飛龍 (将棋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飛龍(ひりゅう)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、平安大将棋大将棋大大将棋摩訶大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

平安大将棋[編集]

四隅に何マスでも動ける(本将棋の角行と同じ)が、成ると金将の動きとなってしまう。

元の駒 動き 成駒 動き
飛龍(ひりゅう)
     
   
   
     
四隅に飛んで行ける。 金将(きんしょう)
   
 
 
       
縦横と斜め前に1マス動ける。

大将棋・摩訶大大将棋・泰将棋[編集]

成ると金将。大将棋では成ることにより動けるマス目の数が8マスから6マスに減ってしまう2種類の駒の内の1つである(もう1つは猛牛)。

元の駒 動き 成駒 動き
飛龍(ひりゅう)
     
     
   
   
     
     
斜めに2マス動ける。飛び越えては行けない[1] 金将(きんしょう)
     
   
 
 
       
         
縦横と斜め前に1マスだけ動ける。

大大将棋[編集]

成ると龍王

元の駒 動き 成駒 動き
飛龍(ひりゅう)
     
     
   
   
     
     
斜めに2マス動ける。飛び越えては行けない。 龍王(りゅうおう)
       
   

   
       
縦横に何マスでも動け、斜めに1マス動ける。飛び越えては行けない。

大局将棋[編集]

成ると龍王

元の駒 動き 成駒 動き
飛龍(ひりゅう)
 
         
   
   
         
     
斜めに2マス先に飛び越えて行ける。 竜王(りゅうおう)
       
   

   
       
縦横に何マスでも動け、斜めに1マス動ける。飛び越えては行けない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 象棋六種之図式』(「雑藝叢書」による)の泰将棋の説明では、他の斜め方向は2マスであるが、右斜め後ろのみ1マスの動きとなっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

大将棋の駒(自陣初期配置・括弧内は成駒)
        仲人
(醉象)
          仲人
(醉象)
       
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
飛車
(龍王)
飛龍
(金将)
横行
奔猪
竪行
飛牛
角行
(龍馬)
龍馬
角鷹
龍王
飛鷲
奔王 龍王
(飛鷲)
龍馬
(角鷹)
角行
(龍馬)
竪行
(飛牛)
横行
(奔猪)
飛龍
(金将)
飛車
(龍王)
  猛牛
(金将)
  嗔猪
(金将)
  悪狼
(金将)
麒麟
(獅子)
獅子 鳳凰
(奔王)
悪狼
(金将)
  嗔猪
(金将)
  猛牛
(金将)
 
反車
鯨鯢
  猫刄
(金将)
  猛豹
(角行)
  盲虎
飛鹿
醉象
太子
盲虎
(飛鹿)
  猛豹
(角行)
  猫刄
(金将)
  反車
(鯨鯢)
香車
白駒
桂馬
(金将)
石将
(金将)
鐵将
(金将)
銅将
(横行)
銀将
(竪行)
金将
(飛車)
玉将 金将
(飛車)
銀将
(竪行)
銅将
(横行)
鐵将
(金将)
石将
(金将)
桂馬
(金将)
香車
(白駒)