土将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

土将(どしょう)は、将棋の種類の一つ。本将棋にはなく、摩訶大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

摩訶大大将棋・泰将棋[編集]

成ると奔土

元の駒 動き 成駒 動き
土将(どしょう)
 
       
   
   
       
         
前と後ろに1マス動ける[1]仲人と同じ動きになる。 奔土(ほんど)
       
   
   
       
       
前と後ろに何マスでも動ける。飛び越えては行けない[2]

大局将棋[編集]

成ると白象

元の駒 動き 成駒 動き
土将(どしょう)
 
       
   
   
       
         
前と後ろに1マス動ける。 白象(はくぞう)
   
   

   
   
全方向に2マスで動ける。飛び越えては行けない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』ではこの動きであるが、『象棋六種之図式』の摩訶大大将棋の解説では前の動きがなく、後ろに1マス動けるだけとなっている。成駒である奔土との関係や、初期配置が最下段である(後ろにしか進めないとすると、初期位置から全く動けなくなる)ことから、書写の際の誤り(本項目の記述にあたっては『雑藝叢書』を参考にした)であることが強く推測される。また、『象棋六種之図式』の泰将棋の解説では前と斜め後ろに1マス動けるとなっている。
  2. ^ 諸象戯図式』『象棋六種之図式』ではこの動きとなっているが、『象戯図式』(増川宏一『ものと人間の文化史 将棋』を参照した)では前と斜め後ろに何マスでも動けるとなっている。規則性を外れており、書写の誤りの可能性もある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]