鉤行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鉤行(こうぎょう)[1]は、将棋の一つ。本将棋にはなく、大大将棋摩訶大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

この駒は、飛車の動きを2回でき、盤面の大部分の場所に動かせるので、敵の玉将の周りに駒がいないような場合、鉤行がどこか離れた場所にいるだけでいきなり詰むこともある。よってそれが登場する将棋の駒の中では、特に強力で重要な駒となる。

大大将棋・大局将棋[編集]

毒蛇の、大局将棋では摩𩹄成駒。成ることはできない。

元の駒 動き 成駒 動き
鉤行(こうぎょう)
           
       
       

       
       
           
縦横に何マスでも動け、途中で左右どちらにでも90度曲がってさらに何マスでも動ける。

曲がらなくてもよい。飛び越えては行けない。

簡単に述べると、飛車の動きを1回又は2回できるということである[2]

- - -

摩訶大大将棋・泰将棋[編集]

泰将棋では毒蛇成駒。成ると金将

元の駒 動き 成駒 動き
鉤行(こうぎょう)
           
       
       

       
       
           
縦横に何マスでも動け、途中で左右どちらにでも90度曲がってさらに何マスでも動ける。

曲がらなくてもよい。飛び越えては行けない。

簡単に述べると、飛車の動きを1回又は2回できるということである。

金将(きんしょう)
     
   
 
 
       
         
縦横と斜め前に1マスだけ動ける。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 象戯図式』『象棋六種之図式』では「釣行」、『諸象戯図式』では「鈎行」の表記を用いている。『象棋六種之図式』では、(「釣」の字を用いているため)読みは「てうぎやう」(ちょうぎょう)となっている。
  2. ^ 象棋六種之図式』の大大将棋の説明には、釣行(鉤行)の説明が2度書かれている。ひとつは飛車の動きを2度できるものだが、もうひとつ(「已下成馬」と書かれたあとの記述)は縦と斜めに何マスでも動け、後ろと斜めには他の駒を2個まで飛び越えられるとしている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

大大将棋の駒(自陣初期配置・括弧内は成駒)
          𠵇犬           𠵇犬          
歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵 歩兵
左車 横行 猛牛 嗔猪 悪狼 猛熊 猛豹 猛虎 前旗 猛虎 猛豹 猛熊 悪狼 嗔猪 猛牛 横行 右車
青龍 香象 北狄
(香象)
西戎
狛犬
木将 石将 鉄将 銅将 金翅 銅将 鉄将 石将 木将 東夷
(獅子)
南蛮
(白象)
白象 白虎
  竪行   変狐
(夜叉)
  水牛
(奔獏)
  銀将 大龍 銀将   馬麟
(奔王)
  変狸
鳩槃
  角行  
反車 古鵄
(天狗)
獅子
(奮迅)
老鼠
仙鶴
踊鹿
(方行)
猫刄
(龍馬)
鳳凰
(金翅)
金将 近王
(前旗)
金将 麒麟
(大龍)
行鳥
(奔鬼)
飛龍
(龍王)
盲猿
山母
狛犬
(大象)
毒蛇
(鉤行)
反車
香車 天狗 夜叉 走車 龍馬 奔鬼 奔王 左将 玉将 右将 奔獏 龍王 方行 飛車 鳩槃 鉤行 香車