成駒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成駒(なりごま)とは、将棋チェスなどのボードゲームにおいて、ある特定の行動をしたが、別の動きが出来るように変化したものである。英語では成ることをpromotion(プロモーション、昇進)と呼び、例えばと金なら昇格した歩(promoted pawn)という表現である。

世界の将棋類の「成り」[編集]

将棋[編集]

将棋では駒を裏返すことで成駒になったことを示す。駒の裏には成駒の名前が書かれており、成れない駒は裏に何も書かれていない。成駒になる前の駒を「生駒」、その生駒が成駒に変わることを「成る」、成れる状況ながらあえて生駒のままで指すことを「不成(ならず)」という。不成が認められていない状況(必ず成らなければならない)になる駒も存在する。一度成ると、敵に取られて持ち駒とならない限り元の駒には戻れない。

成駒により性能は様々で成駒になって強くなるものもあれば、なかには動きが全く変わってしまう駒や弱くなる駒もある。駒の成り方は将棋によって二つに分けられる。

敵陣に侵入したとき。
本将棋・中将棋大将棋天竺大将棋大局将棋等の多くの将棋がこれに相当する。不成を選択することができる(不成の結果、行き所がなくなる場合は成らなければならない)。また侵入後に敵陣内で駒を移動させている限りいつでも移動後に成れるほか、敵陣内から出した直後にも成ることができる。本将棋で持ち駒を成った状態では打つことはできないが、相手の陣地に打った後はどこに移動させても成れる。
駒を取ったとき。
大大将棋摩訶大大将棋泰将棋の場合がこれに相当する。また中将棋では敵陣の駒を取ったときに、廣将棋では特定の駒を取ったときに成るという条件もある。中将棋で敵陣の駒を取ったときを除き、不成を選択することはできない。

将棋類の成駒は、成駒の動きと元の駒の動きとの関係で次の4つに分類することができる。多くは類型1または類型2である。

  • 類型1:成駒の動きが元の駒の動きを完全に含んでいるもの。つまり成ると完全に強くなるもの。
  • 類型2:成ると新しい動きが加わると同時に元の駒の動きの一部または全部を失うもの。
  • 類型3:成っても動きが全く変わらないもの。
  • 類型4:元の駒の動きが成駒の動きを完全に含んでいるもの。つまり成ると完全に弱化してしまうもの。

これらの他に、成ることのできない駒がある。

本将棋の場合は次の通り。

  • 類型1:飛車竜王(斜めに1マス動けるようになる)、角行龍馬(縦横に1マス動けるようになる)、歩兵→と金(斜め前、横、後ろに1マス動けるようになる)
  • 類型2:銀将→成銀(横、後ろに1マス動けるようになるが、斜め後ろに動けなくなる)、桂馬→成桂(前後左右、斜め前に1マス動けるようになるが、元々の桂馬の動きは失われる)、香車→成香(斜め前、横、後ろに1マス動けるようになるが、1手で2マス以上前進できなくなる)
  • 類型3・類型4:該当なし
  • 成ることのできない駒:玉将金将
  • 本将棋では、類型2に該当する銀将・桂馬・香車については、成るか成らないかについて慎重な検討を要することもある。それに対して、類型1に該当する飛車・角行・歩兵は、通常は成りが選択されるが、次に示すように、極めて稀に飛車・角行・歩兵の不成が戦略上有効になるケースもある。
    • 打ち歩詰め回避:成ってしまうと後で打ち歩詰めの反則で詰まなくなるところを不成にして利きを弱くすることによって詰ませる。詰将棋ではしばしば出現する。
    • 打ち歩詰め誘致:成ってしまうと自玉の打ち歩詰めが解消されてしまう局面で、不成にすることによって自玉の守備を弱め、相手が自玉頭に歩を打つ手を打歩詰で打てなくすることによって、詰みを逃れたり、特に詰将棋では玉方の手数延ばしの効果が現れたりする。
    • 千日手誘致:成ると不利になる局面を不成にすることによって千日手に持ち込む(相手にとっては千日手にしないと不利になる)。

中将棋の場合は次の通り。類型2であっても、小駒が走り駒になるなど、駒の動きが総体的に強力になる傾向がある。

大将棋の場合は次の通り。中将棋のものに、成ると金将になる比較的弱い駒が加わったようなものであるが、その中でも類型1と類型2があり、特に類型2のうち猛牛と飛龍は成ることにより利きの数が8マスから6マスに減ってしまう駒で、成りによるデメリットが相対的にやや大きめである。

  • 類型1:中将棋のものに加えて、鐵将→金将、石将→金将、悪狼→金将、嗔猪→金将
  • 類型2:中将棋のものに加えて、桂馬→金将、猫刄→金将、猛牛→金将(特に敵陣の最も奥の段で成る場合は類型4と同じになる)、飛龍→金将
  • 類型3・類型4:該当なし
  • 成ることのできない駒:中将棋と同じ

類型3の例としては、大局将棋の中旗前旗がある。

類型4の例としては次のようなものがある。そのほとんどは摩訶大大将棋や泰将棋で成ると金将になる駒である。

また、類型2であるが、成ることによるメリットが極めて少なく、デメリットの特に大きいものの例として、次のようなものが挙げられる。こちらもそのほとんどは摩訶大大将棋や泰将棋で成ると金将になる駒である。

大型将棋類の成りについて、歩兵金将飛車龍王飛鷲中将棋ではここまで、天竺大将棋ではそれに続けて更に→飛将大将)のように便宜的に繋げて説明されることはあっても、駒は2面しかないので、複数回成ることはできない。例えば元々龍王の駒は成ることができ飛鷲になるが、飛車の成り駒としての龍王は当然これ以上成れない。

チェス[編集]

チェスでは「プロモーション」(昇格)と呼ばれていて、ポーンだけが成ることができる。敵陣の最終行に達したポーンは、次のいずれかの駒に昇格する。

プロモーションはチェスにおいての義務であり、昇格せずにポーンのままで居ることはできない。通常は最強の駒であるクイーンに昇格するが、戦略的にクイーン以外の駒を選択する場合もある(これをアンダープロモーションという)。詳細は「プロモーション」を参照のこと。

シャンチー・チャンギ[編集]

シャンチーおよびチャンギには成って駒を裏返すことはないが、シャンチーでは河界を越えた兵(卒)はそれまでの前方1目に加え、左右にも1目動けるようになる。

チャンギには成れる駒は存在しないのが一般的なルールである。ただし、最近提案された韓国将棋協会東京支部新ローカルルールでは、兵・卒が敵陣の一番奥まで前進したと同時に、自分のそれまでに取られた駒(「士」以外)のどれかと交換することができる。

マークルック[編集]

マークルックでは、ビア(歩兵およびポーンに相当)が敵陣の3段目に到達したら、裏返してビアガーイと呼ばれる駒になる。ビアガーイの動きはメット(斜め四方に1マスずつ進める)と同じ動きになる。

シットゥイン[編集]

シットゥインでは、敵陣の対角線上のマスに到達した兵が、将に成ることができる。ただし将が盤面に残っているときは成ることはできない。また、成れる場面であっても「不成」を選択することもできる。成るときには兵と将の駒を取り替える。

チャトランガ・シャトランジ[編集]

チャトランガでは、敵陣の一番奥に達したパダチ(兵)は、初期配置で同じ列にあった種類の駒に成る。すなわち、左から3列目のガジャ(象)のいる列のパダチは、ガジャに成る。シャトランジでは、敵陣の一番奥に達したバイダーク(兵)がフィルツァーン(将)に成る。いくつでも成ることができる。

関連項目[編集]