角交換振り飛車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
将棋 > 将棋の戦法一覧 > 角交換振り飛車

角交換振り飛車(かくこうかんふりびしゃ)とは将棋の戦法で、振り飛車側が道を止めず、あるいは振り飛車側から角交換を行った状態で駒組みをする戦法である[1]

概要[編集]

伝統的な角道を止める振り飛車は受けの戦法であり、角交換を避けるものという意識があった[1][2]

しかし、居飛車穴熊の台頭により、振り飛車の勝率が低下していった。その後藤井システムの出現によって一時は振り飛車が盛り返したものの、居飛車側の対策も進んでいった。そんな中、ゴキゲン中飛車が登場し、中飛車に限らず振り飛車側が角道を止めずに攻めるという新しい感覚が生まれた[2]。その後、振り飛車が自ら最序盤にもかかわらず角交換をする作戦も生まれている[1]

鈴木大介 (2009) によれば、振り飛車戦法と言うものは2枚の駒を捌く(交換などによって駒を使いやすくする、または役目を全うさせると行った意味)事が最低限の目標であるが、角交換振り飛車は自ら角を交換する事により、序盤早々にこの目的の半ばを達成できると言う意味があるという[* 1][3]。また、角交換、しかも後手側からの角交換は、後手である上にさらに1手損をするため旧来の感覚ではあり得ない作戦であったが、一手損角換わり戦法の流行によって棋士たちが序盤の1手損はそれほど大した損ではないと体感するようになったことが、本戦法が認められた理由であったようだという[3]。また角道を止めずに3三角と上がる手は2009年から見て15年ほど前、つまり1994年あたりから見られていた。この手はその後角交換振り飛車と結びついたという[4]

鈴木の前掲書によれば、この戦法の要点は、基本的に後手番の戦法であること[3]、振り飛車側の方が手詰まりに陥りにくいこと[3]、2筋に飛車を振る向かい飛車のかたちが好ましいこと[3]、左の金が玉から離れるかたちになるがそれでもなお居飛車より玉の守りは固いこと[3]、序盤の狙いがわかりやすいこと[3]、および居飛車側が穴熊囲いに組みにくくなること[3]などである。なお鈴木は、2009年時点では旧来の角道を止める振り飛車は、プロ棋士の界隈においては「めっきり減ってしまった」としている[3]

角交換振り飛車の例[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 具体的には、発想としては後は銀を捌くだけで良いとされており、同時に簡単な話だと言う。

出典[編集]

  1. ^ a b c 先崎, 北尾(2010), p.144-147.
  2. ^ a b 先崎, 北尾(2010), p.8-11.
  3. ^ a b c d e f g h i 鈴木 (2009) pp.7-11
  4. ^ 鈴木 (2009) p.16

参考文献[編集]