摩カツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「摩𩹄」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(CJK統合漢字拡張B)が含まれています詳細

摩𩹄[1](まかつ)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、摩訶大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

摩訶大大将棋・泰将棋[編集]

成ると金将

元の駒 動き 成駒 動き
摩𩹄(まかつ)
     
  ×       ×  
 
     
𩹄
     
     
  ×       ×  
     
斜めに何マスでも進め、途中で左右どちらにでも90度曲がってさらに何マスでも進める。曲がらなくてもよい。飛び越えては行けない。
簡単に言うと、角行の動きを1回又は2回できるということである。
金将(きんしょう)
     
   
 
 
       
         
縦横と斜め前に1マス動ける。

大局将棋[編集]

成ると鉤行

元の駒 動き 成駒 動き
摩𩹄(まかつ)
 
  ×       ×  
     
     
𩹄
     
     
  ×       ×  
     
斜めに何マスでも進め、途中で左右どちらにでも90度曲がってさらに何マスでも進める。曲がらなくてもよい。飛び越えては行けない。
簡単に言うと、角行の動きを1回又は2回できるということである。
鉤行(こうぎょう)
           
       
       

       
       
           
縦横に何マスでも進め、途中で左右どちらにでも90度曲がってさらに何マスでも進める。曲がらなくてもよい。飛び越えては行けない。
簡単に言うと、飛車の動きを1回又は2回できるということである。

この駒は、角行の動きを2回できるので、大局将棋の駒の中で強力で重要な駒の一つであり、敵の摩𩹄を見落としていると思わぬ所の駒を取られたりすることがある。鉤行に成った場合は、飛車の動きを2回でき、盤面の大部分の場所に動かせるようになるので、敵の玉将の周りに駒がいないような場合、一気に詰むこともある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「𩹄」の字は、魚偏に曷(𩹄)、U+29E44。

参考文献[編集]

関連項目[編集]