ランダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ランダム(Random)とは、でたらめ(乱雑)である事。何ら法則性(規則性)がない事、人為的、作為的でない事を指す。

また、通常、サイコロの目などのように、各出現項目の出現確率が均等もしくはほぼ均等である状態を意味する。

物理学[編集]

物性物理学では、“ランダムな系”と言うと、“乱れた系”という意味合いがある。ランダムな系としては、長距離秩序のないガラスアモルファスがある(←短距離秩序はあるので、その意味では完全なランダムではない)。

数学[編集]

確率統計では、標本を作成するにあたって、無作為抽出することを意味する。

日本工業規格[編集]

日本工業規格では、ランダム化として「集会の要素をランダムな順序に並べる過程。母集団が1からnの自然数から成るとき,n!通りの順序が等しい確率で選ばれるとき,その選ばれた順序はランダムな順序とよばれる。」と定義している[1]

脚注[編集]

  1. ^ JIS Z 8101-1 : 1999 統計 − 用語と記号 − 第1部:確率及び一般統計用語 2.65 ランダム化, 日本規格協会, http://kikakurui.com/z8/Z8101-1-1999-01.html

参考文献[編集]


関連項目[編集]