天狗 (将棋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

天狗(てんぐ)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

この駒は、角行の動きを2回できるので、それが登場する将棋の駒の中で強力で重要な駒であり、敵の天狗を見落としていると思わぬ所の駒を取られたりすることがある。

大大将棋[編集]

古鵄成駒。成ることはできない。

元の駒 動き 成駒 動き
天狗(てんぐ)
     
  ×       ×  
   
   
   
   
  ×       ×  
     
縦横に1マス動ける。また、斜めに何マスでも動け、途中で左右どちらにでも90度曲がってさらに何マスでも動ける。曲がらなくてもよい。飛び越えては行けない。簡単に述べると、角行の動きを1回又は2回できるということである[1] - - -

泰将棋[編集]

古鵄成駒。成ると金将

元の駒 動き 成駒 動き
天狗(てんぐ)
     
  ×       ×  
   
   
   
   
  ×       ×  
     
縦横に1マス動ける。また、斜めに何マスでも動け、途中で左右どちらにでも90度曲がってさらに何マスでも動ける。曲がらなくてもよい。飛び越えては行けない。簡単に述べると、角行の動きを1回又は2回できるということである[2] 金将(きんしょう)
     
   
 
 
       
         
縦横と斜め前に1マス動ける。

大局将棋[編集]

孔雀古鵄成駒。成ることはできない。

元の駒 動き 成駒 動き
天狗(てんぐ)
     
  ×       ×  
     
     
     
     
  ×       ×  
     
斜めに何マスでも進め、途中で左右どちらにでも90度曲がってさらに何マスでも進める。曲がらなくてもよい。飛び越えては行けない。簡単に述べると、角行の動きを1回又は2回できるということである。 - - -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』『象棋六種之図式』とも、角行の動きを2度できるとなっており、縦横1マス先には進めない。
  2. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』には言及がなく、大大将棋と同じ動き(縦横には動けないとなっている)と考えられる。『象棋六種之図式』では泰将棋にも記述があり、本項目の説明と同じ動きになっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]