1951年度の将棋界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1951年度の将棋界(1951ねんどのしょうぎかい)では、1951年昭和26年)4月から1952年昭和27年)3月の将棋界に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

記録[編集]

タイトル戦[編集]

棋戦 勝者 開催時期 番勝負 備考
在位者 勝敗 挑戦者
名人戦 第10期名人 木村義雄 1951年3-5月 木村義雄 名人 4-2 升田幸三 八段 3期連続(通算8期) [1]
九段戦 第2期九段 大山康晴 1951年10-12月 大山康晴 九段 3-0 南口繁一 八段 2期連続(通算2期) [2]
王将戦 第1期王将 升田幸三 1951年12月-1952年3月 木村義雄 王将 1s4 升田幸三 八段 今期よりタイトル戦に昇格 [3]

その他の棋戦[編集]

棋戦 優勝者 決勝開催日 準優勝者 備考
名人九段戦 4 大山康晴九段 1952年 木村義雄名人 2年連続2回目
NHK杯将棋トーナメント 1 木村義雄名人 1952年1月20日 升田幸三八段 初優勝 [4]

順位戦[編集]

第6期順位戦(1951年6月 - 1952年3月)[5]

昇級
次期クラス 棋士 成績
A級 花村元司 10勝2敗
松下力 9勝3敗
小堀清一 9勝3敗
B級1組 清野静男 10勝2敗
B級2組 本間一雄 10勝2敗
二見敬三 9勝3敗
C級1組 熊谷達人 8勝4敗
二上達也 8勝4敗
降級
次期クラス 棋士 成績
B級1組 荒巻三之 2勝6敗
坂口允彦 1勝7敗
C級1組
C級2組 中井捨吉 3勝9敗
藤内金吾 3勝9敗
順位戦陥落 鈴木禎一 4勝8敗
平野広吉 4勝8敗

昇段・引退[編集]

昇段 棋士 昇段日 昇段理由
四段 橋本三治 1951年4月1日 [6]
津村常吉 1952年1月1日 [7]
山田道美 1952年1月1日 [8]
五段 熊谷達人 1951年4月1日 順位戦C級2組次点 [9]
増田敏二 1951年4月1日 [10]
六段 二見敬三 1951年4月1日 順位戦C級1組昇級(四段から飛段) [11]
吉田六彦 1951年4月1日 順位戦C級1組昇級 [12]
七段 灘照一 1951年4月1日 順位戦B級への昇級 [13]
広津久雄 1951年4月1日 順位戦B級への昇級 [14]
八段 松田茂行 1951年4月1日 順位戦A級昇級 [15]
荒巻三之 1951年4月1日 順位戦A級昇級 [16]
引退 棋士(最終段位) 最終対局日 引退理由
引退 藤内金吾 六段 1951年4月1日 自主引退 [17]
北楯修哉 八段 1951年4月1日 自主引退 [18]

出典[編集]

  1. ^ 名人戦・順位戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月28日閲覧。
  2. ^ 九段戦(全日本選手権戦)・十段戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月28日閲覧。
  3. ^ 王将戦”. 日本将棋連盟. 2018年10月28日閲覧。
  4. ^ NHK杯将棋トーナメント”. 日本将棋連盟. 2018年6月10日閲覧。
  5. ^ 第6期順位戦成績表”. 将棋順位戦データベース. 2018年11月3日閲覧。
  6. ^ 棋士データベース 橋本三治”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。
  7. ^ 棋士データベース 津村常吉”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。
  8. ^ 九段 山田道美”. 将棋順位戦データベース. 2018年11月8日閲覧。
  9. ^ 棋士データベース 熊谷達人”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。
  10. ^ 棋士データベース 増田敏二”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。
  11. ^ 棋士データベース 二見敬三”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。
  12. ^ 棋士データベース 吉田六彦”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。
  13. ^ 棋士データベース 灘蓮照”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。
  14. ^ 棋士データベース 広津久雄”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。
  15. ^ 棋士データベース 松田茂役”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。
  16. ^ 棋士データベース 荒巻三之”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。
  17. ^ 八段 藤内金吾”. 将棋順位戦データベース. 2018年11月8日閲覧。
  18. ^ 棋士データベース 北楯修哉”. 日本将棋連盟. 2018年11月3日閲覧。