火鬼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

火鬼(かき)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、天竺大将棋大局将棋に存在する。

天竺大将棋[編集]

水牛成駒。成ることはできない。

駒を取るときは普通の取り方の他に特別な捕獲のルールがある。移動して止まった所の周囲8マスに敵の駒があれば、全て取ることができる(焼く)。また、敵の駒が火鬼の隣に移動してきたときも、その駒は焼かれてしまう。これは1手には数えない。

火鬼が火鬼の隣に移動したときは、動いた方が焼かれる。

元の駒 動き 成駒 動き
火鬼(かき)
           
   
   
   
 
 
   
   
   
           
縦と斜めに何マスでも進める。この時飛び越えては行けない[1]

また、獅子のように8方向に3手分の動きで移動できるが、獅子と違い飛び越えることはできず、駒を取ったら止まるため、「焼く」以外の通常の取り方で複数の駒を取ることも出来ない。

- - -

大局将棋[編集]

成ると奔火

元の駒 動き 成駒 動き
火鬼(かき)
   
   

   
   
横と斜めに何マスでも動け、縦には2マス動ける。飛び越えては行けない。 奔火(ほんか)
               
               
               
               
               

               
               
               
               
               
横と斜めに何マスでも動け、縦には5マス動ける。飛び越えては行けない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 象戯図式』および『諸象戯図式』では、「水牛のように動く」となっており、横と斜めに何マスでも進めることが示唆される。

関連項目[編集]

参考文献[編集]