狛犬 (将棋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

狛犬(こまいぬ)は[1]将棋の一つ。本将棋にはなく、大大将棋摩訶大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

良く知られた一般啓蒙用の歴史書(下記参考文献の「よみがえる中世《3》武士の都鎌倉」)に紹介された、遺跡発掘時の出土墨書木札に、

「近くの升目へ動かせるが、上の升目には動かせない盲虎」駒と共に、音読みの「はっけん」から、犬偏を除いた俗称の「しろいぬ」と記載され、安土桃山時代に初出ではなくて、鎌倉末期から南北朝時代にかけて存在が示唆されている。天竺大将棋より上位の将棋で始めて現われる駒としては、出現年代が、飛びぬけて早いことになった。

大大将棋・泰将棋[編集]

西戎成駒。成ると大象[2]


元の駒 動き 成駒 動き
狛犬(こまいぬ)
       
       
       

       
       
       
全方向に以下の動きができる[3]
  • ■に行ける。
  • ■に行き、元の位置に戻る(じっと)。■に敵駒が在ればそれをとることができる(居食い)。
  • ■に行き、さらにその直線上にある□に行ける。■、□に敵駒が在ればそれをすべてとることができる。
  • ■に行き、さらにその直線上にある□に行き、■に戻れる。■、□に敵駒が在ればすべてとることができる。
  • ■に味方駒がある場合、その直線上にある□に飛び越えて行ける。
  • ■に行き、さらにその直線上にある□に行き、さらにその直線上にある◆に行ける。■、□、◆に敵駒が在ればそれをすべてとることができる。
  • ■に味方駒がある場合、その直線上にある□に飛び越えて行け、さらにその直線上にある◆に行ける。□、◆に敵駒が在ればすべてとることができる。
  • ■に味方駒があり、さらにその直線上にある□にも味方駒がある場合、その直線上にある◆に飛び越えて行ける。
大象(たいぞう)[4]
   
   

   
   
縦横と斜め後ろに何マスでも動け、斜め前に2マス動ける。飛び越えては行けない[5]

摩訶大大将棋[編集]

西戎成駒。成ると金将

元の駒 動き 成駒 動き
狛犬(こまいぬ)
       
       
       

       
       
       
全方向に以下の動きができる。
  • ■に行ける。
  • ■に行き、元の位置に戻る(じっと)。■に敵駒が在ればそれをとることができる(居食い)。
  • ■に行き、さらにその直線上にある□に行ける。■、□に敵駒が在ればそれをすべてとることができる。
  • ■に行き、さらにその直線上にある□に行き、■に戻れる。■、□に敵駒が在ればすべてとることができる。
  • ■に味方駒がある場合、その直線上にある□に飛び越えて行ける。
  • ■に行き、さらにその直線上にある□に行き、さらにその直線上にある◆に行ける。■、□、◆に敵駒が在ればそれをすべてとることができる。
  • ■に味方駒がある場合、その直線上にある□に飛び越えて行け、さらにその直線上にある◆に行ける。□、◆に敵駒が在ればすべてとることができる。
  • ■に味方駒があり、さらにその直線上にある□にも味方駒がある場合、その直線上にある◆に飛び越えて行ける。
金将(きんしょう)
     
   
 
 
       
         
縦横と斜め前に1マス動ける。

大局将棋[編集]

西戎吼犬成駒。成ると大象

元の駒 動き 成駒 動き
狛犬(こまいぬ)
           
           
           
           

           
           
           
           
全方向に何マスでも動ける。この時飛び越えては行けない。また、全方向に3マス先へ飛び越えて行ける。 大象(たいぞう)
       
       
    3    
3
3
    3 3 3    
       
       
斜め前に3マス動ける。この時飛び越えては行けない。また、縦横と斜め後ろに駒を3個まで飛び越えて何マスでも動ける。

その他[編集]

関西将棋会館の対局室「水無瀬の間」には「狛犬」の飾り駒が置かれており、テレビやインターネットで公式戦の中継が放映される際、背景に映ることが多い[6] [7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 象棋六種之図式』では「はけん」と読みが振られている。
  2. ^ 象戯図式』と『諸象戯図式』には、成駒についての記述が欠落している。
  3. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』『象棋六種之図式』では、全方向に3マスまで動けるとなっており(象棋六種之図式は前方のみ2マス)、他の駒を飛び越えたり、戻ったりする動きは記述されていない。
  4. ^ 象棋六種之図式』では、「だいざう」(だいぞう)と読みが振られている。
  5. ^ 象棋六種之図式』では、縦横と斜め後ろには3個まで駒を飛び越えて何マスでも動け、斜め前に2マス動けるとなっている。
  6. ^ 関西の「将棋世界」に行きたくなる?関西将棋会館に山口女流1級が潜入し、将棋道場や対局室などを隅々までご案内します!日本将棋連盟公式HP「将棋コラム」 2018年6月20日
  7. ^ 将棋第77期名人戦A級順位戦 羽生善治竜王-稲葉陽八段 第18局の1 毎日新聞 2018年10月30日

参考文献[編集]

  • 梅林勲岡野伸共著『改訂版 世界の将棋・古代から現代まで』(将棋天国社、2000年)
  • 河野真知郎執筆『よみがえる中世《3》武士の都鎌倉』(平凡社、1989年)。「文字のある生活」のP221右下写真。

関連項目[編集]