとして振り駒のルールが採用されているが、「羽生善治が振り駒で先手を得ることが多い」[1]という話題が出たり、瀬川晶司がプロ入り試験の際に5局とも後手番となるなど、振り駒が必ずしも公平でないと思われる事象が発生している。

日本将棋連盟は、2005年7月12日以降の公式戦における振り駒の結果を棋譜の備考欄に記録し統計をとることにしたが、2005年度の結果では統計的に有意な差はないとの結論になった。2005年7月12日~2006年7月11日の1年間の1541局で、歩が多く出た局数は776(50.4%)、と金が多く出た局数は765(49.6%)であった[2]。なお、この振り駒統計については2005年度の棋士総会において真部一男が提案し、理事会が受理したことがきっかけである。

エピソード[編集]

  • 記録係の中には、5枚の歩を持つときに1枚ずつ交互に表と裏の関係になるように重ねて持つという徹底振りで神経を使っている者もいる。
  • タイトル戦の番勝負では、かつては、千日手局や持将棋局もカウントして交互に先手・後手を指すルール[3]であったため、フルセットになった場合に最終局で振り駒が行われないケースが生じていた。しかし、それでは後手番で千日手に持ち込む戦術のメリットがなくなるため、振り駒で先手を得た側が有利となっていた。森内俊之による指摘・提案をきっかけに、2005年度(王座戦のみ2004年度)から、第1局の振り駒によって最終局の1局前までの先後が決定される一局完結方式に変更された。
  • 振り駒の始まりは、「是安吐血の局(是安吐血の一戦)」とされている。この是安吐血の局とは三世名人初代伊藤宗看と檜垣是安との対局である。

脚注[編集]

  1. ^ 羽生は、1992年度と1993年度のタイトル戦で12回振り駒を体験したが、すべて羽生が先手となった。このため、「羽生は振り駒でも強い」と言われた。
  2. ^ 将棋世界日本将棋連盟)2006年9月号「将棋論考」(真部一男)
  3. ^ たとえば、千日手局で先手番だった側は指し直し局で後手を持ち、次の対局では再び先手番を得る。

関連項目[編集]