袖飛車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
袖飛車

袖飛車(そでびしゃ)は、将棋の戦法の一種で、居飛車に分類される。 先手ならば飛車を3筋に、後手ならば飛車を7筋に振る。通常、振り飛車には含めない。 創案者は阪田三吉であるといわれており、飛車の定位置から左に一つ動かした構えを袖に例えた命名だという。 狙いは対居飛車と対振り飛車で全く異なる。 英語名称はSleeve Rook。

対居飛車[編集]

相手の玉頭から攻めるのに用いられる。奇襲の一つとされており、初手から飛車を袖飛車にするか、3筋の歩を突くことが多い。プロ公式戦では先崎学渡辺明井上慶太等がNHK杯将棋トーナメントに於いて用いており、結果は先崎、渡辺は敗北したが、井上は勝利している。実戦例が少ないため、定跡としては未完成の部分が多く、この仕掛けが成立するかどうかは現在プロ棋士の間でも議論が続いている。

後手番2手目△7四歩戦法は中村修によって初めて指された。それに対し、▲5五角といきなり飛車取りに出るのは、△3四歩▲8二角成△同銀となり、先手は次の△9九角成を受けなければならないので、▲8八銀と指す。それに対し後手は△9五角と打つと、先手は飛車を間駒しなければならず、後手良しとなるため、成立しない。井上はそれを改良した4手目△7四歩を何度か公式戦で指しており、著書も出している。

居飛車対振り飛車[編集]

対後手ツノ銀中飛車に対する有力な対策として、加藤一二三の「加藤流袖飛車」は実戦例も多く、対ツノ銀中飛車における主流戦法であった。近年は居飛車穴熊戦法がツノ銀中飛車を壊滅に追いやったために、ツノ銀中飛車自体が採用されず、殆ど見ることが無い。

△ 歩
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 歩
▲3五飛 まで

袖飛車から3筋の交換を行ったところ。以下、△4五歩や△3一金~△3二飛などの変化がある。

また、急戦持久戦を問わず、定跡中の変化で角頭を狙うために袖飛車になることも多い。

ツノ銀中飛車における有力な変化として、大山康晴が得意とした、居飛車の左翼への攻撃を軽く受け流しつつ、袖飛車の形にして居飛車の船囲いの玉頭を直撃するものもある。

戦法[編集]

加藤流袖飛車
加藤一二三考案。対中飛車戦法。
7二飛亜急戦