南蛮 (将棋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南蛮(なんばん)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

大大将棋・泰将棋[編集]

成ると白象

元の駒 動き 成駒 動き
南蛮(なんばん)
         
     
 
 
     
     
斜め後ろに2マス、斜め前と横に1マス動ける。飛び越えては行けない[1] 白象(はくぞう)
   
   

   
   
斜め後ろに何マスでも、縦横と斜め前に2マス動ける。飛び越えては行けない[2]

大局将棋[編集]

成ると金翅

元の駒 動き 成駒 動き
南蛮(なんばん)
         
   

       
         
横に2マス、縦と斜め前に1マス動ける。飛び越えては行けない。 金翅(きんし)
       
       
    3 3    

       
       
       
縦に何マスでも動け、横と斜め後ろに3マス動ける。この時飛び越えては行けない。また、斜め前に駒を3個まで飛び越えて何マスでも動ける。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』では、斜め後ろに2マス、左に1マス動くとなっている。『象棋六種之図式』の大大将棋の解説では、左右に2マス、前後と斜め前に1マスの動き(大局将棋での動きと同じ)である。また、同書の泰将棋の解説では、横に2マス、縦に1マス動けるとなっている。
  2. ^ 象棋六種之図式』では、全方向に2マス動けるとしている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]