4六金戦法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

4六金戦法(よんろくきんせんぽう)[1]将棋戦法の一つ。居飛車舟囲い急戦の一種で中飛車に対して用いられる。5七金戦法[2]金立ち戦法[3]ともいう。先手番でも後手番でも採用できる。

概要[編集]

舟囲いから右を5七に立ち、さらに4六まで繰り出して、中飛車の捌きを封じ込めて押さえ込むのが基本的な狙いになる。ツノ銀中飛車は交換に強いので、4六に繰り出す駒がだと△4五の反発が厳しくなるが、金ならば▲4六金と引けるため△4五歩が甘くなる[4]。ただし端歩の付き合いがあると端で一歩を持たれて△3三桂 - △4五歩で金が殺される手筋があるため、特に1筋(先手の場合)の端歩の状態には注意が必要である。

変化によっては位をとったり飛車先交換あるいは突破などの狙いがある。金が攻めに参加するため、他の振り飛車に対する急戦よりもさらに玉が薄いことなどが欠点である。

1957年の第8期九段戦第2局で、大山康晴の中飛車に対して升田幸三が採用し、升田独特の自陣飛車の手筋が奏功し升田が勝利した将棋が有名であり[5]、以後長い間袖飛車と並んで中飛車対策の主要な指し方の一つとして認識されていた[6]。しかし指しこなすには独特の感覚が要求され[7]、また玉が薄く、玉が堅い居飛車穴熊がツノ銀中飛車への新たな対策として注目されるようになったため廃れた[8]。ツノ銀中飛車そのものの衰退とあいまって[9]、4六金戦法は現在ではプロ棋戦ではほぼ見られない戦法となっている[10]。しかし中川大輔谷川浩司に対して快勝するなど(中川は後手番)稀に指されている[11]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代に生きる大山振り飛車』40頁。『序盤戦!!囲いと攻めの形』126頁
  2. ^ 『現代将棋の急所』を参照。
  3. ^ 『加藤流振り飛車撃破』132頁
  4. ^ 『消えた戦法の謎』74頁
  5. ^ 『現代に生きる大山振り飛車』41頁。藤井猛は「はっきりはわからないが、中飛車に対する4六金戦法の礎は升田将棋にあるのではないかと思う」と推測する。
  6. ^ 1972年中原誠が大山から名人戦を奪った一局もこの戦型である(中原が中飛車を採用)(『消えた戦法の謎』74頁。『序盤戦!!囲いと攻めの形』126頁。)
  7. ^ 加藤一二三は「一般向けではない」としている(『加藤流振り飛車撃破』132頁)。
  8. ^ 藤井猛によると、藤井が奨励会で初段になった頃には廃れるようになったという。また、平成3年頃までは年間6、7局指されていたという(『現代に生きる大山振り飛車』43-44頁)。
  9. ^ 『消えた戦法の謎』69頁
  10. ^ 『現代に生きる大山振り飛車』54頁
  11. ^ 棋譜。第37期棋王戦本戦3回戦谷川浩司中川大輔戦を参照。

参考文献[編集]