仙カク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「Shougi kaku.png」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

Shougi kaku.png(せんかく)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、大大将棋摩訶大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

大大将棋・摩訶大大将棋・泰将棋では「仙鶴」、大局将棋では「仙Shougi kaku.png」の表記を用いる。

大大将棋[編集]

老鼠成駒としてのみ存在する[1]

成駒 動き
仙鶴(せんかく)
     
     
   
   
   
     
斜めに何マスでも動け、後ろに1マス動ける。飛び越えては行けない[2]

摩訶大大将棋・泰将棋[編集]

淮鶏成駒としてのみ存在する。『象棋六種之図式』の説明では、「僊鶴」という表記もされたとある。

成駒 動き
仙鶴(せんかく)
   
   
   
   
   
     
前と斜めに何マスでも動け、後ろに1マス動ける。飛び越えては行けない[3]

大局将棋[編集]

淮鶏成駒としてのみ存在する。

成駒 動き
Shougi kaku.png(せんかく)
     
     

Shougi kaku.png
       
       
斜め前と横と後ろに何マスでも動ける。飛び越えては行けない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 成駒は、『象戯図式』では820c 58fa.pngKanji - 時+鳥.svg、『諸象戯図式』ではKanji - 古+寺.svgKanji - 時+鳥.svg(いずれも「じちょう」)となっている。『象棋六種之図式』では成駒は仙鶴であるとし、「もと53f0 58fa.pngKanji - 時+鳥.svgに作る是は僊鶴を誤れるなり」と注意書きを加えている。
  2. ^ 象戯図式』ではこの動きであるが、『諸象戯図式』では前と斜めに何マスでも動け、後ろに1マス動ける、『象棋六種之図式』での動きは前後および斜め前に何マスでも動けるとなっている。
  3. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』『象棋六種之図式』とも、斜め前、横、後ろに何マスでも動けるとなっている(象戯図式、諸象戯図式の淮鶏の動く方向に何マスでも動ける)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]