角将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角将(かくしょう)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、天竺大将棋大局将棋に存在する。

天竺大将棋[編集]

角鷹成駒。成ると副将

元の駒 動き 成駒 動き
角将(かくしょう)
     
     
   
   
     
     
斜めに何マスでも動け、玉将太子大将副将飛将角将以外の駒なら何個でも飛び越えて行ける。 副将(ふくしょう)
             
   
   
   
 
 
   
   
   
             
獅子のように8方向に3手分の動きで移動できるが、獅子と違い飛び越えることはできず、駒を取ったら止まるため複数の駒を取ることも出来ない。また、斜めには何マスでも動け、玉将・太子・大将・副将以外の駒なら何個でも飛び越えて行ける。

大局将棋[編集]

成ると霖鬼

元の駒 動き 成駒 動き
角将(かくしょう)
     
     
   
   
     
     
斜めに何マスでも動け、敵駒や味方駒があろうと玉将・太子・大将・副将・角将・飛将・猛龍飛鰐以外ならいくらでも飛び越え、その越えた駒の全てを一度に捕獲することも出来る。 霖鬼(りんき)
       
       
       
 
 
       
       
           
後ろに何マスでも動け、横と斜め後ろには2マス、前に3マス動ける。この時飛び越えては行けない。また、斜め前には駒を何個でも飛び越えて何マスでも動ける。

この駒は、自分より格の低い駒をいくつでも飛び越えて、その駒を全て一度に取る機能があるので、大局将棋の駒の中で強力で重要な駒の一つである。霖鬼に成った場合は、駒を何個でも飛び越えて何マスでも動ける機能が新たに加わるので、序盤の身動きの取れない玉将をあっさり取ってしまうなどのことができるようになる。ただし、駒の格が1段階落ち、角将、飛将、猛龍、飛鰐に飛び越し捕獲されるようになるなどのデメリットもある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]